« 毎日の擁護記事 | トップページ | 不思議な社説 »

2007年4月20日 (金)

理解に苦しむ人たち

結局やるのかよ。

在米韓国人団体、慰安婦巡る集会を首相訪米時開催

 韓国出身の学生による銃乱射事件を受け、従軍慰安婦問題に関連した活動を自粛する方針を明らかにしていた在米の韓国人団体「121連合」は18日、4月下旬の安倍首相の訪米時の集会は開催する方針を明らかにした。

 同団体の計画によると、安倍首相が訪米する26日、ワシントン郊外のホテルで集会を開く。従軍慰安婦問題で日本の首相の公式謝罪を求める米下院の決議案を提案したマイク・ホンダ議員や元慰安婦の女性2人の出席を予定している。

 同団体の関係者は17日、「すべての予定をキャンセルした」と語ったが、この集会は実施する方針に転じた。

2007年04月19日21時15分 朝日新聞

 まさか彼らがここまで空気の読めない人たちとは思いませんでした。

 普通に考えればあのような事件の直後で韓国人への敵対心が高まっているときに、このような集会を行えば逆効果になることは誰の目から見ても明らかです。まったく理解に苦しむ人たちだ。

 やはり永遠の被害者は永遠のままのなのか…。

【4月19日】韓国は33番目の犠牲者

025293615197017229  

 

 

 

 

 

 

 

 米バージニア工科大学で16日午前(現地時間)、銃乱射事件が発生し32人が死亡、捜査当局は韓国出身のチョ・スンヒ容疑者(23)の犯行だったと発表した。なお、チョ容疑者は犯行後自殺した。

 このニュースが流れる中、暗い表情で行き交う市民たち。

 「どうしてよりによって韓国出身の学生が…」

朝鮮日報/朝鮮日報JNS 記事入力 : 2007/04/19 08:36:20

 自国民が引き起こした凶悪な事件に対して、韓国人があたかも被害者であるかのように振舞うことは「米国民を傷つけるだけでなく、人類普遍的な価値を否定するものだ」。韓国人は自らの非を認め、米国民すべてに対して心から謝罪を行うべきである。

理解に苦しむ人たちだ!と思う方はクリック!(人気bllogランキングへ)

戦わずして勝つということか。

自民党の歴史教育議連、訪米中止 産経新聞

|

« 毎日の擁護記事 | トップページ | 不思議な社説 »

南朝鮮」カテゴリの記事

コメント

朝日新聞が煽っているように見えます。
第一報で否定的報道がなされ、これはその修正版です。

職務に熱心とはいえ、この状況で、このような質問をする朝日新聞記者そして2度にわたり紙面に載せる判断をする編集部は非常識。首相にアメリカで恥をかかせ、日本の恨みをアメリカで晴らす目論見を是が非でも実現したいとしか見えません。


投稿: アンチ朝日 | 2007年4月20日 (金) 09時05分

ゴーリキーさん、こんにちは。
在米韓国人のデモですが、もうやらせておけば良いと思いますね。
墓穴を掘る、自爆する・・・その意味では自分たちで自分たちの足を引っ張ってくれるので、声の大きさによって特定の対象を貶めながらも、自分たちはそれ以上に堕ちていく。
今回は韓国人が多くの米国人を射殺していますから、「韓国人の敵は味方」「日本も気の毒だな、昔のことで責められて」・・・となる可能性が高いですね。
自分も他人も「恨」思想で貶めていく朝鮮人というのは、もしかしたら人類の持つ負の精神を一身に具現している象徴的な「汚塊」なのかもしれません。

投稿: ナルト | 2007年4月20日 (金) 13時43分

どうしてよりによって韓国・・・w


残虐ですからw

投稿: 京 | 2007年4月21日 (土) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/14779998

この記事へのトラックバック一覧です: 理解に苦しむ人たち:

« 毎日の擁護記事 | トップページ | 不思議な社説 »