« わかりやすい偏向報道⑫ | トップページ | 資金移管の責任は? »

2007年4月13日 (金)

気持ち悪い社説

さすがは御用聞き新聞。

温首相演説-日本への評価を歓迎する

 北京の日本大使館や上海の総領事館に反日デモが押し寄せたのは、ちょうど2年前の4月だった。石やペンキ、ペットボトルなどが投げつけられ、日本では反中国の感情が広がった。

 そんな悪夢のような出来事も頭に浮かんでいたのではないか。中国の温家宝首相は日本の国会の演壇から、テレビの生中継を通じて両国民に語りかけた。

 両国民が2千年の間、互いに学びあいながら発展してきたことや、子々孫々にいたる友好の大切さが語られた。

 とりわけ注目されたのは、中国侵略に対する戦後の日本の態度について、次のように述べたことだ。

 「日本政府と指導者は何回も歴史問題について態度を表明し、侵略を公に認め、被害国に対して深い反省とおわびを表明しました。これを、中国政府と人民は積極的に評価しています」

 日本が謝罪したことを、これほど明快に評価したことは、画期的なものとして歓迎したい。

 思い出すのは98年の江沢民前総書記の来日だ。「歴史問題は十分議論したという考えがあるが、この見解に反対だ」。江前総書記は滞在中に歴史問題を繰り返した。00年に来日した朱鎔基前首相も「日本はすべての公式文書の中で一度も中国に謝罪していない」と述べた。

 日本からすれば、何度も謝っているのに、という思いがあり、それが中国への反発につながった。

 温首相の発言は、侵略と謝罪をめぐるこうしたわだかまりや論争に区切りをつけたいと両国民に訴えたものだろう。

 また、温首相は「中国の改革開放と近代化建設は日本政府と国民から支持と支援を頂きました。これを中国人民はいつまでも忘れません」と述べた。

 長年にわたる中国への日本の援助に対し、感謝を述べたに等しい。中国では、こうした事実を初めて聞いた人も多かったに違いない。

 改革開放への支援を高く評価した背景には、中国が深刻な環境汚染や資源不足に直面し、日本の協力を必要としている事情があるのは間違いない。

 そうだとしても、相手を批判するだけでなく、評価すべきところは評価しようという態度に変わった意味は大きい。

 温首相の訪日に合わせ、中国では日本を客観的に見ようという報道やテレビ番組も増えている。

 一方で、温首相は日本側に注文もつけた。歴史問題で「態度の表明と約束を実際の行動で示されることを心から希望しています」と述べたのは、靖国神社に参拝しないよう安倍首相に改めて求めたものだろう。

 いわれるまでもなく、首相は思慮と分別を見せるべきである。

 安倍首相は年内にも訪中する意向を表明した。相互理解を深めるため、今度は首相が中国から両国民に語りかけてはどうか。

2007年04月13日(金曜日)付 社説

 領事館といえば日本の領土も同じだ。それに対して手前のとこの民度の低い馬鹿どもが“石やペンキ、ペットボトルなどが投げつけ”たのに謝罪の一つも無いとはどういうことだ。日本の謝罪を評価する前に、まずは自分達が犯した非礼を詫びる方が先だ。

 朝日新聞も“日本が謝罪したことを、これほど明快に評価したことは、画期的なものとして歓迎”って馬鹿にするのもいい加減にしろ。

 何が“明快に評価”だ。ただ単に“中国が深刻な環境汚染や資源不足に直面し、日本の協力を必要としている事情”を背景に、これまでの強硬路線から柔軟路線への切り替えに伴い、今まで勝ち取った成果をただ確認しただけじゃないか。

 朝日新聞は“侵略と謝罪をめぐるこうしたわだかまりや論争に区切りをつけたいと両国民に訴えた”とか抜かしてますが、私には過去の強硬路線によって得た成果を中国国民に披露しているようにしか見えない。中共にとっては成果であっても、日本にとってはただの屈辱でしかない。

 “「中国の改革開放と近代化建設は日本政府と国民から支持と支援を頂きました。これを中国人民はいつまでも忘れません」”と語ったそうだが、本当に“相手を批判するだけでなく、評価すべきところは評価しようという態度”をとるならば、まずは日本が満州国に投じた資産によって重工業が発達し、日本統治時代に中国沿岸地域に投資されたインフラが、どれだけその後の発展に役に立ったかを語らねばならない。そして戦後日本がその資産をすべて放棄したことを心から感謝しなければならない。

 最後に“「態度の表明と約束を実際の行動で示されることを心から希望しています」”と靖国参拝に注文を付けたそうだが、勝ち逃げは絶対に許さない。2008年の五輪成功には日本の協力は不可欠だ。安倍首相はまずは靖国参拝という実際の行動で日本の意思をはっきりと伝え、訪中した際には“協力”を盾に、ケツに火がついた中共から過去すべての清算を要求せねばならない。本当の日中関係はそれから始まる。

こんな気持ち悪い社説を出すな!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« わかりやすい偏向報道⑫ | トップページ | 資金移管の責任は? »

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

コメント

>また、温首相は「中国の改革開放と近代化建設は日本政府と国民から支持と支援を頂きました。これを中国人民はいつまでも忘れません」と述べた。

嘘つけ。ODAをはじめとする日本の支援を人民に隠しているくせに。

投稿: も | 2007年4月14日 (土) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気持ち悪い社説:

» 温家宝訪日 中共の微笑外交に釣られるな! [ぼやきくっくりFC2版]
★クリックお願いします★ご面倒でなければこちらも→ 【こちらはミラーです。トラバは受け付けていますが、コメントは本館へお願いします。 本館はこちら→http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/】 「日本よ... [続きを読む]

受信: 2007年4月14日 (土) 03時13分

» 自由・平等・独立のために平和を捨てるのが民主主義! [Empire of the Sun太陽の帝国]
 昨日「国民投票法案」が衆院を通過し・今国会で成立することが確実になった。  1 [続きを読む]

受信: 2007年4月14日 (土) 17時21分

« わかりやすい偏向報道⑫ | トップページ | 資金移管の責任は? »