« 野党に存在意義は無い | トップページ | 靖国参拝は自由 »

2007年5月30日 (水)

密葬より地方回りが重要

奴らには人の心が無いのか。

官房長官、民主党の対応に不満 首相の密葬取り止めで

 塩崎恭久官房長官は30日午前の記者会見で、安倍晋三首相が党首討論出席のため、自殺した松岡利勝前農水相の密葬への参列を取りやめたことについて、「首相は密葬出席に強い意向を持っていると伝えたが、民主党の理解が得られなかった。首相は大変残念な思いをしている」と述べ民主党の対応に不満をもらした。

 塩崎長官は自民、民主両党の国会対策委員会レベルの折衝が行われていたことを明らかにした上で「民主党の中の考えがばらばらで、昨夜遅くに理解が得られないと判明した」と述べた。

 これに関連し、政府首脳は「今まで(小沢一郎民主党代表は)散々地方回りをしておいて葬儀に出席させないのは人道上の問題だ」と批判した。

(2007/05/30 13:15) 産経新聞

 さすがは烏合の衆。この非常事態下で“「民主党の中の考えがばらばらで、昨夜遅くに理解が得られないと判明した」”とは恐れ入ります。

 人間性というものはこういうときに出てくるものですが、民主党のクソっぷりは留まるところを知らないようです。

 今まで散々小沢代表の地方回りを優先させて党首討論を延期させていたくせに、安倍首相が閣僚の密葬に参加する為に申し入れた開催延期提案を蹴るとはいい度胸です。

 民主党としては現役閣僚の密葬より、小沢代表の地方回りの方が重要だという考えなのでしょうか。それとも与党を攻撃する為ならば首相が閣僚の密葬へ参加することすら妨害するということなのか。

 この民主党の人外、外道にも劣る振る舞いをけして忘れてはならない。

民主党に人の心は無いのか!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 野党に存在意義は無い | トップページ | 靖国参拝は自由 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

 いや、本当に小沢一郎にはがっかりです。
選挙で勝つため、安倍総理を更に貶めるためには、何でも
ありになりさがった。
 死者に更に・・・・
いや、これ以上は言いますまい。
このことについて、何の追及もしないマスゴミにもあきれ果てた次第です。

投稿: 銀次郎 | 2007年5月30日 (水) 21時47分

ほんと 民主党は馬鹿ですね。

今日の党首討論なんか、まったく中身がない。

あれで攻めてるつもりなんだろうか? 聞いてて損したよ

投稿: Munakata | 2007年5月30日 (水) 23時05分

 鳩山や菅は以前からそうだった様だが、河村や前原もとうとう人の心を忘れた唯物主義者に成り下がったか、人は死ねばゴミにでもなると思って居るんだろう、クズ共め。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年5月30日 (水) 23時14分

朝一番のニュースで、民主党・三役の昨日の表情が大写しになっていましたが、
どの顔も、うれしそうに緩みっぱなしでした。
特に菅のニンマリとほくそ笑んだような顔は醜かった。
ようやく自分達に順風が吹き始めたとでも思ってるんでしょう。
それにしても、現職の大臣が自殺するという、国家にとっての非常時に、自分達の党利党略しか考えられない自己中っぷり・・・
せめて儀礼的でもなんでもいいから、もうちょっと哀悼の意を表せないのか?

投稿: ニッチ | 2007年5月30日 (水) 23時22分

なにを今さら。民主党なんてこんなもんですヨ!

投稿: チャンピオン | 2007年5月31日 (木) 07時46分

如何なる人の死に対しても、もっと厳粛に受け止め無くては人間として最低で有る。
小沢一郎のばけの皮が剥がされた
日本人の衣を着た日本人の心を持たない日本人である。
惻隠の情を持たない党首をいただく民主に政権を持たせば、党利党略の為、国民に対して何をしでかすか判らない。
小沢の不動産についてもウニャムニャに成った、小沢一郎こそ
国民に説明して、自裁すべきである。
「巨悪は眠る」の言葉通りだ。
私は民主党を応援していましたが、これで民主党にはおさらばです。

投稿: k.k | 2007年5月31日 (木) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 密葬より地方回りが重要:

» 野党の暴挙に怒り! [Empire of the Sun太陽の帝国]
 年金特例法案が昨日・衆院厚生労働委員会で可決された。  5月30日【産経新聞】 [続きを読む]

受信: 2007年5月31日 (木) 15時34分

» 松岡農相自殺:参院選に影響必至の○○党 [にっしー Rhapsody 2]
今週はニュース大杉! 松岡農相は就任時からちょっとヤバイのではないかと言われていましたが、まさか自殺で幕を閉じるとは予想できなかったでしょう。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 23時33分

« 野党に存在意義は無い | トップページ | 靖国参拝は自由 »