« 調子に乗りすぎだ | トップページ | 第一~第三の敵 »

2007年7月23日 (月)

市場の判断

市場の判断が出たようです。

日経平均、1万8000円割れ=「自民大敗」報道も重しに

 23日の東京株式市場は、前週末の米国株大幅反落や為替市場の円高・ドル安の動きを嫌った売りが優勢となったほか、29日の参院選で与党・自民党が大敗する可能性が伝えられたことから、日経平均株価は3営業日ぶり急反落し、7月12日以来の1万8000円割れで終了した。
 終値は、前週末比194円29銭安の1万7963円64銭。東証1部全銘柄の8割が売られ、日経平均は午前の取引で約265円下げ、6月28日以来16営業日ぶりに1万7900円を割る場面もあった。

2007/07/23-16:32 時事通信

 市場の判断は選挙前に既に出たようです。これで“「自民大敗」”しなかった場合、各報道機関は訴訟も覚悟したほうが良いですね。

 特に“朝日”と“毎日”、“共同通信”は。

株価暴落は困る方はクリック!(人気blogランキングへ)

本当に市場は正直ですね

|

« 調子に乗りすぎだ | トップページ | 第一~第三の敵 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

民主党が政権選択選挙を叫べば叫ぶほどリバウンドとなる。
民主党に任せるほど国民は愚かでは無いのだ。
それにマスゴミの世論調査で与党過半数割れのアナウンス効果が逆バネとなる。
結果は辛うじて過半数維持と見た。
新風も議席確保。
朝日を始めとする反日マスゴミが慌てふためき、民主主義の危機を叫ぶ。
予想はこうなのだが、果たしてどうなる事やら。
兎も角、棄権はせずに選挙へ行こう!!

投稿: 青雲大空 | 2007年7月24日 (火) 00時26分

民主が勝てば、日経1万円割れだなんて報道まで出てくることからも、
民主バンザイなジジババたちは、民主主導=再び日本没落の危機なのを
いい加減気付けよ! とは言っても、新聞・TVは絶対に報じないからな。
今回は、自民vs民主 であると同時に 団塊vs東京五輪以降世代な選挙戦だな。

投稿: 蕗 | 2007年7月24日 (火) 03時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市場の判断:

« 調子に乗りすぎだ | トップページ | 第一~第三の敵 »