« 年金を政争の具にする朝日 | トップページ | 未払い年金3兆円 »

2007年6月 7日 (木)

中共の時代錯誤

日本には中国と違って個人の自由があるのですよ。

李氏訪日、中国外務省が不快感…靖国への言及は避ける

 【北京=佐伯聡士】台湾の李登輝前総統が7日午前、靖国神社を参拝したことについて、中国外務省の姜瑜副報道局長は同日の定例会見で、「日本が李登輝の訪日を認めたことに改めて強烈な不満を表明する」と述べ、靖国参拝への直接の言及は避けながら、日本政府への不快感を示した。

 しかし、回復軌道に乗り始めた日中関係全体に悪影響を与えるのは避ける考えとみられ、姜副報道局長は、胡錦濤国家主席が8日、ドイツ・ハイリゲンダムの主要国首脳会議(サミット)で安倍首相と予定通り会談すると明らかにした。

(2007年6月7日19時42分  読売新聞)

 “安倍首相と予定通り会談”って何様だ、会談できなければ困るのは自分達だろう。

 李登輝前総統が靖国へ参拝し、中国が“靖国参拝への直接の言及は避けながら、日本政府への不快感”を示しながらも、“回復軌道に乗り始めた日中関係全体に悪影響を与えるのは避ける考え”をとったのは、現在、日本の中枢にこのような脅しに屈する議員が存在しないからだ。

「目くじらは時代錯誤」 李登輝氏の靖国参拝で町村元外相

 自民党の町村信孝前外相は7日、台湾の李登輝前総統の靖国神社参拝について、都内で記者団に「一私人たる方の行動であり、目くじらを立てる方が時代錯誤ではないか」との認識を示した。

 中国政府が日本への不満を表明したことには「そもそも日本政府の許可で李氏の行動がすべて決まっているわけではない」と指摘した。

 自民党の中川昭一政調会長は党本部で「何が問題なのか。(李氏の)お兄さまが祭られているところに行きたいとの気持ちを大事にして、そっとしてあげたい」と強調した。

06/07 18:53 産経新聞

 町村元外相が“「そもそも日本政府の許可で李氏の行動がすべて決まっているわけではない」”と語ったように、日本は民主主義国家であり、国家が一私人の宗教施設参拝を制限することなど初めから許されることではありません。それも、身内が奉られているとなればなおさらです。

 中川(酒)政調会長が“「何が問題なのか。(李氏の)お兄さまが祭られているところに行きたいとの気持ちを大事にして、そっとしてあげたい」”と記者団に語ったように、肉親を思う李登輝氏の心を考えれば、そっと見守るのが一番の対応であることは間違いありません。

 マスゴミは中国に阿ることはやめ、日本人としての心を取り戻せ。

次の首相はマッチーで決まりだ!と思う方はクリック!

|

« 年金を政争の具にする朝日 | トップページ | 未払い年金3兆円 »

日中外交」カテゴリの記事

コメント

足元がズブズブで、おまけに火までついてしまっている中国共産党。脅してだめならすかしでと、笑顔を振りまいて物乞いをしているところ、日本の馬鹿マスゴミが煽るものでやむなく不快感表明。 

投稿: ジェノサイドオリンピックボイコット | 2007年6月 7日 (木) 23時32分

相変わらず読売は、靖国が絡むと途端に朝日化するんだな(笑)。

この際、日本政府の側から、いつものように中国様へ気を使って、会談を中止しましょうか? と申し入れて差し上げろ。

投稿: 蕗 | 2007年6月 8日 (金) 03時03分

 読売の朝日化は、ナベツネがあの世に逝く迄治らないのでしょうね、大株主の一人でも有るんだから仕方がないと言えば仕方がない、しかし、何時までも下らない影響力を維持するのは、唯々晩節を汚しているだけにしか見えませんがね。

 そう考えると政治界の方は変化が早い、中曽根大勲位は既に伝説の域に入っているし、小沢、鳩山、菅がもぅ直ぐ終わる、二階、加藤、山崎、古賀、野田も今期限りになるとすれば、政界は一新する。

 衆議院選挙もやったらドウだろうか、支持率なんてホントかどうか試してみるべきだと思っていますがね、不支持の49%の票が一体何処に流れるというのだろうか。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年6月 8日 (金) 04時33分

中共がいかに日本を恫喝(どうかつ)しようが、日本国内さえ毅然(きぜん)としていれば、問題はないのですが、恫喝のお先棒をかついで、騒ぐ左翼マスコミが存在するので、問題が複雑になってしまいます。ミケ

投稿: 屋根の上のミケ  | 2007年6月 8日 (金) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中共の時代錯誤:

» 怪画『北京-2008』と台湾海峡情勢 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
日華(台)親善友好慰霊訪問団 東京支部長   藤田 達男 ●カナダ・トロント在住の中国系画家、劉溢氏の油絵『北京‐2008』は、東アジア情勢を巡る日・米・露・中・台の五者関係を暗喩しているのではないか、という議論が華人系ネ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 06時30分

» 李登輝先生の靖国神社参拝に感謝します [屋根の上のミケ]
html font size=5 李登輝先生の靖国神社参拝に感謝します/b/font font size=3 台湾の李登輝前総統が、念願の靖国神社参拝を果たされました。 李登輝氏のお兄様が、日本兵としてフィリピンで亡くなられ、靖国にお祀りされているため、お兄様の慰霊が参拝の主な理由でした。 靖国神社は、日本のために命を捧げられた将兵をお祀りし、本来は日..... [続きを読む]

受信: 2007年6月 8日 (金) 07時35分

« 年金を政争の具にする朝日 | トップページ | 未払い年金3兆円 »