« ボーナス返納で誠意を見せろ | トップページ | …。(絶句。) »

2007年6月26日 (火)

息を吐く様に

嘘をつく。

北朝鮮「2003年に日本が北朝鮮女性を拉致」

 北朝鮮は26日、日本が2003年10月18日に北朝鮮女性のト・チュジさん(58)を拉致したと主張した。

 在北京・北朝鮮大使館は26日午前9時(現地時間)、北朝鮮大使館で国内外のメディアを対象に共同記者会見を行い、日本が4年前にト・チュジさんを拉致したと発表した。

 この会見にはトさんも同席した。この会見でトさんは「2003年10月に豆満江で悪い人たちにジープに乗せられ在瀋陽日本国総領事館を通じて、日本へ強制拉致された」「3年7カ月間日本で生活したが、今月21日に日本を脱出して、現在は在北京・北朝鮮大使館で保護を受けている」と主張した。

 この日トさんは記者団の質問に一切答えず、北朝鮮映画『民族と運命』の主題歌を歌いながら会見場を後にした。

 トさんは1949年10月28日に神奈川県川崎市でト・サンダルさんの三女として生まれ、1960年に帰国船に乗って北朝鮮に入国したという。

朝鮮日報JNS 記事入力 : 2007/06/26 12:20:48

 今時、“悪い人たちにジープに乗せられ”などと言う戯言を平気で吐けるその神経を疑います。常識的に考えて“在瀋陽日本国総領事館”に関係する車両がジープのわけねぇだろ。

 3年7ヶ月も何処でどうやって生活し、どのようにして日本を出国、中国へ渡ったのか謎だらけだ。おそらく、彼らの旺盛な想像力をもってしても、この疑問すべてに答えることは不可能だろう。

奴らは息を吐くように嘘をつく!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« ボーナス返納で誠意を見せろ | トップページ | …。(絶句。) »

北朝鮮」カテゴリの記事

コメント

「人道支援」
とは読んで字の如く、『人』の道に則って支援すること。
他人の恩をほぼ例外なく仇で返すヒトモドキは人に非ず。
『「非人」道不支援』
これが正しいのではないか。

投稿: あに | 2007年6月26日 (火) 21時34分

ゴーリキーさん、こんばんは。
反日のネタが少なくなってきたので、とうとう「バレバレのウソ」を出してくるしかなくなったのでしょうかね、北朝鮮は。
バカじゃねえのかと思いますよ。
それなら、彼らが「強制連行された」という在日朝鮮人すべてを「返したい」くらいです。
まあ、とにかく総連を締め付けて、徹底的に分解してほしいですね。それでも1兆4000億円は返ってきませんが・・・。

投稿: ナルト | 2007年6月26日 (火) 21時45分

真実ならば 誠に遺憾なことだ。麻生外相は国内外のメディアを対象に共同記者会見を行い、真相解明のため直ちに係官を派遣し、報道機関立会いの下 証言を記録するべきだ。そのうえで 関係者の処罰と、補償を行わねばならない。何の為に婆さんを拉致したのか 誰もが一番知りたいところだろう。速やかに対処してほしい。ところで蓮池さんたちの補償はまだか?

投稿: 天秤棒 | 2007年6月26日 (火) 22時00分

 爆笑しかない。

 日本が婆さんを拉致して一体ドウするって?

 日本のディズニーランドで拘束したキム・ジョンナムさえ「拉致」しなかった日本の誰にも見当さえ付かない話しだろう、朝鮮人の価値観でモノを観るとそう云う展開になるのか、と納得するしかない。

 いやはや報道の程度が極端に下がりましたね、外国の価値観を経験していないレベルの記者の作文でしょう、検閲も同レベルなのでしょうね、そろそろ、上のレベルが国内からトンズラ扱いて居るのではないかと思います。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年6月26日 (火) 22時15分

面白い!ざぶとん1枚!
え~ギャグじゃないの?
日本はこんなくだらない言いがかりにも付き合わなきゃならんのでしょうか?

投稿: ニイ | 2007年6月27日 (水) 05時18分

ただ単に「貧スレバ窮ズ」で、追い詰められてこんな杜撰な宣伝するしかできなくなってきてるのか、それとも何か別の意図があるのか。
とにかく、この女性の正体を洗わなくてはならないでしょうね。
名前、年齢、経歴、全部について。そこから、北朝鮮の意図が見えてくる可能性はあります。

投稿: sdi | 2007年6月27日 (水) 10時53分

「貧スレバ鈍ズ」でした。
もうしわけありません。訂正します。

投稿: sdi | 2007年6月27日 (水) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息を吐く様に:

» No!! KOREA ~韓国への反論がここから始まる~ [地方が危ない!?「危ない!人権条例」]
秦 郁彦氏 「虚構と真実の狭間に揺れる慰安婦問題」 レポート 続き 「しかしねえ、大江氏に限らずいわゆる反日の人たちと言うのは、もうぜんぜん議論には応じなくなってしまいましたね。 そのころ吉見義明氏のやっていた戦争責任センターというのがあって、この人たちは韓国・中国へ行って被害者を 探してくるんですけど、私が驚いたのはこのね、被害者を現地まで行って探してくる、というね、まずそこに驚いた。」 「この中に高木弁護士という人がいて、彼は韓国まで行って当時慰安婦だった、という人の第1号を 見つけてくるんだけ... [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 23時18分

« ボーナス返納で誠意を見せろ | トップページ | …。(絶句。) »