« 議論しない野党党首 | トップページ | 商道徳がなく倫理感も欠如した国 »

2007年5月 7日 (月)

ハッキリ言ってやれ

なにいってやがる。

「真の意味のおわびではない」 米のホンダ議員が会談で

 従軍慰安婦問題で日本政府が歴史的責任を認め、首相が公式謝罪するよう求める決議案を米下院に提出したマイク・ホンダ下院議員(民主党)は訪米した民主党の中川正春衆院議員と会談し、引き続き決議案の採択を目指す考えを示した。安倍首相がブッシュ米大統領との会談などで謝罪したことについて「問題が十分終わったとは思っていない。真の意味の正式なおわびとは受け取れない」と述べた。中川氏が7日、記者会見して明らかにした。

 中川氏はホンダ氏と1日に会談。この中でホンダ氏は、日系移民が戦時中に強制収容所で受けた人権侵害に米議会が法律で責任を認め、賠償に応じた経緯を説明日本のやり方では、首相が替わればまた勝手なことを言う。法律や国会決議など国会の関与はどうなっているのか」と疑問を投げかけたという。

2007年05月07日18時43分 朝日新聞

 ホンダ議員が慰安婦問題に関して、安倍首相の謝意を“「問題が十分終わったとは思っていない。真の意味の正式なおわびとは受け取れない」”として“日系移民が戦時中に強制収容所で受けた人権侵害に米議会が法律で責任を認め、賠償に応じた経緯を説明”を持ち出す程度の認識しか持っていないのであれば、中川正春衆院議員も日本国民の代表たる政治家であるのならば、この国辱発言を黙ってありがたそうに聞いていないで、この馬鹿に慰安婦問題は日韓間で戦後結ばれた“日韓基本条約”によって、“日韓間の請求権に関する問題は完全かつ最終的に解決されている”と説明し、自称慰安婦への賠償責任は韓国政府にあるとハッキリ言ってやれ。

 その上で、“「日本のやり方では、首相が替わればまた勝手なことを言う。法律や国会決議など国会の関与はどうなっているのか」”などと尚も疑問を投げかけるのであれば、先の大戦中における米国による人類史上最大かつ最悪の人権侵害である東京へのナパーム弾大量投下による民間人大虐殺や広島・長崎への原子爆弾投下による民間人大虐殺について謝罪し、その賠償に応じる意思が米国議会にあるのかどうか問いかけてみればよい。

 そうすればこの馬鹿も自らの行為の愚かさにやっと気付くだろう。

ハッキリいってやれ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 議論しない野党党首 | トップページ | 商道徳がなく倫理感も欠如した国 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

「日系移民にアメリカ政府が謝罪した」
 のは
 アメリカ政府がアメリカ人(である日系人)に謝罪した
 のに過ぎないのですよ!
 不倫トン大統領が 
 「フテキセツな関係を結んでしまいました・・・」
 というのと大差ないのです(笑)。

投稿: 柳生すばる | 2007年5月 8日 (火) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハッキリ言ってやれ:

» 憲法改正阻止に必死な朝日とネトサヨ [ネトウヨのブログ]
 朝日が、いろいろと改憲阻止に必死になっているようです。  それにともない、ネットサヨクの活動も激化しているようです。  まずは、朝日新聞をソースとする2ちゃんねるより転電いたします。   http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1178526210/ 1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2007/05/07(月) 17:23:30 ID:???0 ・「沖縄に基地はいりません」。三条河原町。プラカードやビラを手に... [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火) 00時09分

« 議論しない野党党首 | トップページ | 商道徳がなく倫理感も欠如した国 »