« 鼻に付くパフォーマンス | トップページ | 腐った組織 »

2007年7月 5日 (木)

実績のない野党

自民党に逆風らしい。

自民、04年より逆風 「年金選挙」1カ月前世論調査

 朝日新聞社の連続世論調査(電話)によると、参院選の投票までほぼ1カ月の時点で、自民党への逆風は、同じく年金問題が争点となった04年よりも厳しいことがわかった。比例区の投票先をみると、自民党は、民主党に競り負けた04年より民意の支持を取り付けられていない。だが、同時に無党派層は拡大し、年金問題での民主党の取り組みへの評価も低い。巨大な「年金不信任」層を2大政党のどちらが取り込めるかが焦点だ。

 連続調査は5月12、13日から毎週末に実施。6月30、7月1日で8回目となった。毎回、比例区の投票先を「いま投票するとしたら」と質問しているが、自民は5月中旬をピークに減少し、民主は5月下旬から上下しながらも増加傾向にある。自民は当初、民主をリードしていたが、年金記録が問題化したあと逆転され、いったんは並んだものの、8回目で再逆転された。

 04年参院選でも投票日の約2カ月半前から連続調査を行い、ほぼ同じ形で比例区の投票先を聞いた。今回の8回目と同じ時期の選挙1カ月前までは自民が民主をリードしており、今回はこれまでのところ自民の落ち込みが特徴的だ。

 04年は公示直前に民主が自民に追いつき、選挙期間中に逆転した。選挙結果も民主が50議席(比例区19議席)を獲得、49議席(同15議席)の自民に競り勝った。ただ今回はなお、民意が民主に傾いたとまでは言えない

 連続調査で政党支持率をみると、自民は3回目から3割を切る状態が定着し、8回目には25%まで下がった。かたや民主は5回目に19%まで伸ばしたが、その後失速、8回目も16%と弾みがついていない。存在感が増しているのが無党派層で、ここにきて半数を超えている。

2007年07月05日06時07分 朝日新聞

 “04年は公示直前に民主が自民に追いつき、選挙期間中に逆転”、そして今回も参院選直前になると自民党に逆風が吹くという展開は、どう考えてもサヨクマスゴミによって扇動された結果としか言いようがありません。

 “ただ今回はなお、民意が民主に傾いたとまでは言えない”のは当たり前です。前回の自民党に競り勝った参院選から3年が経過しようとしていますが、民主党は反対するばかりで何の具体的な成果も、実績も挙げる事が出来ていないからです。

 では、自民党は実績を挙げているのか?

N225_w1_2  

 

 

 

 

 

 

出典:あらのHPより

 上のグラフは、2004年から2005年12月にかけての株価の推移です。本日も日経平均は6日続伸して終値52円高の1万8221円を記録し、午後1時には、6月21日につけた年初来高値(1万8240円30銭)を上回る1万8260円17銭を記録しました。そして任天堂株に至っては2004年の1万円台から本日終値48300円を記録するまでとなっています。3年で資産が4倍強になるなんて非常に夢のある話ですね。自民党よ夢をありがとう。

 2005年8月から2007年7月にかけて、株価が約6000円、150%の値上がり率を記録した時期は、明らかに郵政選挙で自民党が大勝した時期と合致しており、自民党による小泉内閣~安倍内閣へと続く構造改革路線の成果だといえます。その結果、60万人の雇用を創出し、失業率は4%を切る事が出来ました。

 そして、昨年10月に安倍内閣が発足して以降、教育基本法改正によって日教組を叩き潰すことで自虐史観脱却への道筋をつけ、長年の日本の悲願であった防衛庁の省昇格を果たし、その上、参院選へのマイナスを覚悟の上で会期を延長してまで社会保険庁改革法案を成立させることにより、諸悪の根源である社会保険庁を解体、民営化することで、残る反日の牙城、自治労を完膚なきまでに叩き潰そうとしている。

 その一方で、民主党が前回の参院選で勝利し、今までに至るまでやってきたことといえば、その構造改革をジャマすることばかりです。それも建設的な議論を極力避けて審議を拒否し、与党の強行採決を演出することで対立姿勢を誇示するという愚にもつかないパフォーマンスを繰り返してきた。

 パフォーマンスで政治が変わるわけがありません。それに実績で言えば自民に遠く及ばないどころかマイナスばかりの民主党に政権が任せられるわけがない。そもそも、経済が好調となれば政権交代によって変化を求める必要もない。

 確かに、サヨク陣営は年金テロによって自民の支持率を失墜させることに成功しました。しかし、選挙まで1カ月の猶予があることと、もはやそのピークは過ぎ去ったことによって、一旦人々が冷静になれば、与野党逆転に至るまで自民が大敗するとは到底思えません。そもそも今回の選挙を「年金選挙」と呼ぶには無理がありすぎる。

 2005年、サヨクから数の横暴と言われるまでの与党圧倒的多数から丸2年。その間の与野党の実績を冷静に判断すれば、与党惨敗は有り得ない。

 しかしながら、世論が実績を冷静に判断できず、自民が惨敗するようなことがあれば、もはやそれは“国民の声”などと呼べる代物ではなく、サヨクマスゴミに踊らされた“愚民の声”でしかないだろう。

ただジャマするだけの野党はいらない!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 鼻に付くパフォーマンス | トップページ | 腐った組織 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

 野党は野党である前に責任政党であるべきだと思います。
 それは、「反対の為の反対」から踏み出して「与党に対抗し得る現実的な提案」を国会であれ、マニフェストであれ、或いは有権者との対話において打ち出していくべきなのです。

 かつての社会党の「非武装中立論」は感情論の産物でした。
 また小沢民主党の掲げる公約は財源確保という要の部分が抜け落ちてしまっています。
 自民(安倍政権)が頼りないことと、民主党が支持されていることは全くイコールではない!このことを民主党を始めとした野党陣営とマスコミ、そして有権者は噛み締めるべきでしょう。

投稿: くまがわ直貴 | 2007年7月 5日 (木) 21時17分

現在の日経225の水準は小泉首相就任前の平成12年5月頃にやっと戻ったものであって、小泉前首相はバブル後最安値を記録したときの指導者です。
海部、宮澤と続く10人のなかで最低の経済政策を施策したのが前首相でしょう。
あの悪名高い橋本緊縮財政よりも市場の評価が低かったのが小泉緊縮財政ということです。
現在の株価回復は竹中氏の専横なきあとの調整でしょう。
或は米国資本が自由に飛び回る下地ができた故か如何に。

投稿: minase | 2007年7月 6日 (金) 03時19分

勝手にリンクさせて頂きました。
経済以外にもオーストラリアとの友好。
それから大事なのが、朝鮮系中国系に対して毅然として対応をしてきたことですね。

改革進行で敵が多い今、
総理はきっと信念とプライドで身を保ってるのでしょうか。

黒いうわさを批判の理由にする人がいますが、
全ての政治家が黒いうわさをもつことは否定できない闇の真実ですわ。鈴木●男とやくざと癒着は真近でみました。

敵が多いので今後の心配です。

投稿: | 2007年7月 6日 (金) 06時26分

勝手にリンクさせて頂きました。
経済以外にもオーストラリアとの友好。
それから大事なのが、朝鮮系中国系に対して毅然として対応をしてきたことですね。

改革進行で敵が多い今、
総理はきっと信念とプライドで身を保ってるのでしょうか。

黒いうわさを批判の理由にする人がいますが、
全ての政治家が黒いうわさをもつことは否定できない闇の真実ですわ。鈴木●男とやくざと癒着は真近でみました。

敵が多いので今後の展開が心配です。

投稿: | 2007年7月 6日 (金) 06時27分

 朝日の統計は、他社の1~2割自民党の不利に成るよう操作されていると言うのが、私の感想ですし、政党支持率が40%台か、30%台かで騒ぐ必要はそもそも無いと思います、70%が10%と云うのなら、騒ぎべきでしょうが、そうなれば政党支持率なんて誰も看向きもしないでしょう。

 野党も、日本で云うところの保守で有ることを原則としなければならないと思います、法律で、日本国内で活動する、しないを問わず、外国人に利益をもたらす団体から、政党や国会議員個人が献金を受ける事が禁じられている、その一点から考えれば、政党や議員は、国民の利益の為に活動する事を当然の義務とし、其れを些かでも疑われる行為はしてはならないと言うことだろう、これが本来有るべき政治モラルだ。

 亦、その利益とは、かなり現実的にも踏み込んだ領域についても云っている、簡単に云えば、外国人と日本人が日本国内で平等に権利を主張したり出来ないのは当然ナノだと言うことです。

 その原則から看れば、日本の政治モラルは見事に崩壊しています。

 その取捨選択を国民に迫っているのが、選挙なんですが、国民政党と言えるのは、自民党だけなんですから、勝つも負けるも、(本来は)無い話しでしょう、マスゴミが目くらましを遣って、日本国民を誘導できた時代はもぅ終わっているのだと云うことを、皆で示さねばイケナイ。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年7月 6日 (金) 06時48分

いつも不思議に感じるんですが、“安倍は米国のポチ”と呼ばれる反米保守の皆さんは、日教組解体、防衛庁の省への昇格、国民投票法案の成立、そして今回の反日の牙城、自治労の解体、そしてその先に見据えた憲法改正という、安倍首相就任以後、着々と前進しつつある“戦後レジームからの脱却”、つまり戦勝国米国からの真の独立を勝ち取る為の道程に対して、何の感慨も抱かないのでしょうか。
少なくとも私は、その先にある物を期待しています。安倍首相はけして米国のポチなどではない。ポチと呼ぶなら、前国務次官如きの発言に何一つ返すことが出来ない野党とマスゴミをそう呼ぶべきだ。まぁ、彼らは米国のポチと呼ぶよりは、朝鮮の犬と呼ぶべきですがね。

投稿: takayuu@管理人 | 2007年7月 6日 (金) 19時30分

 安倍政権がこれだけの実績を上げながら国民に評価されないのはやはり不自然ですネ。
 ただ
 新聞などの世論調査はひどいときは500人程度です。
 少なくとも50万人の調査をしないと1%の民意が掬えません。

投稿: 柳生すばる | 2007年7月 6日 (金) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実績のない野党:

« 鼻に付くパフォーマンス | トップページ | 腐った組織 »