« 姑息な工作 | トップページ | “恥”無き者たち »

2007年7月18日 (水)

呼応する北朝鮮

ついに正体を現したか。

加藤紘一氏「政府の外交感覚古い」…首相交代に期待

 自民党の加藤紘一・元幹事長は17日、都内で講演し、安倍首相の外交姿勢に関し、「振り子は(右から左へ)戻る。もうちょっとバランスのとれた方が首相になったら、またバランスが戻る」と述べ、首相交代による外交路線の揺り戻しに期待感を示した。その上で、政府の対北朝鮮外交について、「安倍首相と麻生外相の外交感覚はイデオロギーに支配されすぎていて、古い。あの程度の国(北朝鮮)は善導してあげればいい。大きな流れを見失っている」などと厳しく批判した。

(2007年7月17日23時10分  読売新聞)

そして呼応する北朝鮮。

北、安倍首相在任中は日本との対話拒否=朝鮮新報

 北朝鮮の高官は、安倍晋三首相が在任している間は日本との対話を拒否する方針であることを表明した。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙「朝鮮新報」が17日、報じた。

 同紙によると、北朝鮮外務省の高官は、安倍首相の北朝鮮に対する強硬姿勢を非難、日本政府に対し譲歩または歩み寄りの意思がないことを明らかにしたという。

 北朝鮮の高官らは、「北朝鮮は安倍首相が退いた後でなければ日本との対話は再開できない」と強調したとのことだ。

 昨年9月の就任以来、安倍首相は北朝鮮のミサイル発射や核実験に対し制裁を強化するなど、強硬な対北朝鮮政策を執っている。

朝鮮日報 記事入力 : 2007/07/18 07:05:56

 年金データに氏名すら打ち込むことをサボタージュし、年金テロを起こした社会保険庁自治労、それすらシステムの不備だとして政府の対応を責める野党とマスゴミ、教育基本法改正により崖っぷちに追い込まれ、最後の抵抗を強める日教組、そして国を平気で売る発言をする加藤紘一氏…。それを裏で操る北朝鮮がこれでつながった。

 彼らの望むことはひとつ“安倍首相の退陣”だ。

 北朝鮮高官による“「北朝鮮は安倍首相が退いた後でなければ日本との対話は再開できない」”という発言は、参院選の結果を見越した上での一種の勝利宣告だといえるだろう。サヨクマスゴミに安易に乗せられるのもいいが、それが招く惨禍をもう一度考えたほうが良い。

 最後に警視庁の平成18年度版「治安の回顧と展望」から、既にWEB上から削除された産経新聞の記事より北朝鮮に関する記述を抜粋します。

 ミサイルを発射し、核実験実施を主張する北朝鮮について、日本政府の制裁措置に強く反発しており、今後「テロを含めた各種の対日有害活動を敢行するおそれが十分にある」と指摘。大量破壊兵器の対北不正輸出や、拉致事件の全容解明に向けた取り組みを一層推進するとしている。

 警察庁は今年に入り、地村保志さん(51)夫妻の拉致事件で、元北朝鮮工作員の辛光洙(シングアンス)容疑者(77)ら4人を国際手配。また昭和52年10月に鳥取県で失踪(しっそう)した松本京子さん=拉致当時(29)=も北朝鮮による拉致と断定、政府認定の拉致被害者は12件17人となった。

 これに対し北朝鮮は、「拉致問題は解決済み」との主張を崩さず、同庁は「今後も対日非難を継続し、(日本支配時代の)『過去の清算』を最優先させた国交正常化への協力や朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)の活動に対する理解の獲得を企図し、直接、間接工作を活発化する」と分析している。

 また、拉致の可能性が否定できない失踪者を調査している「特定失踪者問題調査会」による北朝鮮向けのラジオ放送「しおかぜ」に対し、5月ごろから確認されている妨害電波についても、北朝鮮による妨害工作とみられると指摘した。

 北朝鮮の目的はただひとつ。拉致問題を棚上げした“日朝国交正常化”による日本の“協力=多額の経済援助”の取り付けだ。

 北朝鮮の“直接、間接工作”によって、安倍首相が退陣し“もうちょっとバランスのとれた方が首相”になった場合、瀕死の朝鮮総連は蘇り、日本は将来にわたり数十兆円の経済的負担を北朝鮮、在日双方に対して強いられるだろう。

 北朝鮮と在日を養う為に数十万人分の年金と数%分の消費税が注ぎ込まれ、そのお返しとしてテロと核弾頭を打ち込まれることになるだろうが、それも選択の結果であればしょうがない。

安倍首相の対北朝鮮政策を支持する方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 姑息な工作 | トップページ | “恥”無き者たち »

北朝鮮核実験」カテゴリの記事

コメント

日本の基本姿勢~「拉致事件解決なくして国交正常化なし」~国家の方針だ。
バランスもクソもない事位理解できんのか、基本をコロコロ変え、条約後もウロウロと相手の言う事に反論もしないから今日の日本を作り出した、少しは歴史を顧みろバカが。


投稿: 猪 | 2007年7月18日 (水) 10時04分

安倍総理が北朝鮮に「嫌われている」と言うことは現路線が「効いている」ってことですよね。

投稿: 微力男 | 2007年7月18日 (水) 11時47分

 何時も視線が泳いでいる感じしかない加藤さん、そろそろ、退場の時期が迫ってますよ、貴方の様に国民の利益を守る立場に在りながら、日本の立場を忘れた物言いが許される時代では、もぅ無くなった事を自覚頂ければ、代議士引退は恥を知るモノで在れば余儀ない選択の筈だ。

 御同輩の山崎拓さん等と共に、安倍さんの邪魔をするのを止めて、過去の経歴を背に潔く引退されたらドウでしょう、あの小沢さんもお辞めになるようです、あなた方の世代の目先優先の悪足掻きで、国益がどれ程損なわれたかも自覚いただきたいモノです。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年7月18日 (水) 12時04分

≫あの程度の国(北朝鮮)は善導してあげればいい。大きな流れを見失っている≪

ここまでくればもう病理学の対象としかいいようがない。

Gdeneral Kimも病人に善導してくれとはいわないと思うよ。

投稿: weirdo31 | 2007年7月18日 (水) 14時35分

あれだけ韓国が善導しても言うこと聞かないのに。何でそれが分からないんだろう。

投稿: 人魚 | 2007年7月18日 (水) 17時21分

参議院選挙で民主党が躍進したら、最大の勝利者は南北朝鮮、在日南北朝鮮人であり、そして、敗北者は普通の日本国民という事です。
日本人は南北朝鮮と在日南北朝鮮人を食わせる為の奴隷に転落です。南北朝鮮統一に必要とされる天文学的負担は、全て日本国民の税金でまかなわれる事になるでしょう。

日本の政策転換なければ核無能力化留保、朝鮮新報
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2007/07/18/0300000000AJP20070718003700882.HTML
【ソウル18日聯合】在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報は18日、日本が北朝鮮に対する敵対政策を転換しなければ、北朝鮮は核施設の無能力化を留保すると報じた。
(引用終了)

朝鮮総連が支持団体である民主党は、喜んで敵対政策を転換するでしょう。

民主党・朝鮮総連から献金を受けた参院副議長
http://www.seisaku-center.net/modules/wordpress/index.php?p=446
マスコミが「政治とカネ」をめぐる問題を本当に「問題」だと認識しているのならば、自民党の疑惑だけではなく、民主党の疑惑も平等に「問題」にしなければならないはずだ――そうした疑問から、前回は小沢一郎代表の不動産問題を取り上げたが、それよりももっと問題なのは、民主党の角田義一前参議院副議長が朝鮮総連傘下団体から政治献金を受けていた問題である。
(引用終了)

投稿: 平凡太郎 | 2007年7月18日 (水) 21時17分

ここは一つ、安倍さんに任期6年を期待したい

投稿: take | 2007年7月18日 (水) 21時27分

安倍さん頑張れ。今度の組閣されるときは安倍さんの信念に基づいてイにかなった人を任命してください。金銭問題を起こす大臣がいないように。

投稿: 日本人 | 2007年7月18日 (水) 21時38分

「バランス」ねぇ~(笑)

バランス取るのはいいんだけど、その支点がものすごい『左寄り』だと困っちゃうんだよね。
そーいえば、ここの政治ブログランキングのグッと下の方に、
「わんばらんす」  「日々、心のバランスが一番・・・」
とか言って、さかんに安倍叩きをやってるブログがあるよね。
どことどこのバランスを取ろうとしてるのか、ハッキリしないところが微妙だな(大爆)


投稿: アサピー嫌い | 2007年7月18日 (水) 22時57分

この人が数年前、総理候補のひとりだったとは・・・・

加藤さん、あなたはもう終わってます、同じ党内で総理の足を引っ張るような言動はもうやめて下さい。さっさと民主か社民へお移りください。引き取らないとは思いますが。

投稿: camel | 2007年7月19日 (木) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呼応する北朝鮮:

« 姑息な工作 | トップページ | “恥”無き者たち »