« 売国法案成立を阻止せよ | トップページ | ネタにもならない話 »

2007年3月14日 (水)

水産庁と海保の連携

水産庁及び海保グッジョブです。

違法操業の韓国漁船4隻を拿捕・回航 水産庁と境海保

 水産庁境港漁業調整事務所と境海上保安部は13日、松江市沖16キロの日本領海で違法操業していた韓国のアナゴ漁船6隻を発見し、逃走した2隻を除く2隻を拿捕(だほ)、2隻を鳥取県・境港まで回航していると発表した。

 同事務所などによると、12日午後7時20分ごろ、海上保安庁美保航空基地のヘリコプターが、6隻を見つけた停船命令に従わず逃げたため、巡視船や取締船13隻と航空機3機で追跡し、韓国の排他的経済水域内で、「305ギルリョン」(11人乗り、77トン)を停船させ、ジュ・ヨンボム船長(42)を漁業法違反(監督官の検査拒否)の疑いで現行犯逮捕した。外国人漁業の規制に関する法律違反(違法操業)の疑いでも再逮捕する。残る3隻の操業責任者は境港に回航後、順次逮捕する。

2007年03月14日00時57分 朝日新聞

 韓国近海には一年間で1000万トン近くの陸上廃棄物が捨てられ、海洋汚染が深刻化しています。しかもこの海洋投棄は1988年に韓国において定められた法律によって合法的に行われており、その量も年々増え続けている。

 そしてコストが安いという理由だけで、長年安易に大量に捨てられ続けた結果、投棄場所に当たる海域は既に飽和状態を超え、重金属汚染が深刻になっており、特に中国も面している黄海においては海洋生物は壊滅的打撃を受けている。

 そういった意味において、日本の水産関係者によって管理されている日本海近海は韓国の盗賊漁民にとってパラダイスであり、その密漁が後を絶ちません。しかも密漁漁船はエンジンを3基搭載して高速化を図ったり、レーダーマストを高く改造したりして取り締まり船の接近をいち早く感知出来るようにしたり、自船を韓国のEEZ内におきながら漁具だけ日本側に設置するなど、手口を巧妙化しています。

 それに対して海上保安庁も近年に入り、老朽化した巡視船の入れ替え次々に行っています。境港に平成9年~16年にわたり配備されたPS型巡視船も速力が約40ノット以上と非常に高速化しており、韓国の違法改造漁船だけでなく、不審船対策も強化されている。

 また、悪質化・巧妙化している外国漁船の違法操業に対して、水産庁と海上保安庁は外国漁船取り締まり対策会議を定期的に行い、取締りに関する連携協力や情報の共有化を推進しており、その成果も現れつつあります。今回の違法漁船6隻のうち、4隻を逮捕できたのもその成果であり、悪質な不法操業を繰り返し、摘発が非常に困難な韓国大型トロール漁船に対しても効果を上げつつあります。

 韓国近海の漁業資源減少は人為的原因によるものが大きく、韓国漁民が日本近海で違法操業することに対して、それを正当化する如何なる理由も存在しません。水産庁と海上保安庁は今後も連携を強め、これらの海上に出没する盗賊どもを駆除し、日本国の財産を守っていただきたいものです。

水産庁・海上保安庁グッジョブ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

参考サイト

第八管区海上保安部

外国人漁業の取締り 海上保安レポート

|

« 売国法案成立を阻止せよ | トップページ | ネタにもならない話 »

朝日新聞」カテゴリの記事

韓国(その他)」カテゴリの記事

コメント

我々の気づかない場所で、日夜国を守る人々が頑張ってくれているんですね。
捜せば、まだまだ立派な公僕は存在するものです。
   ______________________


◎感謝状:城南町の猟銃発砲事件で女性かばい被弾

          県議会議長、近藤巡査部長に /熊本

 昨年11月、城南町で起きた猟銃発砲事件で、
女性をかばって被弾し重傷を負った宇城署の近藤弥亜(みつぐ)巡査部長(44)に
12日、松村昭県議会議長が感謝状を贈った。
7日に仮退院したばかりで、車いす姿の近藤巡査部長は
「これを機に、また一生懸命がんばります」と受け取った。

 事件が起きたのは昨年11月7日午前9時半ごろ。
同町阿高の塗装業、吉田諭被告(59)=殺人未遂罪などで起訴=が
同町鰐瀬の住宅兼事務所で、逃げようとする元妻を狙って発砲した。
現場に駆けつけた近藤巡査部長の目に飛び込んだのは、
再び元妻に向けて発砲しようと猟銃を構える吉田被告の姿。
「2発目を打たせるわけにはいかない」。
女性の前に立ち「殺人未遂と銃刀法違反の現行犯だ」と大声を上げた。

 「『怖い』という思いはなかった。
とにかく犯人の気を自分に向けさせようと思った」。
撃たれたのはその直後。
両足などに約100発の散弾を被弾した。
身につけていた防弾チョッキにも多数の散弾を受けた。

 吉田被告は救助に駆けつけた消防隊員らに向けても発砲。計6人が重軽傷を負った。
吉田被告は約1時間半後に投降し、現行犯逮捕された。

 「県民の生命、財産の保護に当たるのは、警官として当然の責務」と近藤巡査部長。
その右足には、今も約20発の散弾が残る。
リハビリで体力をつけた後に、再び摘出手術を受ける予定だという。【伊藤奈々恵】

http://news.livedoor.com/article/detail/3072146/

投稿: お笑いお花畑 | 2007年3月14日 (水) 16時29分

「韓国近海には一年間で1000万トン近くの陸上廃棄物が捨てられ、海洋汚染が深刻化しています。しかもこの海洋投棄は1988年に韓国において定められた法律によって合法的に行われており、その量も年々増え続けている。」

知りませんでした。
ありがとうございます、勉強になりました。
益々海産物を食べるときに悩むなぁ・・

投稿: いちごGT | 2007年3月18日 (日) 03時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水産庁と海保の連携:

« 売国法案成立を阻止せよ | トップページ | ネタにもならない話 »