« 第一~第三の敵 | トップページ | 中共の代弁者 »

2007年7月24日 (火)

不思議なこと

北朝鮮が援護射撃。

北朝鮮メディア。安倍首相退陣を要求 閣僚も相次ぎ攻撃

 北朝鮮メディアが29日投開票の参院選を前に、安倍政権への批判を強めている。23日付の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は「安倍一味は自ら権力の座を退くのが良いだろう」という論評を掲載した。ラヂオプレスによれば、安倍内閣の退陣を公然と求めたのは初めて。

 24日付の同紙は小池防衛相を「政界の渡り鳥と呼ばれる」「軍国主義にあこがれるスカートをはいた右翼保守人物」と酷評。21日の朝鮮中央放送は、赤城農水相ついて「事務所費用の問題についてペテンを働いた事実が明るみに出た」と非難した

2007年07月24日17時07分 朝日新聞

与党敗北は北朝鮮に誤ったメッセージと塩崎官房長官

 塩崎恭久官房長官は24日午前の記者会見で、北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」が安倍政権退陣論を展開していることについて、「安倍政権は(北朝鮮による)拉致問題、核開発・保有の問題について一貫して妥協のない姿勢を貫いた。選挙によって誤ったメッセージを送らないようにするためにも国民の理解を得るべく、きょうも総理は地方(遊説)に出ている」と述べた。

 また、参院選の位置づけに関し、「参院選は基本的に政権選択の選挙ではないと位置づけられてきた。今回も同じだ」と指摘した。

(2007/07/24 12:51) 産経新聞

 しかし不思議ですね。いつも与党のすることなら何にでも反発し、実現不可能な大風呂敷を広げる野党が、何故この件については沈黙を続けるのでしょうか。

 これでは安心して投票できません。ここはひとつ、“選挙によって誤ったメッセージを送らないようにするため”に、野党の方々にも北朝鮮に対する強硬姿勢を是非確約していただきたいところですね。

 もちろん、与党よりも強烈な奴を。

 とりあえず“核攻撃やられる前に先制攻撃”を合言葉に、“朝鮮総連ぶっ潰す”“拉致被害者強制奪還”ぐらいはぶち上げていただきたいところですね。

不思議だなぁと思う方はクリック!(人気blogランキングへ

|

« 第一~第三の敵 | トップページ | 中共の代弁者 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

ゴーリキーさん、こんばんは。
野党の面々、こういうときにこそ声を出して欲しいものです。
それとも「北朝鮮の内政干渉は綺麗な内政干渉」とでも言うのでしょうかね。
北朝鮮の安倍総理批判は「追い風」です。
金ちゃん、もしかして安倍政権を存続させたいと思っているんでしょうかね。
TVマスコミにもっと騒いで欲しいですね、この件は。

投稿: ナルト | 2007年7月24日 (火) 20時50分

ゴーリキーさん、はじめまして。
私がむしろ不思議に思うのは、「なぜ北朝鮮が大騒ぎするのか」ということです。
逆効果になるのは分かり切っているのに、です。
安部総理と北朝鮮の裏の関係、などをまことしやかに取りざたする
ブログなどもあります(私はあまり信じていない方ですが)が、何となく不気味です。
どのように分析されますか?

投稿: yam | 2007年7月25日 (水) 19時58分

>vamさん
日本人と精神構造が違うからだと思うよ。

投稿: 通りすがり | 2007年7月26日 (木) 10時40分

北朝鮮も必死になって安部を応援していますね、安部政権が無くなったら、北朝鮮は誰からも相手にされなくなりますからね。

相手にされない=補給物資貰えない。

補給物資貰えない=キム政権崩壊

相手にしないのが一番いい事ですよw

投稿: jaga | 2007年7月27日 (金) 16時42分

何を考えているのか、わからん!!
アベを退陣させたら、次は麻生だろうが!!
今回の選挙はまけだろうが、気にすることはない。
粛々と成すべきことをやるだけだ。

投稿: kuni | 2007年7月28日 (土) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なこと:

» 「アンカー」エネルギー難に新たな希望&参院選ぼやき [ぼやきくっくり]
 「お気楽くっくり」更新済です。Macユーザー様、どうかお助け下さい。■7/25放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”食糧難にエネルギー不足?日本の危機を青山がズバリ “くらたま”こと倉田真由美さ...... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 02時28分

» 産経が醜悪な選挙戦を斬る! [ネトウヨのブログ]
 産経新聞において、「何たる選挙戦」というシリーズが掲載されました。日本にとって重要な問題であるはずの憲法改正「だけ」をスルーして、ひたすら言葉狩とスキャンダル探しに奔走する選挙戦を切り捨てています。  シリーズは大変読み応えがあるため、ぜひご一読を。  重要部分をいくつか引用いたします。 (何たる選挙戦1) http://www.sankei.co.jp/seiji/senkyo/070724/snk000.htm  年金記録紛失問題、閣僚の相次ぐ失言などで苦境に立つ安倍晋三首相をほくそ笑んで... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 12時47分

» まずは情報戦の用意を [電脳空間「高天原」]
次期戦闘機の情報収集継続=保秘法制も検討−官房長官 (時事通信) - goo ニュース 塩崎恭久官房長官は26日午前の記者会見で、米下院歳出委員会が航空自衛隊の次期主力戦闘機の有力候補だったF22の禁輸継続を決めたことについて「要 求性能はいろいろある。諸外国の最新型戦闘機の詳細な情報の収集は不可欠で、引き続き情報提供に関する協力を求めていきたい。日米同盟は緊密だから(米国 とも)いろいろな情報交換をしていく」と述べた。--------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 16時57分

« 第一~第三の敵 | トップページ | 中共の代弁者 »