« 米が全面譲歩 | トップページ | 気持ち悪い社説 »

2007年4月12日 (木)

わかりやすい偏向報道⑫

だからどうしたっての。

慰安所設置は軍の指示

日本占領のインドネシア

 【ベルリン11日共同】太平洋戦争中にインドネシアのバタビア(現ジャカルタ)で慰安所を運営、売春を強制したとしてオランダによる戦犯裁判で有罪判決を受けた日本人が判決の中で、占領地の軍政当局である軍政監部からの指示で民間人用の慰安所を設置したと事実認定されていたことが11日までに明らかになった。当時の判決文に記されていた。

 安倍晋三首相が否定する強制連行など「狭義の強制性」を裏付けるものではないが、軍が慰安所設置に直接関与したことを示す新たな史料として注目される。

 国立国会図書館が3月に公開した靖国神社の資料によると、この日本人は民間人で服役中に死亡。靖国神社と厚生省(当時)は1967年、慰安所名や「婦女子強制売淫」の罪名を挙げた上で、戦死者と同様に合祀を決定していた。

2007年04月11日 16:59 【共同通信】

 共同通信はわざと慰安所を特定できる名称を外しているようですが、バタビアの戦犯裁判で日本軍が裁かれたインドネシアの慰安所といえば、スマラン慰安所、白馬事件とみて間違いないでしょう。

 あの有名な吉見教授もその著書の中でこの事件を取り上げており、特段“新たな史料”として注目される価値は無いと思われますが、いったい何を根拠に共同通信がこれを“軍が慰安所設置に直接関与したことを示す新たな史料”としたのかは全く持って謎です。

 当時スマランには既に慰安所があったが性病の蔓延から新たな慰安所の設置が計画され、4つの慰安所(将校倶楽部、スマラン倶楽部、日の丸倶楽部、青雲荘)が設置されました。

 スマラン慰安所の事件はその設置に伴って起こったわけですが、吉見教授の著書にはこの事件の詳細について以下の通り記述があります。(慰安婦問題 対日非難は蒸し返し) 産経新聞より

  1. 軍司令部は慰安所では自由意思の者だけ雇うようにはっきり指示していたが、同将校たちは無視した。
  2. 連行された女性の父のオランダ人が日本軍上層部に強制的な連行と売春の事実を報告したところ、すぐにその訴えが認められ、現地の第16軍司令部はスマラン慰安所を即時、閉鎖させた。
  3. 同慰安所が存在したのは2カ月だった。
  4. 主犯格とされた将校は戦後、日本に帰っていたが、オランダ側の追求を知り、軍法会議の終了前に自殺した。

 つまり、このオランダの裁判記録とは、強制的に売春に従事させることは日本軍も禁じた行為であり、訴えがあったことで実際に問題のあった慰安所自体を閉鎖していた事を証明したものなのです。

 本来ならば、これで韓国人慰安婦が主張しているような、“日本軍が組織的にアジア全域で20万人を強制連行し、性奴隷にした”などという証言は、明らかに妄言だと否定できるわけですが、そうはならないところがサヨクマスコミの不思議さです。

 そうはならなどころか、慰安所が性病の蔓延を防ぐという衛生上の問題から設置されたものであり、尚且つオランダ人捕虜にって行われた“連行と売春の事実の報告”を即座に認め、慰安所を2カ月で閉鎖したことや、既に吉見教授の著書において取り上げられていることなどを“あえて報道しない”上で、“新たな史料”“軍の関与”だけを強調するから始末に終えません。

 過去、いわゆる従軍慰安婦問題はこうやって創られて来た。マスメディアによって情報が完全に管理されていた昔ならいざ知らず、ネットワークの発達によって情報の寡占状態が崩れて来た現在において、これ以上奴らの好きなように加工され、事実が歪められた情報に惑わされる必要は無い。

 そして奴らの悪行はネットワーク上に永遠に残される。サヨクマスコミはいつかはこの責任を取らなければならない時が来る事を忘れてはならない。

サヨクマスコミは責任を取れ!と思う方はクリック! (人気blogランキングへ)

 かつてインドネシアでは高木健一弁護士らによって大々的に慰安婦登録が呼びかけられたことがありました。このとき、日本政府から200万の補償が得られるとして、ジャワに駐屯していた日本兵(2万人)を超える、2万2千人の“自称”慰安婦が集まりました。

 そして、当時元慰安婦の証言として紹介された番組では、“朝鮮人”と答えたインタビューが“日本人”と故意にテロップを書き換えられ、慰安所の経営者が朝鮮人であったことを意図的に隠したりしたのです。

 こういったサヨクの工作を見た当時のインドネシア政府のスエノ社会大臣は。すぐにマスコミ関係者を集め、次のような見解を発表しました。

  1. インドネシア政府は、この問題で補償を要求したことは無い。
  2. しかし日本政府(村山首相)が元慰安婦にお詫びをしてお金を払いたいと言うので、いただくが、元慰安婦個人には渡さず、女性の福祉や保険事業のために使う。
  3. 日本との補償問題は、1958年の協定により、完結している。

「従軍慰安婦」 問題(下)~仕掛けられた情報戦争~より 国際派日本人養成講座

 これが良識ある国の良識ある対応です。補償補償と繰り返し、謝罪しても謝罪してもことあるごとに蒸し返して糾弾するかの国の人たちと日本のサヨクにも見習っていただきたいものです。

インドネシア政府の対応を見習え!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 米が全面譲歩 | トップページ | 気持ち悪い社説 »

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

共同通信」カテゴリの記事

慰安婦捏造」カテゴリの記事

コメント

左翼マスコミは自国を陥れる事がそんなに楽しいんですかね?事実を歪曲、捏造し誤報を国民に伝える事を唯一の仕事だと勘違いしてるのでしょうか?私の周りにも所謂従軍慰安婦問題、南京大虐殺等を「過去にあった真実の歴史」と思っている人が沢山おります。それらを考えても左翼マスコミの影響力、罪の重さは測り知れないものがあると思います。管理人様が仰るように既存のマスコミ達は、インドネシア政府の爪の垢でも煎じて飲んでみろ!って言ってやりたいです。

投稿: 七生報国 | 2007年4月12日 (木) 10時11分

インドネシアの対応はホントにすばらしいとおもいます。
日本政府からお金をもらっても個人に渡さないことは国を護ることになるからです。
慰安婦になったというだけで有り余るお金をもらえたら人は労働をしません。
簡単にお金をもらえるようになったら人は働く意欲を失い国が滅びます。
韓国はそうやって国を滅ぼしていくのです。
インドネシア政府の考えはすばらしいと思います。

投稿: いざぞう7 | 2007年4月12日 (木) 18時31分

ここで報道されているのは先に靖国合祀で注目された「櫻倶楽部」のオーナーの事例ですよ。彼は戦争犯罪人として投獄され、獄死しています。

投稿: gedol | 2007年4月13日 (金) 23時01分

ごめん、切れた。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2007041202008019.html

コレによると43年に設置の指示を受け、46年に判決を受けている事になってるので、白馬事件とは微妙に違う様な気が。

投稿: gedol | 2007年4月13日 (金) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わかりやすい偏向報道⑫:

» 『朝日新聞のトンデモ読者投稿』に寄稿しました [朝日歌壇鑑賞会【今週の作品】]
 朝日新聞を三度の飯より愛する2ちゃんねるマスコミ板住人が心待ちにしていた話題の新刊本、いよいよ明日(2007/4/13)晋遊舎より発売されます。  Amazonでもすでに予約注文が始まっています!! 朝日新聞のトンデモ読者投稿(単行本) 朝南 政昭 (著) ←表....... [続きを読む]

受信: 2007年4月12日 (木) 20時59分

» 韓国:中央日報の捏造報道(慰安婦問題) [白雲]
「慰安婦募集から運営まで日本政府がすべて介入」米議会報告書 安倍晋三日本首相の慰安婦強制動員証拠不足発言に正面から対抗する米議会調査局(CRS) 報告書が最近発刊され、下院の慰安婦決議案上程を前に米議員たちに配布された事実が9日、確認された。 CRSは報告書を通じて、日本政府と日本軍の慰安婦強制動員に介入した証拠はあり、日本軍が慰安婦女性募集から慰安所運営まですべての段階に介入したと指摘した。CRSは米軍がミャンマーでつかんだ20人の韓国人出身慰安婦の証言とホルスアンダーウッド博士が米... [続きを読む]

受信: 2007年4月12日 (木) 23時25分

» 慰安婦に組織的強制徴用なし! [ネトウヨのブログ]
 米国議会調査局が、日本の組織だった慰安婦の強制徴用は存在しなかったとの見解をはっきりと示しました。  産経新聞より転電いたします。  特に重要な点は、筆者が太字にし、下線をひいています。 http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070412/usa070412000.htm 「組織的強制徴用なし」 慰安婦問題 米議会調査局が報告書  【ワシントン=古森義久】米国議会調査局は日本の慰安婦問題に関する決議案に関連して議員向けの調査報告書をこのほど作成した。同報告... [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 02時16分

» 国民投票と戦争 [勝手なニュース]
このままだと日本は戦争をしてしまうだろう・・・ 国民投票法案のニュースでもう一度確認する事が出来ましたが、今の日本は与党も野党も両方ダメですね。 法案が通る通らない以前の問題だ。 混乱の中で、激しい... [続きを読む]

受信: 2007年4月13日 (金) 17時24分

« 米が全面譲歩 | トップページ | 気持ち悪い社説 »