« 人気ブログランキング疑惑について | トップページ | ボーナス返納で誠意を見せろ »

2007年6月25日 (月)

与野党の2大巨頭

とってもおばかさんですね。

「参院選負ければ辞任」 民主・鳩山幹事長が明言

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は25日、都内の早稲田大学で講演し、夏の参院選について「負けて幹事長にとどまる思いは一切ない。(年金問題で)大きな風が吹いているのだから、責任は厳しく問われる」と述べ、与野党逆転を実現できなければ幹事長を辞任する意向を明言した。

 同時に、勝利した場合には民主党から参院議長を選出する考えを強調。「議長を握ることは、自民党の暴走を止めることを意味する」と述べた。

(2007/06/25 20:33) 産経新聞

 勝手に辞めろ。

勝手に辞めれば?と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

相変わらず底が知れぬ方だ。

与党敗北でも「微動だにするな」=衆議院解散は不要-自民・森氏

 自民党の森喜朗元首相は25日、兵庫県姫路市で講演し、参院選で与党が過半数割れして敗北したとしても、「参院選は政権を懸けてやる選挙ではない。衆院は(与党が)3分の2を持っているので、右往左往しないこと、微動だにしないことだ。あえて(衆院を)解散する必要はない」と述べ、安倍晋三首相が辞任したり、衆院解散に踏み切ったりする必要はないとの考えを強調した。
 また、森氏は与党敗北時の国会運営に関し、「国民生活にかかわりのあることは野党の修正や希望を入れればいい。野党が絶対反対の法律はやらなければいい」と語った。 

最終更新:6月25日19時1分 時事通信

 “「参院選は政権を懸けてやる選挙ではない。衆院は(与党が)3分の2を持っているので、右往左往しないこと、微動だにしないことだ。あえて(衆院を)解散する必要はない」”とはよく言ったものです。衆議院は参議院に従属する機関ではなく、参院選で過半数を割ったところで内閣が責任を取る必要はまったくありません。青木参議員会長と片山参議院幹事長だけが辞任すれば済むことだ。

 “「国民生活にかかわりのあることは野党の修正や希望を入れればいい。野党が絶対反対の法律はやらなければいい」”…やっぱり底の知れない方ですね。それじゃぁまともな国会運営ができねーだろ!

やっぱり底の知れない方だな!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 人気ブログランキング疑惑について | トップページ | ボーナス返納で誠意を見せろ »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

鳩ぽっぽの「決意表明」をNHKテレビで見ましたが、この男にしては珍しく目玉が動いていました。

どんな決意を秘めているのか全く分かりませんが、なんか心に決するものがあるのでしょうか。

投稿: weirdo31 | 2007年6月26日 (火) 05時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 与野党の2大巨頭:

» また拒否 [電脳空間「高天原」]
公務員法案などの審議、民主が日程協議入りを拒否(読売新聞) - goo ニュース 自民、民主両党は25日、国会内で参院国会対策委員長会談を開き、公務員制度改革関連法案など重要法案の取り扱いについて、協議した。 民主党は、野党が反対する中、7月5日までの国会の会期延長が決まったと反発して、法案の日程協議に入ることを拒否した。 この結果、公務員法案を審議している参院内閣委員会の26日の開催は、見送られることになった。--------------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 21時25分

» 自治労に支援される民主党では年金問題の解決は不可能 [反日活動から日本を守るblog2]
現在、年金記録が問題となっている。この主原因は社会保険庁にあるが、社会保険庁と自治労(社会保険庁職員の労働組合)が労働をサボるための覚書を交わしていた。 年金問題を解決するには、社会保険庁を改革し、自治労の影響を排斥... [続きを読む]

受信: 2007年6月25日 (月) 22時07分

« 人気ブログランキング疑惑について | トップページ | ボーナス返納で誠意を見せろ »