« またブーメランか… | トップページ | 本性を現す中国共産党 »

2007年5月24日 (木)

鬼畜殺人犯に死刑を

光市母子殺害事件の差し戻し審が始まったようです。

少年への死刑の適用争点 差し戻し審始まる 光母子殺害

 山口県光市で99年4月に会社員本村洋さん(31)の妻(当時23)と長女(同11カ月)が自宅で殺害された事件で、殺人と強姦(ごうかん)致死、窃盗の罪に問われている犯行時18歳1カ月の元少年(26)の差し戻し審が24日、広島高裁(楢崎康英裁判長)で始まった。検察側は事件の悪質性などから死刑適用を主張。弁護側は殺意を改めて否認し、複雑な家族環境から精神状態は著しく未成熟だったとして死刑回避を求めた。

 事件では、最高裁が昨年6月に「特に酌むべき事情がない限り、死刑を選択するほかない」と二審の無期懲役判決を破棄し、審理を差し戻した。少年法で死刑適用が認められる満18歳の年齢から間もなく犯行に及んだ元少年への量刑判断が最大の争点となる。

 公判では、検察側が事件の悪質性・重大性や遺族の被害感情の激しさを指摘。「18歳に達していれば保護・福祉の理念よりも厳罰による応報を優先させるべきだ」とした。一方、弁護側は傷害致死罪を主張。専門家4人の鑑定をもとに、犯行時の元少年の精神状態は父親の暴力や母親の自殺で著しく未成熟だったなどと指摘し、「18歳以上の者と同等に扱うのは誤りだ」と訴えた。

 次回は6月26日から3日連続で開かれる。

2007年05月24日21時02分 朝日新聞

 初めに、このような鬼畜殺人犯に妻子を奪われた上に7年以上裁判で争い、すべてを投げ打って戦ってきた本村洋さんに心から敬意を表します。

 そして、この鬼畜殺人犯に求刑通り死刑が言い渡され、その本懐が遂げられることを心よりお祈り申し上げております。

 この鬼畜による史上最悪の事件は、最高裁の良識によって“「特に酌むべき事情がない限り、死刑を選択するほかない」”と地裁に差し戻され、このままこの“特に酌むべき事情”が弁護側から提出されない限り、先の無期懲役という判決は破棄され被告人の死刑が確定します。

 弁護側は“複雑な家族環境から精神状態は著しく未成熟だった”として死刑回避を求めているようですが、このような鬼畜が再び世に放たれればまた同じような犯罪を犯すことは目に見えて明らかです。

 百歩譲って未成熟者に刑を執行できないというのであれば、新たな犯罪被害者を作らないためにも、こういった鬼畜未成熟者を収容する為の施設を作り、一生社会から隔離することが政治の役目ではないでしょうか。

 こういった鬼畜による事件が起こるたびに精神鑑定が行われ、刑の減刑が主張されるのにはほとほとウンザリします。犯罪被害者には人権は無いのか。

犯罪者に優しい社会はいらない!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

光市母子殺害事件とは フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 1999年4月14日の午後2時半頃、当時18歳の少年が山口県光市の社宅アパートに強姦目的で押し入った。排水検査を装って居間に侵入した少年は、女性を引き倒し馬乗になって暴行を加えようとしたが、女性の激しい抵抗を受けたため、女性を殺害した上で強姦の目的を遂げようと決意、頸部を圧迫して窒息死させた。

 その後少年は女性を屍姦し、傍らで泣き止まない娘を殺意をもって床に叩きつけるなどした上、首にひもを巻きつけて窒息死させた。そして女性の遺体を押入れに、娘の遺体を天袋にそれぞれ放置し、居間にあった財布を盗んで逃走した。

死刑が当然だと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« またブーメランか… | トップページ | 本性を現す中国共産党 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

中国だったら2度・死刑でしょう。
 しかし
 中国が好きな左翼たちは死刑に反対なんですから
 「死刑には反対!」
 だけど
 「死刑のある中国は好き!」
 理解できません!

投稿: 柳生すばる | 2007年5月24日 (木) 23時45分

死刑!当然。
あと弁護士達も死刑!。
「母の愛情に飢えていて、母親に抱きつきたかっただけ」とか「絞殺した紐が蝶々結びなのは殺意が無かった証拠」とか
ふざけんな!

投稿: 怒り心頭 | 2007年5月25日 (金) 00時42分

他者の人権を無視して殺人を犯した犯人に
人権などあるのか?

日弁連の連中は頭がわいているのではないか?

司法試験を合格したくらいで、
すべてを統べる神のような顔をされても困る。

法は国民全体のルールだ。
弁護士だけが利用するものではない。

大体この国の司法の場は狂いに狂っている!

被害者の人権蹂躙も甚だしい!

市民感覚から乖離した司法を堅持して
何とするのか!

こんな馬鹿げた現実があってなるものか!

私は、断固として納税義務を放棄する覚悟である。

こんな異常な国に、
税金など払っていられるか!

投稿: アナベル・加藤 | 2007年5月25日 (金) 01時51分

人権派と称する買弁弁護士が22人もいる。人権とは殺人者ではなく被害者にあるのであって、ハムラビ法典を基本とすべき。目なら目で、歯なら歯で、命なら命で償えということ。恨みとか、どうしてもやむにやまれず危害を加えたわけではなく、この犯人は明らかに計画的に強姦する目的で、抵抗した被害者を殺してでも強姦した。普通、人間なら死体を強姦するだろうか。こういう犯人を鬼畜という。人間ではない。

投稿: さくら | 2007年5月25日 (金) 08時16分

死刑以外に考えられないでしょう。何十人もの弁護人が雁首そろえて犯人の命乞いをする、異常です。
それといい加減生い立ちや環境、社会のせいにするのはやめてもらえませんかね。勿論、犯行の背景を明らかにするのは必要です。が、それをもって減刑させようとは卑劣です。
彼よりもっと悲惨な育ち方をした人はいくらでもいます。
お笑いの田村なんか小学校で母が亡くなり中学校で家が差し押さえられ「今日で一家は解散」と父は言って行方不明となり、自分は公園で寝泊り、食べるものがなく公園の水道で水を飲み、雑草も食べ、ダンボールさえ口に入れてみた、
という事です、それでも犯罪は犯していませんよ。
自らの罪を人のせいにするな!!と言いたい。
あの犯人は鬼畜、外道、悪魔、どんな言葉をもってしても
表せない憎むべき人でなしです。こんな奴を死刑にしなかったら誰を死刑にするというのでしょう。

投稿: SESIRIA | 2007年5月25日 (金) 10時07分

 このアホゥを死刑に出来ないのなら、日本の司法は、刑法から死刑を全廃しなくてはならない。

 狙いを付けて措いた一般家庭に押し込んで、殺人・強姦を犯した後、泣きわめく赤ん坊を叩きつけて殺した事実が確定しているのに、「傷害致死で無期」で済むのなら、こういう事件が再発・多発するのは明白です、特に外国人に知れたら・・・

 明日、安田さんちの家族が同じ目に遭っても、同じ判決を安田サンは主張しなくてはならないのですが、勿論、応援している30人の弁護士さんも同じ立場ですね、「死刑廃止運動は信念を以てやっている」というなら、進んで名前を全部公開せよ。

 オレは何かあっても、アンタの処には決して依頼しに行かない、最低でも名刺の横に、「死刑廃止運動をやってます」位は書いて措けよ。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年5月25日 (金) 22時12分

管理人様私のコメントがスパムとみなされ投稿を拒否されています。残念ではありますが本日のコメントは諦めますが、表現語が悪いのであれが教えて頂ければその表現は止めます!何らかの改善策、回答をお願いいたします!!!」

投稿: 七生報国 | 2007年5月25日 (金) 22時16分

申し訳ない。
私は特に制限しているわけではないのですが、前回のココログのメンテナンスからそういう現象が出ているようです。
なんてったって、管理人のコメントもはじかれるくらいですから、いやはやなんとも…。

投稿: takayuu@管理人 | 2007年5月25日 (金) 23時05分

ちなみに、自分のコメントがはじかれる場合は、一旦“test”で投稿して、後から管理ページで編集してます。困ったモンデス。

投稿: takayuu@管理人 | 2007年5月25日 (金) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼畜殺人犯に死刑を:

« またブーメランか… | トップページ | 本性を現す中国共産党 »