« 奴隷の平和 | トップページ | 実績のない野党 »

2007年7月 5日 (木)

鼻に付くパフォーマンス

目出度い奴らだな。

与党が“審議拒否”の珍事 衆院事務局「聞いたことがない」

 衆院決算行政監視委員会で5日午後、民主党の仙谷由人委員長が平成17年度一般会計歳入歳出決算などに関し委員会の開会を決めたのに対し、与党が“審議拒否”する珍事があった。委員長と民主党の約10人が待ったが与党は現れず、流会となった。衆院事務局は今回の事態に「聞いたことがない」と話している。

 民主党は当初、質疑で安倍晋三首相の出席を求めて、年金記録不備問題や辞任した久間章生前防衛相の原爆投下を「しょうがない」とした発言を追及する構えだったが、与党は拒否した。

 民主党の高木義明国対委員長は「与党が審議拒否するとは。何のための会期延長だったのか。国会軽視も甚だしい」と反発している。

 同委員会は40人(欠員1)で構成され、開会には半数以上の出席が必要。

(2007/07/04 21:27) 産経新聞

 今国会で自分達が散々審議拒否を繰り返したのにも関わらず、“「与党が審議拒否するとは。何のための会期延長だったのか。国会軽視も甚だしい」”と憤慨するとは目出度い奴らです。

 “何のための会期延長だったのか”って、重要法案を通す為に決まってるじゃないか。

通常国会、5日閉幕=政府提出法案、成立91.8%

 第166通常国会は5日、衆参両院本会議で会期末処理を行い、閉幕する。参院選を控えた今国会は、与党が重要法案処理のため強行採決を連発し、安倍晋三首相の主導で会期も延長した。政府の新規提出法案97本のうち成立したのは89本。成立率は91.8%で、小泉内閣時代の6回の通常国会の平均90.7%を上回った

2007/07/04-18:27 時事通信

 野党の理不尽な抵抗にも関わらず、法案成立率が91.8%と高確率となったのはさすがです。お疲れ様でした。

パフォーマンスも大概にしろ民主党!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 奴隷の平和 | トップページ | 実績のない野党 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

ゴーリキーさん、おはようございます。
いつまでたっても民主党は情けないですね。
「政策で勝負する」という前原前代表の路線が一番真っ当で信頼を得る方法だったのに、民主党はこれをやめました。
というより民主党には「政策で勝負」などできないのです。党で統一した政策が出せるほど民主党はまとまっておりませんので、政策で勝負しようとすると党が割れるからです。
だから、いつまでも古臭い国会戦術しかできず、「国会戦術」という国民とは何の関係もないことにエネルギーを割いて仕事をした気になっているのですから、お笑いものです。
自民党が公明党と決別し、民主党の保守派議員と組めば、もう少し国会もすっきりしてくると思うのですがね。

投稿: ナルト | 2007年7月 5日 (木) 10時25分

 全く以ってナルトさんの言うとおり。今や民主党=続・社会党ですから、民主党内の西村慎吾氏に近い議員グループと前原グループは堂々と離党し、新党を結成すべきです。できれば公明党が出て行く形を作って、そこにその新党が納まれば、もう少し安定感のある与党になりそうです。で、新風も入れば言うことナシ。
 しかし、そうなったら残りの与党はいよいよ持ってクズの集まりになっちまうな。共産党がマトモに見えるかもw

投稿: あに | 2007年7月 5日 (木) 10時35分

コメントありがとうございます。
鳩山代表に続き、小沢代表も参院選で負ければ退陣するそうですが、鳩山・小沢路線を嫌う民主党支持の保守層にしてみれば願ったりかなったりといったところでしょう。
マイナス効果になると面白いですね。

投稿: takayuu@管理人 | 2007年7月 5日 (木) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鼻に付くパフォーマンス:

» 創価学会VS朝日新聞by週刊新潮 [東洋の魔笛]
めずらしく朝日新聞がまともな「声」を「声欄」に掲載した。 週刊新潮のスクープ記事にはことの詳細が紹介されている。(週刊新潮7月12日号) 創価学会は関係する雑誌の広告を出すことで、「金によるマスコミの操作」を図っているきらいがあるが、朝日新聞が広告掲載料がなくなることを覚悟して「声欄」に勇気ある内容を掲載したことは評価したい。 最近部数が減って困っているので、いよいよ日本の癌の元締めである創価学会を攻撃することで部数回復を図ろうとしているのか・・・朝日新聞の動機は定かでない。 -----------... [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 10時26分

« 奴隷の平和 | トップページ | 実績のない野党 »