« 朝日新聞が謝罪しろ | トップページ | 自由と繁栄の弧 »

2007年4月29日 (日)

評価されるべき人達

自衛隊員の葬送式に参列したのも初めてなら、海外派兵の自衛隊部隊を視察したのも初めてだそうです。

海自インド洋部隊を初視察=「最高司令官として誇り」と激励-安倍首相

 【アブダビ29日時事】アラブ首長国連邦(UAE)を訪れた安倍晋三首相は29日午後(日本時間同日夜)、アブダビで、テロ対策特別措置法に基づきインド洋で給油支援活動を行っている海上自衛隊部隊を視察した。現職首相が、海外に派遣された海自部隊を視察したのは初めて。首相は「最高指揮官として、わが国の評価を世界に知らしめてくれる諸官らを大変誇りに思う」と隊員を激励した。
 視察したのは補給艦「はまな」と護衛艦「すずなみ」。首相は「はまな」の甲板上で訓示し「就任以来、海外で活動する部隊をぜひ訪問して、直接労をねぎらいたいと考えてきた」と視察の目的を強調した。

2007/04/29-21:47 時事通信

 戦後最年少の首相として、安倍首相はもっとその行動力をアピールしたほうがよさそうですね。特に長年サヨクからいわれなきバッシングを受けてきた自衛隊員に対する配慮にはすばらしいものがあります。

それに引き換えこいつらときたら…。

メーデー大会で首相批判

「頑張ろう」と、気勢を上げる社民党の福島瑞穂党首(右から2人目)ら。福島党首は「戦争のできる国にしようとする安倍内閣と対決しなければ労働者の未来はない」と訴えた

(28日午前、東京・代々木公園) 【時事通信社】

 これが長年自衛隊員を日陰の存在に陥れた奴らの末路です。今年の参院選でキッチリ引導を渡してやらねばなりません。

自衛隊員はもっと評価されるべきだ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 朝日新聞が謝罪しろ | トップページ | 自由と繁栄の弧 »

国内政治」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、よろしくお願いします。

>「戦争のできる国にしようとする安倍内閣と対決しなければ労働者の未来はない」
そこにどのような繋がりがあるのか、謎な発言ですね。

話はずれますが、私の大学でも新入生を対象に中核派等の学生運動団体が活動をはじめてます。
うちの大学は学生自治会も筋金入りの㊧(この前は井筒監督を講演に呼んでました)。
あんなやり方では洗脳される人は少ないとは思いましたが、見ていて不愉快と言うか、おぞましいものがありました。
(´・ω・`)<スネカジリのクセに一端に立派ぶりやがって
とw

投稿: アンカー | 2007年4月30日 (月) 01時36分

「戦争のできる国にしようとする・・・」
左翼がよく使うフレーズですね。
では、左翼は誰のために日本を戦争ができない国にしようというんでしょうか?
やっぱり宗主国(中朝韓)のため?
それとも、じつは日本を押さえ込んでいたいアメリカのため??
いずれにしろ外国の走狗であることは間違いないですな。

投稿: imo | 2007年4月30日 (月) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 評価されるべき人達:

» 安倍内閣は即刻・退陣せよ!憲政の常道に従って [Empire of the Sun太陽の帝国]
 今回の安倍首相のアメリカ訪問での謝罪発言は誠に遺憾である。  「強制連行はなか [続きを読む]

受信: 2007年4月30日 (月) 16時33分

« 朝日新聞が謝罪しろ | トップページ | 自由と繁栄の弧 »