« 公務員改革をやり切れ | トップページ | 戦勝国の驕り »

2007年3月17日 (土)

前科者の質問

最初からはっきり言えばいいのに。

慰安婦「強制性示す資料なし」 河野談話めぐり政府答弁書

 政府は16日、従軍慰安婦問題で「おわびと反省」を表明した93年の河野官房長官談話について「(談話と)同日の調査結果の発表までに政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかった」とする答弁書を閣議決定した。辻元清美衆院議員(社民党)の質問主意書に答えた。安倍首相は国会で「狭義の意味で強制性を裏付ける証言はなかった」と答弁しており、政府として改めて確認したものだ。

 また、日本政府に謝罪を求める米下院の決議案については「全般的に、慰安婦問題に関する事実関係、特に日本政府の取り組みに正しい理解がなされていない」と指摘。河野談話の位置づけは「政府の基本的立場は、官房長官談話を継承しているというものであり、その内容を閣議決定することは考えていない」としている。

2007年03月16日17時25分

 実に回りくどい言い方ですが、つまりは日本政府のの調査した結果は、あくまでも“慰安婦”は“売春婦”にすぎなかったと言うことです。

 それと同時に当時の政府対応として、韓国側が主張する強制連行に対して明確な証拠もなしに、河野官房長官が談話を発表して謝罪を行った事を政府の公式見解として認め、それを閣議決定したわけで、これが根拠として提出されている米国の慰安婦決議案についても間接的に否定しています。

 これは1870万円を騙し取り、背信行為で悪質と断罪された元犯罪者、辻元清美衆議院議員の質問に答えたものです。

 安倍首相はこの元犯罪者の質問に対して、文句があるなら明確な証拠を示せと言い切ったわけですが、元犯罪者から証拠が提出されることは無いでしょう。

自分の犯罪歴でも反省してろ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 公務員改革をやり切れ | トップページ | 戦勝国の驕り »

国内政治」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

韓国(その他)」カテゴリの記事

コメント

ネット右翼ゴーリキーさんのブログをお借りして河野洋平くんへ

信念をもって談話を発表しただって?ふつう、ありもしないことをあると信じて行動することは信念から行動したとは言わないよ。

河野談話の発表は、日本の官房長官という大物がこういえば、あの分からず屋の連中もホロリとして勘弁してくれるだろうと考えただけじゃあないか。そんなのは信念とは言わない。「おためごかし」というんだ。

失礼しました。

投稿: weirdo31 | 2007年3月17日 (土) 10時10分

辻元清美衆議院議員には本当に忌々しい思いで記事を読みました。
私の夫は外国人ですが、日本人に対して正直で勤勉な日本人でいつづけて欲しいと考えています。
日本をコントロールしたがる外圧(夫の言葉では日本から盗みたがる外国)にとても憤慨しています。

いつも読ませて頂いており、熱湯欲ゴーリキーさんがいつも代弁してくださっていると感謝しています。これからもどうか頑張ってください。

投稿: RD7 | 2007年3月17日 (土) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前科者の質問:

« 公務員改革をやり切れ | トップページ | 戦勝国の驕り »