« 自由と繁栄の弧 | トップページ | 拉致被害者を切り捨てろ »

2007年4月30日 (月)

工作員の主張

馬鹿なことをいうな。

加藤・山崎氏が中朝国境を視察、対話の必要性を強調

 【延吉(中国)=加藤理佐】中国訪問中の自民党の加藤紘一・元幹事長、山崎拓・前副総裁らは29日、北朝鮮との国境近くの吉林省延吉市を訪れ、日系企業や国境を流れる図們江にかかる図們大橋を視察した。

 加藤氏は記者団に「北朝鮮と日本が自由に行き来できるようになれば、北朝鮮の体制、社会、経済はガラリと変わる。核や拉致の問題があるが、小泉前首相がやったように交流することで事態は動く」と述べ、日朝間の対話の必要性を訴えた。

(2007年4月29日22時40分  読売新聞)

 テロリストどもを日本に引き入れていったいどうするつもりなのか。

 北朝鮮の体制、社会、体制をガラッと変えたいのならば、戦後半世紀以上過ぎても居座っている奴らを全員強制帰還させれば済むことだ。これ以上、不幸な日本人を作り出す必要はまったく無い。

工作員は黙ってろ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 自由と繁栄の弧 | トップページ | 拉致被害者を切り捨てろ »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

工作員は引っ込んでいろ! その通り。
おまはんら テロリストに打ちそろって寝首をかき切られればいいではないか。

投稿: 駱駝 | 2007年4月30日 (月) 22時32分

今朝の産経(大阪)の一面に岡山大学の三井秀也講師が、糖尿病などで足が壊死する「難治性潰瘍」にハエの幼虫を患部に包帯で固定して(つまりハエのウジ虫に壊死した患部を食べさせる)「マゴットセラピー」という治療法を行ったところ、9割の患者が足を切断せずに済むという高い効果が認められていうことが分かったそうです。http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070501/wdi070501000.htm

これからはウジ虫などといってはいけません。しかし、人間の「幼虫」は使い道があるのですかね。

投稿: weirdo31 | 2007年5月 1日 (火) 09時12分

ちなみに蛆やフンコロガシが汚い物食べて平気なのは
体から消毒薬を出したり胃腸から自前の胃腸薬を
合成しているのでとても高い自浄作用を
持っているからなんですよね・・・

投稿: 新米熱湯翼 | 2007年5月 1日 (火) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 工作員の主張:

» 中国・台湾へ圧力強化! [ネトウヨのブログ]
 中国が台湾への圧力を強めはじめました。  いくつか関連ニュースをご紹介します。 まずはIZAより。 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/49623/ 【北京=野口東秀】2008年北京五輪の聖火リレールートが正式発表された直後に台湾側が拒否した問題で、北京五輪組織委員会の蒋効愚・副会長代理は27日、記者会見し、ルート変更に応じる考えはないことを示唆した。同氏はルートをめぐり中台間で合意した“証拠”の文書を示しつつ、今月20日になって台湾側が突如、ルート変... [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 02時02分

« 自由と繁栄の弧 | トップページ | 拉致被害者を切り捨てろ »