« アイム・ソーリーはお前が言え | トップページ | サヨク教師の「道徳」 »

2007年6月28日 (木)

たくさんの中のひとつではない

我慢すると体に毒ですよ。

「たくさんある中のひとつだ」 従軍慰安婦決議で首相

 安倍首相は27日夜、米下院外交委員会が従軍慰安婦問題に関する決議案を可決したことについて、「米議会の決議だからコメントするつもりはない。すでに私も米国を訪問した際、私の考えを説明している」と述べた。そのうえで「米議会では相当たくさんの決議が決議されている。そういう中の一つなんだろう」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「米議会でたくさん決議されていてもその一つひとつは割と重要ではないか」との記者団の問いに対し、「それはあなたの意見ですね」と不快感をにじませ、質問を続けようとする記者団を振り切って質疑を打ち切った。

2007年06月27日20時08分 朝日新聞

 安倍首相もいい加減“「米議会では相当たくさんの決議が決議されている。そういう中の一つなんだろう」”などと自分を誤魔化すのはやめたほうがいい。

 朝日新聞は“従軍慰安婦決議”と見出しにわざわざ自分達でさえ使えなくなった“従軍”という文字を入れている以上、この決議案の欺瞞性といわゆる慰安婦証言の虚言については身にしみて分かっているはずです。

 その上で“「米議会でたくさん決議されていてもその一つひとつは割と重要ではないか」”と質問されれば、首相も“「それはあなたの意見ですね」”と不快感をにじませ、記者の質問を打ち切ることは当然かと思います。

 しかし、ちょっと待って欲しい。“「米議会でたくさん決議されていてもその一つひとつは割と重要ではないか」”という事については、朝日新聞とはニュアンスは違えど、安倍首相も当然ながら感じていることではないのか。

 “たくさんある中のひとつ”と気休めを吐いたところで、米国議会で虚言に基づいた日本の名誉を著しく傷つける決議が外交委を通ったことが一国の首相として重要と感じていないはずはありません。

 安倍首相の過去のスタンスを見れば、思想的には島村副官房長官や平沼氏に近いものがあり、今回の慰安婦決議も噴飯ものだと感じていることは十分推測できます。この決議が7月の本会議で採決されるようなことがあれば、我慢の限界はやがて臨界点に達し、近い将来大爆発を引き起こすだろう。

 参院選が終われば、もう、党内の売国左翼勢力に遠慮することはありません。改憲論議と絡め、政界再編に繋がるほどの大爆発を期待しています。

たくさんの中のひとつではない!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« アイム・ソーリーはお前が言え | トップページ | サヨク教師の「道徳」 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

確かにたくさんの中の一つではない。
真の友好関係を維持するのであれば、臨界点まで我慢して大爆発するよりも、むしろ直ちに且つ粘り強く真実をもって諫言することが大切である。
それが聞けないような相手なら、真の友好国とはとてもなりえない。

投稿: 諦観 | 2007年6月28日 (木) 19時16分

この騒動って要するに拉致事件の相殺が目的ですよね。
日本が拉致問題をアメリカに持ち込んだから、
それを潰すために人権問題としてアメリカに持ち込んだと。

投稿: h | 2007年6月28日 (木) 20時09分

安倍首相の言ってる事は確かなんだけどね。
単体で見れば重要でもなんでもない。

ただ、それを特亜が利用してくるのが問題。
利用してくると、突っぱねれない日本がいる。
それが問題。

特亜に60年前の慰安婦問題出されたら、チベット、東トルキスタン、ダルフールなど攻める要素はいくらでもあるんだけどね。
そういうのを使わないから、武器を与えるような今回の決議案はとめたいんですよ。

投稿: maumau | 2007年6月29日 (金) 01時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たくさんの中のひとつではない:

» 朝日社説にみる慰安婦問題の深層心理とは―6/28) [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
 「日本政府は……歴史的な責任を公式に認め、謝罪し、受け入れるべきだ」  米下院の外交委員会が、旧日本軍の慰安婦問題についての決議案を可決した。39対2の圧倒的多数だった。7月にも本会議で採択される見通しだ。  ... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 18時46分

» 世直しは、日本の心で対応すべし^^ [憂国、喝!]
さて、米下院が、慰安婦問題に対する議案を、賛成多数で可決したが、米国が、この問題を取り扱うこと自体が間違っているのは、今までにも説明をしてきた。では、なぜ、これほどまでに我々右傾の思想を持った有志達が、祖先の名誉や、大東亜戦争での秤を平衡に保った史実、そ....... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 19時47分

« アイム・ソーリーはお前が言え | トップページ | サヨク教師の「道徳」 »