« ただ騒ぐだけの野党 | トップページ | 鼻に付くパフォーマンス »

2007年7月 4日 (水)

奴隷の平和

こうなることは分かりきっていたことですが。

原爆投下の正当性、米核不拡散担当特使が強調

 【ワシントン=大塚隆一】米国のロバート・ジョゼフ核不拡散担当特使(前国務次官)は3日、国務省で行った記者会見で、広島、長崎への原爆投下について、「さらに何百万人もの日本人が命を落としたであろう戦争を終わらせたという点に大半の歴史家は同意すると思う」と述べ、改めて正当性を強調した。

原子力平和利用分野における米露協力に関する記者会見で、「原爆投下は技術の非常に無責任な利用だったと思う」と指摘されたのに反論した。

(2007年7月4日13時33分  読売新聞)

 久間防衛相が米国の原爆投下を容認する発言をしたことによって辞任に追い込まれた以上、こういった米国特使の発言も当然の如く認められないということになるのですが、サヨクマスゴミ、野党の反応は限りなく鈍いですね。

 今、もし日米安保条約が破棄され、在日米軍基地から在日米軍が全軍撤退したとしたら、日本国憲法の下で日本を防衛することは到底不可能です。

 本当は奴らも口では第9条改正絶対反対、平和万歳、核廃絶、米軍基地反対とか唱えながらも、第9条という日本を従属させる為だけに存在する去勢憲法により、米国には絶対逆らえない状態に置かれていることを本心では良く理解している。

 そして、日本国民もサヨクマスゴミも野党もそして一部与党内においても、第9条の破棄無しには、米国に対する従属状態であること、つまり戦後は終わらないと分かっていながら意識的に改憲議論を排除し、護憲、護憲とヒステリックに喚くことで問題の本質をずらし続けているのだ。

 結局のところ護憲派なるものは、戦後の枠組みの中で米国に従属することによってのみ得られる平穏の中で、仮初の平和ゴッコを続けていたいだけの偽善者であり、現実を直視することが出来ない夢想家に過ぎない。

 そして平和、平和と念仏のように唱え、安倍首相の改憲と戦後レジーム脱却への試みを軍国主義復活と批判しながらも、日米安保という枠組みの中に安住し、米国の意向には逆らえない奴隷に過ぎないのだ。

奴隷の平和はいらない!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« ただ騒ぐだけの野党 | トップページ | 鼻に付くパフォーマンス »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

まさしく全て同意致します。戦後のGHQの洗脳工作の素晴らしさですね。優秀な人間を公職追放し、米国でも毛嫌いされてきた左翼を国の中枢においた事がこの国の不幸の始まりでした。
米国にも責任を取ってもらって、赤狩りをして頂こう。マッカシー上員議員の法案を日本にも!

投稿: Hatumagodekita | 2007年7月 4日 (水) 21時32分

お前は何様や?

投稿: | 2007年7月 4日 (水) 23時06分

ハンドルネームも書けないブサヨからお前呼ばわりされる筋合いはない。日本を悪くしているブサヨめ!北朝鮮のこの世の楽園とやらに御帰還下され。

投稿: Hatumagodekita | 2007年7月 5日 (木) 00時05分

ついに何百万人まで増えましたか。
この点ではアメリカも中国と変わりませんね。
大体、日本人の命を救いたいなら、
講和条約緩めればいいだけでしょうに。何を言っているのやら。

投稿: h | 2007年7月 5日 (木) 13時54分

日本がアメリカ一国に占領されなかったらと考えると面白い。ソ連とアメリカの二国に分割占領されていたら「北日本」は今頃どうなっていたか。GHQが日本人が親米になるような教育をしなければ、今頃日本はアメリカに対して謝罪と賠償を要求し続けていたかもしれない。
日本から手を出した戦争なのにも拘わらず、戦後の復興まで面倒を見てくれた米国には全く頭が上がらない。冷戦の足音が聞こえてくる中でアメリカ一国に占領されたのは、日露戦争後から延々と続いた混迷の、その極致である太平洋戦争がまさに終わったという時にあっては、本当に不幸中の幸いである。
今必要なのは親米保守であり、早くそうした幼稚な反米史観から抜け出す必要がある。
アメリカへの感謝を忘れず、かといってイエスマンになるでもない
。そういった同盟国で日本はありたい。

投稿: しかし | 2007年7月10日 (火) 01時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奴隷の平和:

» 久間発言の波紋 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
 3日、久間防衛相が米国の原爆投下について「しょうがない」と発言したことに責任をとる形で辞任した。参院選挙を間近に控え、久間氏の発言は長崎、広島の被爆地と被爆者に対して配慮が足りないとして、与党の公明をはじめ野党... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 22時19分

» 久間防衛相は賭けに勝った [日比野庵 本館]
久間防衛相が辞任となった。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 22時20分

» 騙されるな!安倍政権の不支持こそ我々の不利益だ。 [真実を明らかにするブログ]
根本からいきます。 展望と希望というと、 どの政党に任せるかと 考えると任せられる政党がないというのが現状であります。 どの政党も不人気さがありますね。 ですが、どの政党に政治をやらせるという視点を持っ... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 23時34分

» 戦って負けるのは最悪である [KNブログ2]
安倍首相や小池防衛相は「アメリカの原爆投下は許されない」と言ったそうですが、いったいこの方たちは「戦争に負けること」の意味が分かっているのでしょうか? 戦争に負けるというのは本当にもう最低なことで、要するに何をさ... [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 01時10分

» 民主党NEXT法相・少年事件遺族を侮辱 [ネトウヨのブログ]
 民主党で、NEXT法相とされる平岡氏が、残虐な少年事件の遺族を侮辱するような発言をしていました。日テレの番組をソースとする2ちゃんねるのばぐ太記者のスレッドより引用します。 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1183555000/l50 1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2007/07/04(水) 22:16:40 ID:???O ・6月29日の日テレ「太田光の私が総理大臣になったら」の中で、「少年法廃... [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 01時28分

» 感情論では核は滅ぼせない [電脳空間「高天原」]
広島市長「米、理解深めよ」 米特使発言(朝日新聞) - goo ニュース 秋葉忠利・広島市長は4日、久間氏発言を受けて核廃絶努力を促す要請のため首相官邸を訪れた。要請文を提出した後、秋葉市長はジョセフ特使の発言につい て記者団に「米政府はずっとそうしたことを言っているが、歴史学者の定説とは大きく違っている。米国の政府首脳も広島、長崎のことについてもっと深く理解 すべきだ」と語り、不快感を示した。---------------------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 21時18分

« ただ騒ぐだけの野党 | トップページ | 鼻に付くパフォーマンス »