« 党首討論 | トップページ | 鳩山幹事長の改憲基準 »

2007年5月17日 (木)

豪腕の抜け殻

党首会談における小沢代表の印象は麻生外相の発言がすべてですね。

小沢氏、迫力不足=麻生外相

 自民党麻生派会長の麻生太郎外相は17日午後の派閥総会で、安倍晋三首相と小沢一郎民主党代表の16日の党首討論について「わたしの知っている小沢代表は、もう少し迫力があったが、押してくるものが全然なかった。首相の方が野党みたいな感じだった」と語った。

2007/05/17-15:39 時事通信

 結局、野党連合だ反自民勢力結集だと野合に徹した結果、小沢氏の体からは政治に対する理念や情熱、そして毒のようなものが、きれいさっぱり抜け出てしまったようです。

 昨日出てきた野党党首は、もはや往年の小沢一郎ではありません。自身の危うい立場を守るための様々なしがらみにがんじがらめに縛られることで、生気を失ってしまった抜け殻でしかない。

小沢代表はもはや抜け殻だ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 党首討論 | トップページ | 鳩山幹事長の改憲基準 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

現在の小沢が正体で、自民時代の小沢は田中金丸のオーラを反射していただけです。

幹事長時代の小沢に、(総裁選挙の支持を得るために)作り笑いをしながらにじり寄っていた写真を新聞でみたことがありますが、それは何ともいえないおぞましいものでした。

投稿: weirdo31 | 2007年5月18日 (金) 07時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪腕の抜け殻:

» 降参党・支離滅裂編 [電脳空間「高天原」]
共産4中総で志位委員長「安倍内閣の中枢は靖国派」|政局|政治|Sankei WEB 共産党は17日、党本部で第4回中央委員会総会(4中総)を開き、志位和夫委員長は幹部会報告で、安倍内閣について「平和、民主主義を破壊する暴走をし ている。過去の侵略戦争を正しいと思い込んでいる『靖国派』が中枢を握っている政権だ」と厳しく批判した。「深刻な貧困と格差の問題を認めず、成長戦略の 名の下で弱肉強食路線を続けている」とも指摘した。---------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2007年5月17日 (木) 20時52分

» AbEnd 赤っ恥 [★★反日ブログ監視所★★]
朝日新聞の参院選世論調査でわかったネットサヨクの発想の異端・異常性。 TB http://sakura-makkiy.cocolog-nifty.com/blog/ [続きを読む]

受信: 2007年5月18日 (金) 03時47分

« 党首討論 | トップページ | 鳩山幹事長の改憲基準 »