« 野党の本音 | トップページ | たくさんの中のひとつではない »

2007年6月28日 (木)

アイム・ソーリーはお前が言え

そっくりそのまま返しますよ。

「アイム・ソーリー、難しい?」慰安婦決議巡り米議員

 26日、従軍慰安婦問題に関する決議案が大差で可決された米下院外交委員会。元慰安婦を支援する人々が詰めかけた委員会室で、議員らは次々に日本政府の明確な謝罪を求めた。

 ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の生存者であるラントス外交委員長は「国家の真の力は、その歴史のなかの最も暗い一幕を突きつけられた時に試される」と語った。戦後、謝罪を繰り返したドイツを「正しい選択だ」と評価。一方で日本は「歴史の記憶喪失」を進めていると嘆いた

 ラントス氏は、14日付の米紙ワシントン・ポストに掲載された日本の国会議員らによる全面広告にも言及。「強制性を示す文書はない」とした内容を「慰安婦の生存者をけがすものだ」と批判し、下院が立ち上がるべきだ、と呼びかけた。

 議員からは「ただ、アイム・ソーリー(ごめんなさい)と言うことが、なぜそれほど難しいのか」(民主党のスコット氏)といぶかしむ声も。一方、決議案に反対した共和党のタンクレド議員は「日本の過去の過ちについて今の政府に何度謝罪を求めるのか」と疑問を投げかけた。

 決議案を提出した民主党で日系のマイク・ホンダ議員は記者団に、7月の第2週か第3週に本会議で採決にかけられるとの見通しを示した。

2007年06月27日10時55分

 何が“戦後、謝罪を繰り返したドイツを「正しい選択だ」と評価。一方で日本は「歴史の記憶喪失」を進めていると嘆いた”だ。その論理でいけば、“新世界”と勝手にに名付けた北米大陸に勝手に入植し、我が物顔で元々住んでいたインディアン達を追い出し、互いに武器を与えて争わせ、挙句の果てには抵抗したインディアンを皆殺しにしたあなた方は、一体何回謝罪すれば許されるというのか。それも皆殺しにしたインディアンが、入植者が“新大陸”で食糧不足に苦しんでいたときに、トウモロコシを恵んでもらった命の恩人であったにも関わらずだ。

 “「強制性を示す文書はない」”という“事実のみ”を示した全面広告に対して、“「慰安婦の生存者をけがすものだ」”と具にも付かない精神論しか振り回せない偽善者が、“「ただ、アイム・ソーリー(ごめんなさい)と言うことが、なぜそれほど難しいのか」”とのたまうとは、一体何様のつもりなのか。

 慰安婦決議案を本会議で採決したければ勝手にすればいい。だが、万が一にも採決された場合、何の証拠も無いままに、息を吐くが如く嘘をつく民族の戯言に簡単に乗せられた偽善者達の決議案として、それが米国の政治史に汚点として刻まれ、未来永劫嘲笑を受け続けることを覚悟するがいい。

 「ただ、事実を正確に認めることが、なぜそれほど難しいのか」…。安倍首相も米国の最大の同盟国であると同時に、理解者であるべき日本の長として、反論すべきことは反論し、間違いであればそれを正す努力をすべきだ。

 それが真の“強固な日米同盟”というものです。この世に一方的な関係ほど弱いものはない。

一方的な同盟関係ほど弱いものはない!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 野党の本音 | トップページ | たくさんの中のひとつではない »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

>ただ、事実を正確に認めることが、なぜそれほど難しいのか
 では、「人権侵害・戦争犯罪として、何より明かな原爆投下や空襲による民間人の虐殺に対するアイムソーりーは未だ聴いたことがないのは、何故だ、それ程難しい事なのか」と、訊いてやろう。

 朝鮮人売春婦が論う「事実」が正確ではない事は、挙げられた反証の数々を看れば明らかなことだ、それらの検証を一切無視して、感情論だけで議事を進行してきたのは米国下院ではなかったか。

 ソウでなくとも、2国間問題で解決済みで、謝罪も賠償も済んでいる事が明かなこの問題に、わざわざ第三者が嘴を入れてこじあけ、60年も前の行為に対して遡及して、明らかに当事者ではない同盟国の総理大臣に謝罪せよと迫る決議を提出する異常さに気が付けないのでは、米国の三権のウチ立法府を担う下院議院にして、法治主義も実証主義も理解していないと言う醜態を曝している、上述の不当を指摘して反対したのは、2/50人つまり、全体の4%にすぎない、米国下院には4% しか知性は存在しないのだろう。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年6月28日 (木) 10時46分

くそったれアメ公の、くそったれアメ公による、くそったれアメ公のための決議に日本人の誰が従うものか。低能で英語もまともに書けないアメリカ人のために英訳もつけてやるよ。
None of Japanese people follows to such a ridiculous resolution of the monkey-Americansns,by the monkey-Americans,
for the monkey-Americans.

投稿: 斜構え | 2007年6月28日 (木) 14時45分

「鬼畜米英」と、昔、言われたが
それは本当のことなんだなと、身に滲みて思います。

投稿: sesiria | 2007年6月28日 (木) 18時02分

安倍さんは「「I'm 総理.」など百万回でも言ってやる!だが、やっていないことまで謝罪するつもりはない」ときっちり言うべきですね。

投稿: NOだめ! | 2007年6月29日 (金) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイム・ソーリーはお前が言え:

» 今度こそ反日集団に引導を [電脳空間「高天原」]
「たくさんある中のひとつだ」 従軍慰安婦決議で首相(朝日新聞) - goo ニュース 安倍首相は27日夜、米下院外交委員会が従軍慰安婦問題に関する決議案を可決したことについて、「米議会の決議だからコメントするつもりはない。すでに 私も米国を訪問した際、私の考えを説明している」と述べた。そのうえで「米議会では相当たくさんの決議が決議されている。そういう中の一つなんだろう」と 語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。------------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 14時18分

» 日本の名誉を守れ!慰安婦問題 [D.D.のたわごと]
昨日のエントリーでは,“事実を争わない”ことは “認めた”ことになり,後でとんでもないことにつながることが 往々にしてあると書きましたが,今回はそのことについて。 [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 05時45分

« 野党の本音 | トップページ | たくさんの中のひとつではない »