« 盗人に追い銭 | トップページ | 評価されるべき人達 »

2007年4月29日 (日)

朝日新聞が謝罪しろ

まったくどうにもならない新聞ですね。

日米首脳会談-謝る相手が違わないか

 安倍首相が就任後初めて米国を訪問し、ブッシュ大統領と会談した。

 首相は旧日本軍の慰安婦問題で謝罪し、大統領はそれを受け入れた。両首脳は、拉致問題を含めて北朝鮮に強い姿勢で臨むことを確認した。ともに両国間にすきま風が吹いていた課題だ。

 亀裂はとりあえず修復され、初の訪米は無難に終わったと言えるだろう。しかし、問題は本当に解決に向かっているのだろうか。

 慰安婦の話題を持ち出したのは首相の方からだった。

 「人間として、首相として、心から同情している。申し訳ない思いだ」

 大統領は「慰安婦問題は世界史における残念な一章だ。私は首相の謝罪を受け入れる」と応じた。

 首相は胸をなで下ろしたことだろう。だが、このやりとりは実に奇妙である

 首相が謝罪すべきは元慰安婦に対してではないのか。首相はかつて河野談話に反発し、被害者に配慮ある発言をしてきたとは言い難い。国内で批判されても意に介さないのに、米国で紛糾すると直ちに謝罪する。何としたことか。

 問題が大きくなったきっかけ「当初定義されていた強制性を裏付ける証拠がなかった」という首相の発言だった。日本としての責任を逃れようとしているものと、海外では受け止められた。

 米議会では、慰安婦問題で日本に公式謝罪を求める決議をする動きがあり、これに弾みを与えた。メディアも「拉致で国際的支援を求めるならば、日本の犯した罪を率直に認めるべきだ」(ワシントン・ポスト紙)と厳しかった。米政府内にも首相の見識を問う声が出た。

 慰安婦は、単なる歴史的事実の問題ではない。国際社会では、女性の尊厳をめぐる人権問題であり、日本がその過去にどう向き合うかという現代の課題と考えられているのである。

 首相の謝罪で、米国内の批判に対する火消し効果はあったかもしれない。しかし、日本が自らの歴史とどう向き合っていくかという大きな問題は、実は片づいていない。

 対北朝鮮では、核問題を進展させるために対話路線に転じた米国と、拉致問題が進まなければ支援に応じないとする日本との間に、溝ができていた

 会談では、北朝鮮が核廃棄に向けての合意の履行を遅らせたら追加的な経済制裁をすることを確認した。大統領が拉致問題への怒りを改めて表明するなど、足並みをそろえて見せた。

 だが、北朝鮮が合意の履行に動けば、再び溝が現れる。テロ支援国の指定をはずすかどうか、重油などの支援を広げるかどうか。今回の日米連携の確認は、そこまで踏みこんだものではなさそうだ。

 首相と大統領は「揺るぎない日米同盟」をうたい、それを象徴するバッジをおそろいでつけた。演出は結構だが、今後はその内実が問われることになる。

2007年04月29日(日曜日)付 朝日新聞社説

 朝日はドサクサに紛れて“慰安婦は、単なる歴史的事実の問題”などとのたまっていますが、いつから「20万人強制連行性奴隷説」が“歴史的事実”になったのか。

 そもそも“問題が大きくなったきっかけ”は朝日新聞が吉田清治の捏造証言を大々的に取り上げ、その後も悪意に満ちた偏向報道を繰り返したからではないか。“「当初定義されていた強制性を裏付ける証拠がなかった」”という事実も、当時から存在していたにもかかわらず、この朝日新聞の一大ネガティブキャンペーンによって無視され、河野談話まで引き出したとなれば、この新聞の罪深さがわかるというものです。

 その後、国内ではこの朝日新聞によるすべての捏造が完全否定され、“国内で批判されても意に介さない”状態となったわけですが、反面、米国では“直ちに謝罪する”事態となってしまいました。ここで朝日新聞の言葉を借りるとすれば、

 “だが、このやりとりは実に奇妙である

 真に米国に謝罪すべきは、首相ではなく、朝日新聞ではないのか。自ら発したデマによって、日本政府がいわれもない非難を受け、不必要な謝罪を表明する羽目に陥ったというのに、このクソ新聞はそれに責任を感じることなく、まるで人事のように論じ、それを利用して首相批判するとはいったいどういうつもりなのか。

 今回の降って湧いたような慰安婦騒動は対北朝鮮政策において同調する日米同盟に“溝ができていた”と演出する為の工作活動であることは間違いありません。

 しかしながら、強気に出ていた安倍首相が訪米前にあっさりと“おわび”を表明し、すべての重要事項における同意に達したとなれば、これは完全失敗に終わったと見ていいでしょう。

 朝日新聞は“北朝鮮が合意の履行に動けば”というアリもしない前提を語っていますが、対外カードが核しかない北朝鮮が、その核を手放すはずがありません。

 今回で北朝鮮のターンは終了し、日米同盟のターンが始まります。“合意不履行ならば強硬手段”という考えで一致した日米の今後の対応が注目されます。

朝日新聞が謝罪しろ!と思う方はクリック!(人気blogっランキングへ)

|

« 盗人に追い銭 | トップページ | 評価されるべき人達 »

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

コメント

安倍首相が慰安婦に対する同情心の発言に対しブッシュ米大統領は、反論することなく受け入れると表明しました。これにより韓国が騒ぎたててる慰安婦問題が沈静化し、米国下院での謝罪要求決議案通過の見通しが不透明になったようです。
また、日米同盟がいっそう強化されるといったように安倍外交は成功裏に終わりました。
安倍外交の成果に朝日新聞はイラ立ちを隠せない気持ちがよく出ている社説ですね。
シンゾー、ジョージ共同演出による大芝居が大成功したと言えるでしょう。

投稿: 一庶民 | 2007年4月29日 (日) 16時19分

「朝日は廃刊にしろ」!にクリック。
普通の神経では有りません。物凄い、製造責任どころか、賞味期限も切れた製品をラベルを裏返して、再生品として使う神経、日頃「良心~良心」と気軽に売ってる癖がこんな所で出るんでしょう。
「北朝鮮が合意を履行すれば」、する訳無いだろう。呆れた新聞紙です、昨日も近所で拡販に来ていた様ですが~「読売」新聞と言われて「サイン」する処だったと、向かいの奥さんが言って居ましたが。

投稿: 猪 | 2007年4月29日 (日) 17時45分

捏造の従軍慰安婦や朝日・TBS,韓国問題は、韓国中央日報・日本語版の”私の意見”カキコミでも、健全な日本人のみなさん熱く語ってます。こちらのブログなど非常に参考になってます。

投稿: ももちゃん | 2007年4月29日 (日) 18時44分

よくもまあ日本人を侮辱して平気なものだ、侮辱されてまだ購読している人の期が知れない、テレ朝によく朝日の記者が出ているが、何かに取り付かれたような顔しているよな。

投稿: 佐助 | 2007年4月29日 (日) 19時37分

(売春婦としての)慰安婦は、男性のみが国を守るために命を投げ出した当時に女性の協力のあり方の一つとして存在したのだと思う。むしろ女性の尊厳を守るために問題とされるべきなのは、戦時中あるいは占領中における相手国の民間女性に対する強姦であるのは自明である。日本を攻め立てている国々、なかでも韓国はかなりの重罪だ。
朝日の大嘘とどう向き合っていくか、国民いや世界的な問題として歴史に残し教科書に載せたらいいと思う。

投稿: ゼロ型 | 2007年4月29日 (日) 22時07分

朝日新聞の勧誘で非常に不愉快なことがありました。5年前、引っ越した時です。引越し先の下見に来た日から引越し当日、その後数日、チンピラ?労務者?風の勧誘員数名が日替わりで次々に現れ、「朝日」は取りません!ときつく断ると、「ば~~か」と捨て台詞。ポストに無断で新聞を入れて行くので、「持ち帰りください。」と張り紙をしていたら、逆切れされてしまい、「人の親切をあだで返しやがって!」
その後、右系ブログ等で朝日の悪行を知るにつれ、あれは在日だったのではないか?と思うようになりました。あんな勧誘員を使っているのはアカピらしい。。。

投稿: めるもちゃん | 2007年4月29日 (日) 22時55分

>慰安婦は、単なる歴史的事実の問題
>過去にどう向き合うかという現代の課題

これって、「現代の課題」を「歴史的事実」より優先させるべきである、ということなのでしょうか?
猛烈な暴論のように思うのですが、、、

歴史的事実の問題でない。
と言うことは、一切の反論反証を受け付けないということだと思うのですが。

投稿: pega | 2007年4月30日 (月) 08時28分

>首相が謝罪すべきは元慰安婦に対してではないのか。

朝日新聞よ、どうして日本の首相が「戦地売春婦」である元慰安婦に謝罪しなければならないの?謝罪すべきは朝日新聞ではないのか!朝日新聞は旧日本軍によって強制されたという「従軍慰安婦」をでっち上げ、「旧日本軍の強制性」が否定されると、社説で「いわゆる従軍慰安婦」とかわし、さらに単なる「元慰安婦」と逃げまわる・・・・朝日新聞は、自社の虚報記事に煽られて少なくともインターネットの世界では「慰安婦の証言の矛盾」などと晒され、大恥をかかされている元慰安婦の連中に「踊らせてごめんなさい!」と謝罪すべきではないのか?謝罪すべきは朝日新聞、お前さんだよ!!
>>慰安婦の矛盾する証言
Comfort woman gives contradictory testimony
http://www.occidentalism.org/?p=531
>従軍慰安婦の証言のウソ
http://karutosouka1.hp.infoseek.co.jp/ianhu.htm

投稿: 平凡な一国民 | 2007年4月30日 (月) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞が謝罪しろ:

» 日米首脳会談ー両国が必要な時期に開催された [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
 27日、日米首脳会談がキャンプデービットで開催され、日米同盟の強化を確 認、北朝鮮問題についても一致協力して取り組むことが明確にされ、安倍首相にとっては首相就任後の初訪米としてはほぼ当初の目的は果たしたようである... [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日) 18時40分

« 盗人に追い銭 | トップページ | 評価されるべき人達 »