« だからどうした | トップページ | 正常な日韓関係 »

2007年3月30日 (金)

リーチがかかった根津公子

サヨク教師の断末魔が聞こえる。

「君が代」不起立、最高で停職6カ月 都教委処分

 今月の東京都立学校の卒業式で「君が代」斉唱時に起立しなかったなどとして、都教育委員会は30日、教員35人を懲戒処分したと発表した。このうち町田市立中教諭の根津公子さん(56)は、懲戒免職に次ぐ停職6カ月都教委は03年10月に起立斉唱を義務づける通達を出しており、94年以降の卒業式で不起立を理由に処分を受けた教員は延べ314人となった。

 都教委によると、処分者は昨春より2人増えた。不起立を繰り返すほど処分は重く、今回初めてだった20人が戒告、2回以上繰り返した12人を減給とした。通達以降、不起立を続けている根津さんのほか2人が停職になった。戒告を受けた20人のうち、定年後の再雇用選考に合格していた2人は合格を取り消した。

 06年に受けた停職処分の取り消しを求めて東京地裁で係争中の根津さんは、「覚悟はしていたが余りに重い。次は免職かもしれないが、教員生命をかけて強制に反対していきたい」と話した。

2007年03月30日19時37分 朝日新聞

 先日、“「伴奏を指示した校長の職務命令は、思想・良心の自由を保障した憲法に違反する」”として訴えていたサヨク教師に対して、最高裁は“「公共の利益のために勤務する公務員は、思想・良心の制約を受ける」”と判断し、都教委の通達を受けて校長がサヨク教師に出した職務命令を合憲とした上で教諭の上告を棄却し、教諭の敗訴が確定しました。

 そのことから言っても今回の都教委の処分は至極当然のことで、何の問題もありません。都教委の通達が最高裁によって合憲と判断された後もなお不起立を貫き通した35名の教師は、さしずめ筋金入りの反体制主義者といったところでしょうか。

 さすがにその反体制主義者の代表格である“町田市立中教諭の根津公子さん(56)”も今回ばかりは覚悟していたらしいですが、懲戒免職一歩手前の停職6カ月という処分をうけてしまいました。

 “不起立を繰り返すほど処分は重く”なるそうですから、来年の春には他の2人とあわせて、めでたく免職処分となることは間違いでしょう。

 こういった事件を見る度に思うことなんですが、彼らの行動様式を見る限り、こういった反体制主義者にとって人の良心や遵法精神なるものはあくまでも“利用するもの”であって、“自分達が守るべきもの”だとはこれっぽっちも考えていないことが良くわかります。

 もとより授業なんぞそっちのけで日教組活動にいそしみ、日本人として最低限の決まり事も守れないような彼らのことですから、いなくなったところで学校運営に差し支えることなどないでしょう。

一発でツモれよ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« だからどうした | トップページ | 正常な日韓関係 »

朝日新聞」カテゴリの記事

教育問題」カテゴリの記事

コメント

これに関するコメントは色んなブログでコメントさせて頂いておりますが、敢えて此処でもコメントさせて頂きます。国旗掲揚、国家斉唱、出来ない様では先ず日本人として失格です。日本で生まれ、日本で育ち、日本で学び何故反日思想になるのか理解できません!
そんなに所謂愛国心が嫌いならば民族学校の先生に進んで成れば良いだけの話じゃないですか?日本人を教育するよりも朝鮮人を教育する方が思想に合っている訳ですから、無理をせず思想を発揮できる民族学校への転職を強く願います!!!

投稿: 七生報国 | 2007年3月30日 (金) 22時34分

競泳の北島君はキッチリと君が代を口ずさんで(歌って)いましたね。
日本人はこうでなければいけません。

投稿: どーぱ | 2007年3月30日 (金) 23時39分

全く反省してないんだから、一気に懲戒解雇でいいんじゃないの。
まだこれから1年もむだ飯食わせるのはもったいないと思う。

投稿: Knight | 2007年3月30日 (金) 23時46分

>“不起立を繰り返すほど処分は重く”なるそうですから、来年の春には他の2人とあわせて、めでたく免職処分となることは間違いでしょう。

間違い(ない)でしょう。に、訂正して欲しい〜。
言霊^^
反日教師は一発でツモれよ!と思いますw

投稿: 日本大好き | 2007年3月31日 (土) 02時01分

国旗掲揚、国家斉唱が出来ない先生様は即刻懲戒解雇が妥当ですが、往復通勤時間が5時間以上の学校に通わせる事も懲罰として素敵です。小生も往復4時間30分の通勤を約3年程やりましたが、大変でした。

投稿: Hatumagodekita | 2007年3月31日 (土) 08時02分

>いなくなったところで学校運営に差し支えることなどないでしょう

いや、いなくなった方が、学校運営はスムーズに行えると思いますよ。
本当に、何故生徒に「先生のいう事を聞きなさい」と教える立場でありながら、国の方針を聞けないアホが公立学校の教員などしているのか。全く理解できませんね。

投稿: るな | 2007年3月31日 (土) 11時14分

こいつ等の言い草は「思想信条の自由を侵すな、人権の侵害だ」と言う事らしいが、生徒がこの論理を逆手に取る事が今日の教育現場の混乱に繋がっている気がする。

たとえば給食を食べ残す生徒に注意をした時に、嫌いな食材を無理に食べさせようとする事は人権侵害だ、と言い返されたらどう答えるのだろうか?

授業中にあくびをした生徒を叱った時にも、無意識の生理現象に対し叱責された為に精神的に激しいダメージを受けたので謝罪と賠償を要求する、と反論されたら一体どう答えるのだろうか?

生徒の健康に配慮した意見や緊張感を持って授業に望む様に警告する事さえも、この手の屁理屈を使えば否定出来てしまう。

教育現場の荒廃は、無責任教師どもが自ら招いた事態のように思えてならない。

投稿: カレーパン | 2007年3月31日 (土) 11時24分

 大相撲春場所で優勝した白鵬関を見習いなさい。
日本に生を受けた事を感謝しなさい。

投稿: piga | 2007年4月 1日 (日) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーチがかかった根津公子:

« だからどうした | トップページ | 正常な日韓関係 »