« クソ野党に反吐が出る | トップページ | 密葬より地方回りが重要 »

2007年5月30日 (水)

野党に存在意義は無い

本当に何でも反対するだけなんだな。

年金時効特例法案、委員会で審議入り

 衆院厚生労働委員会は30日午前、「宙に浮いた年金記録」の持ち主が判明すれば5年の時効を撤廃して全額を支払う「年金時効特例法案」の趣旨説明と質疑を行った。与党は同日中に採決し、すでに同委員会で採決している社会保険庁改革関連法案と合わせて31日に衆院本会議で可決する構えを見せている。しかし、民主党など野党は「あまりにも乱暴だ」と反発、対決姿勢を強めている。

 年金特例法案は議員立法のため、提出者である同委員会の与党筆頭理事の谷畑孝氏(自民)が「国民の信頼を回復するため必要だ」と趣旨を説明した。続いて柳沢厚生労働相が「この法案について政府は異議はありません」と述べた。

 その後、質問の準備時間として1時間の休憩に入った。再開直後、野党4党が同委員会の桜田義孝委員長に対し「社保庁法案の強行採決から1週間もたたないのに関連法案を出してきた。乱暴な国会運営だ」として不信任動議を提出したが、否決された。

 年金問題は30日午後開かれる安倍首相と民主党の小沢代表による党首討論の大きな焦点となる。

 一方、自民党の厚生労働部会・社会保険庁改革ワーキンググループ(WG)の合同会議が30日朝開かれ、中川秀直幹事長が「宙に浮いた年金記録」5千万件を「社保庁に1年でゼロにさせる」との考えを示していることに関連し、WGが作業の進行状況を監視し、チェックする「見張り役」となることを確認した。

2007年05月30日12時28分 朝日新聞

 野党にとっても“「宙に浮いた年金記録」の持ち主が判明すれば5年の時効を撤廃して全額を支払う「年金時効特例法案」”については、国民の一番の関心事であり、審議に応じるのが当然かと思われますが、それをただ“「あまりにも乱暴だ」”という一言で片付け、相変わらず審議には応じず対決を固持する姿勢を貫き通すとは呆れるばかりです。

 野党はこのまま参院選まで与党のやることならなんにでも反対して、攻撃できる材料があれば人の死すら利用するような姿勢を続けるつもりなのでしょうか。このまま自らの主張はとことん隠し通し、与党の失点のみを責め続けることによって過半数を得ようとはあまりにも国民を馬鹿にした考えだ。

 野党がこの法案に反対するのは、問題を先延ばしすることによって、年金問題を参院選の争点に持ち込みたいだけだからです。「国民生活に直結する年金問題」と口先だけで主張する一方で、自分達の政局を演出するだけの為に問題を先延ばししてそれを利用するとは、政治の私物化もいいところだ。奴らに国会議員を続ける資格は無い。

 そしてそれをなりふり構わず援護し、ただひたすらに与党を攻撃し、個人を揶揄して犠牲者を生み出した朝日新聞も報道機関を語る資格は無い。

 もう二度と村山政権の悪夢は繰り返してはならない。

野党の存在意義は無い!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« クソ野党に反吐が出る | トップページ | 密葬より地方回りが重要 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

>もう二度と村山政権の悪夢は繰り返してはならない。

激しく同意です。
でも最近民主党の支持率が上がりつつあるのが
かなり不安・・・つくづく日本は平和ボケしていると思う・・・・・・

投稿: | 2007年5月30日 (水) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野党に存在意義は無い:

» 護憲左翼は停滞硬直主義・保守ではない! [Empire of the Sun太陽の帝国]
 左翼ブロガー:天木氏に限らないのだが、いわゆる護憲派が改憲派を攻撃するときの常 [続きを読む]

受信: 2007年5月30日 (水) 22時17分

« クソ野党に反吐が出る | トップページ | 密葬より地方回りが重要 »