« 与野党の2大巨頭 | トップページ | 息を吐く様に »

2007年6月26日 (火)

ボーナス返納で誠意を見せろ

当然だろう。

年金記録漏れ、社保庁全職員に賞与返納要求へ

 政府は25日、年金記録漏れ問題の責任を取るため、社会保険庁の約1万7000人の同庁全職員に自主返納を求めることを決めた。

 厚労省によると全体の返納額は10億円規模になる見込みという。

 また、安倍首相と塩崎官房長官、柳沢厚生労働相が6月のボーナス(期末・勤勉手当)の一部を返納するほか、厚生労働省の副大臣、政務官、村瀬清司・社会保険庁長官らも幹部がボーナスを返納する。

 社会保険庁の村瀬長官は25日夜、記者会見し、自身の夏の賞与全額を返納し、約1万7000人の同庁全職員にも、20分の1から2分の1の自主返納を呼びかけることを明らかにした。また、歴代の厚労次官、社保庁長官らにも現役職員並みの返納を求めるとしている。厚労省では、副大臣2人、政務官2人が議員歳費分を除く全額、次官が全額のほか、幹部職員や社保庁勤務経験者からの返納を決めた。

 また、首相の返納について、塩崎官房長官は25日の記者会見で、ボーナス総額約536万円のうち、約234万円を返納すると発表した。首相のボーナスのうち議員歳費分(約302万円)は公職選挙法の寄付行為の禁止に触れるため返納できないことから、法律上の上限に当たる首相としての特別職分234万円全額を返納することとした。234万円のうち約161万円は行政改革の一環として昨冬の賞与から自主返納しているもので、今回、新たに追加して返納するのは約73万円になる。

 塩崎長官は総額約396万円のうち議員歳費分(同)をのぞく約94万円を返納し、今回の追加分は約54万円、柳沢厚労相は約51万円を追加して約90万円を返納する。

 安倍首相は25日夕、首相官邸で記者団に対し、自主返納を決めた理由について「国民の皆さんが社会保険庁の対応に怒りを感じている。私も率先垂範という意味でけじめをつけなければいけないと判断した」と述べた。

(2007年6月25日20時59分  読売新聞)

 今まで散々やりたい放題やってきた奴らの為に首相がボーナスを返納するまでもないとは思いますが、相手がここまでしなければ自主的に返納なんて考えもしない人種であればいたし方ありません。

 一律にカットする方法をとらず、首相以下官房長官、厚生労働相、副大臣、政務官、長官が“率先垂範という意味でけじめをつけ”、それから“、社会保険庁の約1万7000人の同庁全職員に自主返納を求める”とは非常に良い考えかと思います。

 総額100億を超えるといわれる社会保険庁ボーナスの内、何パーセントが返納されたかによって、彼らの年金記録漏れ問題の責任に関する考え方がわかるというものです。

 これで空気の読めない自治労が反発すれば面白いのですが、あくまでも“自主的に返納する”という建前であれば、反発するだけ馬鹿を見るだけでしょう。

少なくとも30%は返納されるべきだ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 与野党の2大巨頭 | トップページ | 息を吐く様に »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

自治労の幹部、元幹部の諸君も現在貰っている年金の30%を返納するぐらいの誠意反省を示したらどうか。

そうすれば民主党もひょっとして政権担当の能力ありと見て貰えるかも?

投稿: weirdo31 | 2007年6月26日 (火) 09時50分

自治労は反発すると思われ

民主党に巨大なブーメランが反っていく悪寒

投稿: BB | 2007年6月26日 (火) 19時56分

昼のニュースで民主は「ポーズだ」といった返納に否定的な見解。

「自治労は返納する気など更々無い」

と思われますから、政府の責任感との対比が浮き彫りになり、ブーメランにはターボが掛かるかも。

投稿: MultiSync | 2007年6月26日 (火) 20時03分

 彼等が民主党の為に、賞与を全部返還した処で、本当は、自らにペナルティを課す意味で「自主的に」行わねばならない事だから、云われて「渋々」なら、国民の多くは「焼け石に水」程度の感想しかないだろう、すると「やらないよりはマシなら、やらない」となりそう、既に「云われて」居るワケですから。

 無反省派が必ず居て「其れをやると、自らのサボタージュを認めた事になるからやるべきでない」とか言い出すアホも出てくるだろう、まぁ、そう言う体質だから、こういう結果になったわけで、「賞与返還」実行の可能性は1割位かな。

 「国民は怒っている」と言う矛先を現政権が引き取る形で発表した時点で、自民党には筋書きが出来ていた様に感じます、もし、そうなら、どう見ても民主党の負けです。

 自民には政党らしい戦略があり、民主には全く無い、オマケに本当に改革する気などサラにない事が露呈しつつある、内部が混乱していて解決案すら出せないで居るからだ、これで、政党としてどちらが、政権を任すに足るか、考えれば解ること、民主党さんって、全ての攻撃を、マスコミの世論誘導力任せにするしかないと言う事ですモンね、小沢さん。

 さて、結果はどうなりますか。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年6月27日 (水) 06時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボーナス返納で誠意を見せろ:

» 遅すぎるまともなサービス [電脳空間「高天原」]
全ての年金加入者・受給者に納付履歴通知…社保庁が検討(読売新聞) - goo ニュース 社会保険庁は25日、2008年度に、すべての年金加入者・受給者計約1億人に、現時点での詳細な納付履歴を通知する検討を始めた。納付履歴は当初、受給者と一部の加入者らにのみ通知する予定だった。 与党からの要請もあり、年金記録漏れ対策として、加入者・受給者に、自身の納付履歴に不備がないかを確認してもらうことが、有効と判断した。-----------------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 13時48分

» 社保庁 職員に賞与 自主返納を要請 [王様の耳はロバの耳]
社保庁長官、職員1万7千人に賞与の一部自主返納求める(朝日新聞) - goo ニュース 昨日は「たけしのTVタックル」今朝は「みのさんの朝ズバッ」なんとNHKの「生活ホットモーニング」でも杜撰な管理が原因の「年金未払い期間」の問題を取り上げていた {/hiyoko_thunder/} 与野党の主張をざっと見ると野党は「立証は社保庁又は国」、与党は「申請に基づき第三者機関で認定」と差異がある。 在野のブロガー諸賢の中にも「保険料は強制徴収で税の一部であるから原則認めて原資は税から」と主張する方と「そ... [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 14時02分

» 社保庁職員に賞与ボーナス一部自主返納を(村瀬長官) [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「社保庁職員に賞与ボーナス一部自主返納を(村瀬長官)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =200... [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 14時23分

» 社保庁と自治労が起してきた問題は戦後の体制の問題である [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
 社保庁による年金記録紛失問題について、何故これほどの失態をもたらし、国民的不安を巻き起こしてしまったのか、その背景を産経紙6/26で「歪みの構造」として連載している。  この記事によれば、社保庁職員のほとんどは... [続きを読む]

受信: 2007年6月27日 (水) 07時40分

» 社保庁のボーナス返納 [志村建世のブログ]
政治の話題ばかりが続きますが、年金記録消失の責任をとって、社保庁の長官が夏の賞与270万円の全額を辞退するそうです。逆算して月例の給与が100万円を超えていることもわかりました。さらに社保庁の全職員が、ボーナスの一部を自主的に返納することも呼びかけました...... [続きを読む]

受信: 2007年6月27日 (水) 17時35分

« 与野党の2大巨頭 | トップページ | 息を吐く様に »