« 戦勝国の驕り | トップページ | 対北金融制裁全面解除? »

2007年3月18日 (日)

正直でなく頭も悪い人々

あははは。これは面白い。

【コラム】正直でも頭が良いわけでもない「左派勢力」(下)

 左派勢力の最大の特徴は、自分たちが天変地異によって突然空から降りてきた、過去の歴史とは無関係な存在であるかのように振る舞うことだ。彼らには、今日の自分たちがあるのは、先人のおかげであるといった考えはみじんもない。伝統やたしなみ、良俗も時代後れの役に立たないものとして片付けてしまう

 また左派勢力は概して、まず全人類、それから第3世界、アジア、祖国と同胞、隣人、家族の順に愛すべきといった偽善を前面に打ち出すのが習慣となっている。目前の北朝鮮住民の人権には見て見ぬふりをしながら、ことあるごとに遠くイラクやパレスチナの人権問題に触れるのも、そうした偽善が原因だ。

 左派勢力はまた、思ったようにいかないことがあれば、何でも他人のせいにする。そうした意味で、韓国の左派勢力は元祖左派マルクス主義の忠実な後継者だといえる。

 マルクスはロンドンで『資本論』を執筆していたころ、3人の子供を肺炎や気管支炎、結核で失った。しかし葬儀屋が掛け売りしてくれなかったため、たった2ポンドの棺おけすら買うことができなかった。悲嘆に暮れたマルクスはこうした不幸がすべて資本主義のせいだと考えた。ところが後になって明らかになったことだが、当時マルクスには英国中流社会の3倍もの収入があったという。そのため不幸の原因は貧困ではなく、マルクスの経済感覚にあったと考えられる。

 かつて哲学者・社会学者・国際政治学者・経済学者などとして知られたレイモン・アロンという多才なフランス人学者がいた。そのアロンが紹介した左派識別法はとても明快だ。それは「正直でありながらも、頭の良い人は左派にはなれない」というものだ。言い換えれば、「正直な左派は頭が悪く、頭が良い左派は正直ではない」ということになる。

 1983年に亡くなったアロンが、もし現在の韓国を見たなら、「正直でなく、頭も悪い人間だけが左派になれる」というさらに分かりやすい識別法を提案していたかも知れない。

 盧武鉉政権の罪は、左派であることではない。頭が悪い上に、正直でもない左派であるから罪なのだ。そして身の程知らずにも、国のあらゆる政策について、ああでもないこうでもないと手を加えては、この国をここまで堕落させるという罪を犯した。

 今年一年、われわれにとって最大の課題は、正直でもないくせに頭まで悪い人々の代わりに、正直で頭の良い人々を見つけることにほかならない。

姜天錫(カン・チョンソク)論説委員

朝鮮日報/朝鮮日報JNS 記事入力 : 2007/03/18 18:01

 これは面白い記事ですね。非常にわかりやすくサヨクを分析しています。テンプレとしてそのまま利用できますね。

 サヨクとは“自分たちが天変地異によって突然空から降りてきた、過去の歴史とは無関係な存在であるかのように振る舞う

 日本のサヨクが国旗や国歌を拒否し、戦前の日本を全否定していることにもピッタリ当てはまりますね。サヨクの行動様式は万国共通のようです。

 サヨクとは“まず全人類、それから第3世界、アジア、祖国と同胞、隣人、家族の順に愛すべきといった偽善を前面に打ち出すのが習慣

 そのまんまですね。慰安婦問題には必死になるくせに、現在の北朝鮮の拉致問題や中国の農民抑圧は完全無視。地球市民は偽善者の代名詞です。

 サヨクとは“思ったようにいかないことがあれば、何でも他人のせいにする

 これもピッタリ当てはまります。何でもかんでもすべて小泉改革のせい。それも“不幸の原因は貧困ではなく、マルクスの経済感覚にあった”のに、何でも他人のせい。

 サヨクとは“「正直な左派は頭が悪く、頭が良い左派は正直ではない」”そして現在“「正直でなく、頭も悪い人間だけが左派になれる」

 中国も私有財産を認めた現在、過去の社会主義者によって残されたものは、すべての社会的実験が失敗した事実と、数億人にも及ぶ粛清という名の虐殺だけです。

 そしてそれでもサヨクを続けていく為には、“正直でなく、頭も悪い人間”になるしかない。

サヨクとは正直でなく、頭も悪い人間だ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

 

|

« 戦勝国の驕り | トップページ | 対北金融制裁全面解除? »

朝鮮日報」カテゴリの記事

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

ホント、サヨクのこういう性質って世界共通なんですね。
読んでいて途中まで外国の話とは気がつきませんでした。

投稿: 杉本 | 2007年3月18日 (日) 22時36分

ソ連が崩壊した段階で左翼ブサヨは自己批判し、宗旨替えを行うべきだったのです。壮大な実験が無残にも失敗で終わったにもかかわらず、左巻きは頭が悪い為に洗脳を自ら解放しなかった。共産主義・社会主義は人権を蹂躙なくして成り立たない。今現在もこのような輩が跋扈している。
支那、北、隠れ南。彼の国を良く観察すればこのイデオロギーの無残さが分かる筈。

投稿: Hatumagodekita | 2007年3月19日 (月) 18時37分

サヨク=頭が悪いor(and)嘘つき。なるほどと思いました。某新聞とか、某政党がまさに証明してますね。

投稿: きりま | 2007年3月19日 (月) 18時51分

 朝鮮日報には面白い人がいるんですね、しかも、慧眼にして練達の筆先、何処かの外国紙支局と揶揄される新聞社が持っているTV局で、口を開けば反日戯れ言を宣わって、高禄を喰んで居る連中に是非聞かせてやりたい「サヨクは正直でない上に頭も悪い」と、おまけに「性格も歪んでいる。」位付け加えて。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年3月19日 (月) 19時03分

私は長く政治理論を主に書いてきましたが、takayuuさまのこの記事を読み・やっと仲間を見出して嬉しく思います。
 保守と左翼の違いを明らかにするのは非常に大事です。
 「正直でなく・頭も悪い人間だけが左派になれる」
 というのは
 左派がIQ(単純な記憶力)だけの人間だからでしょう。
 EQ:縦横斜め・あらゆる角度から検証して真実を探る態度。
 が欠けているのです。左派には。

投稿: 柳生すばる | 2007年3月20日 (火) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/14304740

この記事へのトラックバック一覧です: 正直でなく頭も悪い人々:

» 左翼が支持されない理由 [真・時事評論]
 3月18日付けの朝鮮日報が、興味深いコラムを掲載していたので紹介します。  それは、『正直でも頭が良いわけでもない「左派勢力」』(上・下)、というタイトルで、左派政権である盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権を痛烈に批判しています。  内容を簡単に言うと、レイモン・アロンというフランス人学者の「正直でありながらも、頭の良い人は左派にはなれない」という言葉を用い、現在の韓国は「正直でなく、頭も悪い... [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 00時06分

» 浅野氏の支援者は真っ赤なサヨク [ネトウヨのブログ]
 以前のエントリーにおいて、東京都知事選に出馬した、浅野史郎氏の支援者の中には無防備運動の支持者もいることを指摘しました。  2ちゃんねるでも改めて指摘され、福島民友新聞をソースとする、ばぐ太記者のスレッドより転電します。 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1174274119/l50 1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2007/03/19(月) 12:15:19 ID:???0 ・22日告示の東京都知事選に... [続きを読む]

受信: 2007年3月20日 (火) 01時13分

« 戦勝国の驕り | トップページ | 対北金融制裁全面解除? »