« 米国慰安婦騒動の終焉 | トップページ | 野党による言論弾圧 »

2007年4月18日 (水)

朝鮮人の民族性

犯人が韓国人で無ければ問題にすらされなかっただろう。

米大学乱射:ソウル新聞の漫評に非難殺到

 米バージニア工科大学で起きた最悪の銃乱射事件を風刺したソウル新聞の漫評に非難の声が高まっている。

 ペク・ムヒョン氏が描いたこの漫評には、ブッシュ大統領がブリーフィングで「一発で33人…これでわが国の銃器技術の優秀性をもう一度…」と述べる場面と犯人が銃を乱射する場面が描かれていた。18日付新聞が販売される前にこの漫評がインターネット上に流布し、ものすごいスピードでブログや掲示板などに広まった。

 インターネットユーザーらは「どうして死をもって悪ふざけができるのか」(ID:四角い箱)「罪のない市民が殺害された事件を皮肉る漫評を描いたペク画伯とこれを無意識に記事化したソウル新聞、どちらも責任を取るべきだ」(ID:謝れ)という非難の書き込みをソウル新聞ホームページの掲示板やポータルサイトなどに相次いで寄せている。

 一部では、この漫評が外交問題に飛び火する可能性も取り沙汰されている。反韓インターネットサイトがこの漫評を「Caricuture of Korean」というタイトルで翻訳し、海外のサイトに流しているからだ。英語では「The life of 33 people killed at a time…Our Excellence of firearm technology was shown again」と訳されている。特に日本のサイトでこの漫評と英語の解説が広まっており、ネットユーザーらは不安に思っている。ネットユーザー「onesuc」は「漫評がすでに米国のニュースサイトに広まっており、米国にいる日本人学生らは今、この絵を周囲の人に回すのに忙しい。一方、韓国人学生らは外出もままならない状態だ」と語った。

 ソウル新聞側は17日午後9時ごろ、ホームページに掲載したペク画伯の漫評を「衝撃、容疑者は韓国人」に差し替えた。配達用新聞にも差し替えられた後の漫評が掲載されている。

847659166329163706  

 

 

 

 

 

 

朝鮮日報/朝鮮日報JNS 記事入力 : 2007/04/18 17:47:44

 これが朝鮮人の民族性です。もし、犯人が韓国人で無ければ今頃問題にすらなっていなかったでしょう。

 この事実を知った人たちは、乱射事件によって死人が33人(犯人も含む)もでた米国史上最大で最悪の大惨事の犯人が韓国人であった背景には、このような風刺を平気で新聞に掲載しようとするその民族性にあると考えるだろう。

 これから米国で韓国人移住者がどのような扱いを受けてもそれは自業自得でしかない。けして他人のせいにする無かれ。

とうとう正体を現したな。と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 米国慰安婦騒動の終焉 | トップページ | 野党による言論弾圧 »

南朝鮮」カテゴリの記事

コメント

>米国にいる日本人学生らは今、この絵を周囲の人に回すのに忙しい。一方、韓国人学生らは外出もままならない状態だ」と語った。

韓国人学生がいつもやっていることだから、今回のことで日本人学生がやっているはずだ!ってことね・・・まさに下衆の勘ぐりの極みだね!

投稿: 平凡な一国民 | 2007年4月18日 (水) 23時44分

自分は悪くない。悪いのはすべて他人の朝鮮人メンタリティ。
こうなったのはお前のせいで犯人は朝鮮人と確信した。

韓国のマスゴミを見ると、自分達の心配ばかり、被害者への気遣いは全く見当たらない。
事件を揶揄する酷いマンガを新聞に掲載しながら、非難が殺到すると
韓国人は悪くない、広めたのは日本人学生と、とんでもない記事を掲載、
事件が起きた原因もアメリカの銃社会のせいと責任転嫁に躍起になっている。
問題と向きあわず、逃げてばかりの民族性丸出し。不愉快になる。

投稿: 自己反省 | 2007年4月19日 (木) 01時02分

この事件で馬○で無能なシーファー駐日大使も韓国人に対する洗脳が溶けるかも知れないですね。
如何に韓国人が世界で無法ぶりを発揮しているかの象徴した事件ではないか!一方日本ではカルト公明党は韓国人に対するビザ無し渡航を認めるなど悪政を行っている。
非常識極まりない政治屋集団。それは公明党。

投稿: Hatumagodekita | 2007年4月19日 (木) 08時04分

在日南朝鮮人のブログより
http://izanagi.iza.ne.jp/blog/entry/154757/

日本の大学で銃乱射すれば英雄になれたのに!
2007/04/19 01:36

今回の銃乱射事件で残念に感じることがあります。

銃乱射を日本の大学ですれば韓国人学生は英雄になれたのです。

伊藤博文を銃殺した安重根のように韓国で永遠に語り継がれる英雄になれたのです。

日本は植民地支配と侵略戦争そして従軍慰安婦性奴隷で100万人の韓国人の命を奪っています。

銃乱射で30人ほど銃殺したところで日本の犯した罪と比べるとあまりにも少なすぎます。

今回の銃乱射事件が日本で起こっていたならば韓国人学生は自殺することなく英雄として韓国に迎え入れられたことは確実です。

英雄になりそこなった韓国人学生の冥福をお祈りいたします。

投稿: けん | 2007年4月19日 (木) 08時59分

あるブログで今回の銃乱射事件に関し、「韓国人にとってアメリカは住みにくい社会・・・」といったようなことが書かれていました。この事件を起こした人間に対する同情の余地は全くありませんが、確かに韓国人や中国人にとってアメリカを含めた国際社会は多くの摩擦を生み出すものだと思います。それは彼等が自国の教育で、正しい歴史や世界の常識、共通の価値観等を正しく教えない結果です。特亜の連中は自らの生きる世界を狭くしているのです。その結果自分達の認識と違うことが発生すると混乱し、都合の悪い事は何でも他人のせいにするのでしょう。
改めて亡くなられた多くの若い皆さんのご冥福を心からお祈りいたします。

投稿: shudo | 2007年4月19日 (木) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/14756628

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮人の民族性:

« 米国慰安婦騒動の終焉 | トップページ | 野党による言論弾圧 »