« 朝銀詐欺の破綻 | トップページ | 奴隷の平和 »

2007年7月 4日 (水)

ただ騒ぐだけの野党

久間大臣辞任で野党が任命責任を追及。

野党、首相批判に軸 任命責任など追及

 野党各党は、久間防衛相の辞任で幕引きとはさせず、参院選の選挙戦でも、安倍首相の任命責任を厳しく追及していく方針だ。民主、社民、国民新3党の幹事長は3日、首相官邸に久間氏の罷免を求める予定だったが、直前の辞任を受け、首相の任命責任に批判の軸足を移して攻勢を強める構えだ。

 民主党の小沢代表は3日、高松市内で記者団に「辞めて済むという問題ではなく、安倍内閣の本質にかかわる問題だ。核武装論が外相、自民党三役から公然と出た時も、首相は助長する態度に終始した。安倍内閣の国家主義的、権力主義的な体質が背景にあって、このような発言が出るということだと批判。「こういった政権を是とするのか非とするのか、主権者が1票1票によって選挙で判断する」と語った。

 共産党の志位委員長は記者団に「『理由によっては核兵器を使用しても良い』という考え方を持った人物に、核廃絶の取り組みはできるわけがない。首相は最後までかばい続けた責任が問われている。そういう見識しか持ち合わせていない首相が被爆国の首相としてふさわしいのか、という問題が厳しく問われる」と述べた。

 社民党の福島党首は「首相は任命権者としての責任もあるし、久間大臣の発言に『誤解を与える発言は厳に慎まなければならない』と言っただけで、問題点が何にあるのかも明確にしていないと批判した。国民新党の亀井久興幹事長も「こういうことが繰り返される安倍政権だから、首相の人事が誤りだったということだ。責任は感じていただかなくてはならないと述べた。

 民主、社民、国民新3党の幹事長会談では、この問題を追及するため5日の会期末までに衆参両院予算委員会と衆院決算行政監視委員会の開会を求める方針で一致。民主党の高木義明国会対策委員長は3日、自民党の二階俊博国対委員長らに衆院決算行政監視委の開会を要求。与野党は4日に同委理事会を開くことでは合意したが、実際に開催されるかは流動的だ。

2007年07月03日21時00分 朝日新聞

 よほど久間大臣の原爆投下容認発言は野党にとって許しがたい発言だったようです。

 しかしながら、数ある野党の中で、唯一まともな発言をしているのは“問題点が何にあるのかも明確にしていない”という瑞穂タンのみで、他は責任、責任と連呼するのみで要領を得ず、小沢代表に至っては、この原爆投下容認発言を“核武装論が外相、自民党三役から公然と出た時も、首相は助長する態度に終始”とすり替え、更に“安倍内閣の国家主義的、権力主義的な体質が背景にあって、このような発言が出るということだ”とまで歪曲してしまっている。

 そしてマスコミも長崎市民もまるで他人事のように久間大臣を叩きまくっていますが、そもそも首相の任命責任を問うならば、久間大臣を選出した長崎2区市民の選出責任についても問わなければ片手落ちではないのか。

 更に、久間大臣の発言が“許せない”のであれば、“首相の任命責任に批判の軸足を移して攻勢を強める”前に、なぜこの日本を心底馬鹿にしたような展示について野党やマスゴミは文句を付けないのか。

資料館展示見直しに中韓の声

 原爆資料館(広島市中区)を運営する広島平和文化センターのスティーブン・リーパー理事長は30日、館の展示内容を見直す検討委員会に、中国、韓国人らアジア出身の委員を起用する方針を明らかにした。リーパー理事長は中国新聞のインタビューに、「原爆投下を『日本の植民地支配から解放した』と肯定する考えが根強いアジアの声に触れながら議論を深め、多民族が共感、納得できる施設にしたい」と述べた。

2007/5/31 中国新聞

 さて、党首討論では原爆投下に関し米国に謝罪を求めるように迫った小沢代表ですが、“原爆投下を『日本の植民地支配から解放した』と肯定する考えが根強いアジアの声”に対してはいったいどのように考えているのか…。

 ああなるほど、民主党の基本方針を見て納得できました。外交政策の基本姿勢に書いてあるように“米国とは対等な真の同盟関係を築く”為に原爆投下については容認せず、“謝罪を求める”(と言うだけ)が、特定アジアに対しては、“中国、韓国をはじめアジア諸国との信頼関係を醸成する”為に“原爆投下を肯定するアジアの声”について容認するというお得意の“ダブルスタンダード”をとるわけですね。

 結局、久間大臣が辞任に追い込まれたのは、与党を追及する為ならなんにでも反応するマスゴミと野党が騒いだからであって、原爆投下を容認する発言をしたからではないということです。

 そう考えると、瑞穂タンの“問題点が何にあるのかも明確にしていない”という発言は正鵠を得た発言だといえますね。

 しかし、“問題点を明確にしろ”と主張するならば、その“問題点を明確にする”責任は追及する野党側にあることは言うまでもありません。自分達が何を追及しているのかを、追及している側が明確に分からないとは、“ただ騒いでいるだけ”と自分で白状しているようなものです。やっぱり、瑞穂タンは瑞穂タンですね。

ただ騒ぐだけの野党はいらない!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 朝銀詐欺の破綻 | トップページ | 奴隷の平和 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

長崎で思い出されることは,
元長崎市長の木島某が盛んに
[原爆投下を『日本の植民地支配から解放した』と肯定する考えが根強いアジアの声]を代弁していましたが,

これに対して,反対の声は全く起こらず,もちろん批判報道もありませんでした.市長選挙でも木島某は再選でした.
長崎市民や日本のマスコミ,政界などは2枚舌を使っていますね・・・

投稿: ガセネタ | 2007年7月 4日 (水) 16時13分

訂正:木島ではなく,本島でした.
失礼しました.

投稿: ガセネタ | 2007年7月 4日 (水) 17時02分

7月1日に新しい日本をつくる国民会議主催で行われた安倍首相と小沢民主党代表の「党首討論」で、小沢氏が「米国はドレスデンへの無差別爆撃を謝罪した」といったが、いつ誰が誰に謝罪したのか、聞いた記憶がない。

ドレスデン爆撃を謝罪できたのなら、広島・長崎への原爆投下はなぜ謝罪できないのか。まさか、対日講和条約で決着がついているというのではあるまい。

マイク・ホンダの門地を云々する気はさらさらないが、正義の具現者であれば広島・長崎市民への犯罪行為をこそ糾弾すべきだろうに。

投稿: weirdo31 | 2007年7月 4日 (水) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ただ騒ぐだけの野党:

« 朝銀詐欺の破綻 | トップページ | 奴隷の平和 »