« わかりやすい人たち | トップページ | キーセン大国 »

2007年3月21日 (水)

捏造新聞社は腹を切れ

朝日も何とか慰安婦問題と絡めようと必死ですね。

盧大統領を避けた? 日韓外相会談はソウルでなく済州島

 31日にある日韓外相会談が、韓国・済州島で開かれる見通しになった。韓国政府関係者が明らかにした。日韓間には、従軍慰安婦問題などの課題が山積。両政府はソウルでの開催を見送ることで、麻生外相と盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領との面会を避けたとみられる。

 麻生外相の単独訪韓は初めてで、慣例通りなら大統領とも面会する。ただ、両国間には慰安婦問題のほか、排他的経済水域(EEZ)画定問題もあり、懸案の盧大統領訪日が宙に浮いた状態になっている。

 特に、盧大統領はこれまで日本の歴史認識に対して厳しい姿勢をとってきた。このため、日本側が麻生外相と盧大統領との会談を負担に感じたのではないか、との見方が関係者から出ている

2007年03月21日17時59分 朝日新聞

 負担に感じられているのは明らかにノム酋長の方だろう。1年後には消えてなくなる大統領と会わないところで、日本側に何の問題もない。

 しかしおかしいですね。朝日は必死で今回の決定を慰安婦問題と絡めようとしているようですが、韓国・済州島といえば、かつて朝日新聞やテレビ朝日にたびたび登場した唯一の加害者証人、吉田清治氏が「私の戦争犯罪・朝鮮人連行強制記録」において、軍の命令で「挺身隊」として女性を「強制連行」して慰安婦にしたという体験談の舞台ではないですか。

 朝日新聞はこれを平成3年から翌年にかけて4回も取り上げて日韓世論を煽りたて、宮沢首相の訪韓直前の平成4年1月11日には、一面トップで「慰安所、軍関与示す資料」、「舞台に設置支持 募集含め統制・監督」と報道し、日韓首脳会談において宮沢首相による8回の謝罪を引き出して「真相究明」を約束させ、翌8月4日の河野官房長官が政府調査の結果、「甘言、弾圧による等、本人達の意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接に加担したこともあった」というあの伝説の“河野談話”を発表させた、朝日の黄金期を語る上で欠かすことのできない、忘れようとしても忘れることのできない場所ではないですか。

 なのに朝日新聞はこの事実を無視するのはいったいどういうことなのでしょうか。

 もし、日本側の配慮でこの場所を日韓外相会談の場所に選んだとしたならば、その理由はきっとこの場所を舞台に書かれた吉田清治氏の「私の戦争犯罪・朝鮮人連行強制記録」において語られた内容が、軍の命令系統から本人の経歴まですべてが嘘であり、先日、「談話同日の調査結果の発表までに政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかった」という答弁書、つまり河野談話には何の根拠もないことが閣議決定されたことが関係しているのであろう。

 両国間に“慰安婦問題”なるものがあるとすれば、それは捏造に塗り固められた虚偽報道の結果でしかない。朝日新聞はそのきっかけを作った捏造新聞社として、この問題の全責任をとって腹を切れ。

朝日新聞は腹を切れ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

参考サイト

歴史関係・従軍慰安婦 愛すべき日本の隣人達

|

« わかりやすい人たち | トップページ | キーセン大国 »

朝日新聞」カテゴリの記事

韓国(政治)」カテゴリの記事

麻生太郎」カテゴリの記事

コメント

腹きりなんてとんでもない。
惨めな斬首ですよ。

投稿: 通りすがり | 2007年3月21日 (水) 21時06分

あはは。
朝日的には竹島じゃなくてEEZが問題なんだ。
どう足掻いても領土紛争と認識できない平和ボケと第5列ぶりは天晴れだ。

投稿: minase | 2007年3月22日 (木) 00時19分

>腹きりなんてとんでもない。
惨めな斬首ですよ。

投稿 通りすがり | 2007年3月21日 (水) 21時06分

その通り!
斬首で特に酷い、刃毀れした日本刀で行うのが良い。朝日は当方では既に出入り禁止。産経新聞にしました。
朝日に言論の自由など無い。

投稿: Hatumagodekita | 2007年3月22日 (木) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/14340542

この記事へのトラックバック一覧です: 捏造新聞社は腹を切れ:

« わかりやすい人たち | トップページ | キーセン大国 »