« 連立解消が改憲の近道 | トップページ | 黄砂は日本の所為 »

2007年5月28日 (月)

社会保険庁を解体せよ

何かおかしくないか?

柳沢厚生労働相への不信任決議案、野党が提出を検討

 野党は27日、保険料の納付記録が年金額に反映されない「年金支給漏れ問題」を受けて、柳沢厚生労働相に対する不信任決議案を提出する方向で検討に入った。

 28日に民主、社民、国民新各党の幹事長会談などを開いて協議し、最終判断する。

 一方、与党は社会保険庁を廃止・解体する社会保険庁改革関連法案について、29日に衆院を通過させる方針で、与野党の攻防は激しさを増しそうだ。

 民主党の松本政調会長は27日のNHK番組で、年金支給漏れ問題に関する今後の国会対応について、「あらゆる選択肢がある」と述べた。共産党の小池晃政策委員長は「柳沢厚労相は、不信任に値する」と指摘、社民党の阿部知子政審会長も「不信任案を出すのが党の方針だ」とした。国民新党の亀井静香代表代行は「強い姿勢で(この問題に)臨みたい」とした。

 これに対し、同じ番組で、自民党の中川政調会長は、社会保険庁改革関連法案について「国民の(年金制度への)信頼回復のきっかけになる」と述べ、早期に成立させる必要性を強調した。

(2007年5月27日19時55分  読売新聞)

 野党がこんなに必死な訳はこんなところでしょうね。

“口封じ”は「国政史上の汚点」中川幹事長、野党を批判

 自民党の中川秀直幹事長は27日、徳島市で開かれた同党徳島県連大会であいさつし、25日の衆院厚生労働委員会で、野党議員が社会保険庁改革関連法案の採決を阻止しようと桜田義孝委員長の口を手でふさいだことについて、「国政史上の一大汚点で国会の危機だ」と厳しく批判した。

 中川氏は「どんなに優秀な議員でも、民主党に入れば『口封じはおかしい』という普通の感覚をなくしてしまう」と非難。社保庁職員の大半は労働組合に所属し、民主党の支持基盤だと指摘したうえで「今回の抵抗は怠慢を重ねた労組を守るため。こんな政党は参院選で解体するしかない」と強調した。

(2007/05/27 19:45) 産経新聞

 支持基盤を見ればすぐわかる構図なのですが、結局のところ、民主党が“「柳沢厚労相は、不信任に値する」”といきまいたところで、支持基盤である労組だけの為に、怠慢に怠慢を重ねて5000万件の支給漏れを引き起こした社保庁職員を守りたいだけの話しであり、不信任案提出も自民党の社会保険庁改革関連法案阻止を狙い、この税金を食いつぶすばかりか、日本の年金制度を根本から揺るがす不良組織を温存したいだけだ。

 自民党はこういった野党による妨害を排除し、速やかに社会保険庁改革関連法案を成立させ、一刻も早くこの不良組織を解体処理することで年金制度に対する国民の信頼を回復するべきだ。

社会保険庁は解体しろ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 連立解消が改憲の近道 | トップページ | 黄砂は日本の所為 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

今回の『年金支給漏れ問題』は、
かつての社会党の大躍進と村山政権誕生のきっかけをつくった『消費税問題』を想起させる。
消費税も年金も、国民の生活に直結する身近なことです。
憲法だとか外交などはどうでもいい、と思っている国民も、自分のフトコロに密接に関係する『消費税・年金』には無関心でいられないだろう。
だからこそ、民主は憲法を争点にせずに、「年金」を大きくクローズアップしているのだ。
今朝の報道では、安倍政権の支持率が年金問題をきっかけに大幅ダウンしているとのことである。
これは参院選を見据えた民主の戦略勝ちになるかもしれない。
今、あの「アホバカ三役」主導の民主が選挙で大勝することは、なんとしても避けたい。

投稿: ニッチ | 2007年5月28日 (月) 10時16分

労組の守備範囲ってどのくらいなんですか?
国・地方の公務員全体なんですか?
無知ですんません・・・お教えを請いたいです・・・

投稿: コロナ | 2007年5月28日 (月) 17時22分

元厚生大臣だった菅には責任がないのか?
不正を見つけた(見つかった)時の現職だけを吊し上げたら、隠蔽に拍車をかけるだけでは?
現職には追求して当時の責任者達に責任を取らせるのようにするのが不正を行いがたくするのに

投稿: ROM専ですいません | 2007年5月28日 (月) 19時38分

野党の見当外れは失笑物だし、社保庁は解体されるべき組織だが、厚生労働省年金局と吸収されないものか。
社保庁改革法は「なるべく民間に業務外注する」と謳っているが、そこに日本企業が担当するとは限らず外資も該当するから、国家事業に外国の手が入る可能性がある。これは内政干渉を誘発している。
簡保といい、年金といい、国民の富が自ら流出していくのね。

投稿: minase | 2007年5月28日 (月) 21時04分

いつも拝見させていただいています。
応援ポチッ!

投稿: 優良銘柄のススメ | 2007年5月28日 (月) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会保険庁を解体せよ:

» 役人体質を許すな! [日々の出来事]
いま、社保庁の“消えた年金問題”が毎日のニュースやワイドショーで話題になっています。いや、社保庁の年金無駄遣いは話題になっていて私利私欲にまみれた公務員や議員に腹がたっていましたがテレビの前で一人怒ってはみても、その意思表示は選挙の1票でしかあ...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 20時32分

« 連立解消が改憲の近道 | トップページ | 黄砂は日本の所為 »