« 捏造新聞社は腹を切れ | トップページ | 皮肉のうまい外務大臣 »

2007年3月22日 (木)

キーセン大国

え!?その通りじゃないの!?

慰安婦:安倍首相「韓国ではもともとキーセンハウスが盛ん」

 与党ヨルリン・ウリ党の柳基洪(ユ・ギホン)議員は20日、「安倍晋三首相(写真)が10年前に慰安婦問題を韓国のキーセンハウス文化に例える妄言を吐いていた事実が確認された」と紹介した。

 柳基洪議員はこの日報道資料を通じ、安倍首相が1997年当時、自民党保守右派議員らの集まり「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」の事務局長を務めていた際に発言した内容を記録した本『歴史教科書への疑問』を東京で入手したと発表した。

 柳基洪議員によれば、この本の313ページには97年4月、「河野談話」作成に関与した石原信雄元官房副長官の講演が終了した後で安倍首相が行った質疑の内容が紹介されている。安倍首相は当時、「実際には韓国にキーセンハウスが多く、そうした商売に多くの人々が日常的に従事していたため、(日本軍慰安婦の活動が)とんでもない行為ではなく、相当生活の中に溶け込んでいたのではないかとさえ思う」と発言していた。

 また、安倍首相は「彼女らが強制的に連行されたというならば、家族らや周囲の人々も知っているはずだが、日韓基本条約締結の際、誰もまったく問題にしなかったのは非常に疑問だ。慰安婦だったと主張する人々の中にはウソをついている人々が相当多数いる」とも主張していた。

 柳基洪議員は「安倍首相は歴史的事実を歪曲(わいきょく)することだけでも足りず、韓国社会全体をキーセンハウスうんぬんとしておとしめている。安倍首相の“河野談話を継承”などという発言は政治的ショーにすぎない」と強調した。

黄大振(ファン・デジン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報JNS 記事入力 : 2007/03/21 08:16

 これほど批判になっていない批判も珍しいですね。

 “韓国社会全体をキーセンハウスうんぬんとしておとしめている”って何を怒っているのですか?歴然とした事実じゃないですか。

 かつて…といっても2004年まで韓国においては売春行為は適法、更に朴正煕大統領時代は駐留米軍相手の風俗店をすべて国営化し、キーセンによる外貨獲得を国家政策として推進、ベトナム戦争時には海外に派遣されていました。

 そして尚且つ、自国の経済発展にしたがって国内の国営妓生が減少してくると、民間の妓生フィリピンやインドネシアなどの東南アジアから娼婦を誘致し、更にソ連崩壊後にはロシア人女性をその対象としています。

 このロシア人女性については、当初ダンサーという触れ込みで芸術興行ピザによって韓国国内につれて来られたのにも関わらず、韓国人オーナーによって売春を強制され、反抗するものには容赦なく生命の危険を感じるほどに暴力を振るわれ、ロシアの大使館に陳情書が提出される事件が続出しています。

 しかしながらこの問題を韓国社会は黙殺し、現在、この問題そのものがなかったことになっています。そしてこれが韓国のキーセンハウス文化そのものなのです。

 この事実を見る限り、韓国においてキーセンはかつて国家によって管理されていたことから見ても、その行為は相当生活の中に溶け込んでおり、キーセンが不足すれば“騙してでも連行し、暴力でもって管理する”ことがその日常であることがよくわかります。

 彼らの慰安婦妄言は、官憲による関与も、連行も、暴力でもって管理することもすべて自らの行動様式から生まれ出たものです。

 結局のところ、彼らの吐く嘘はすなわち、自らの行いそのものだ。

 そして今こそ日本は、このような嘘つき民族に謝罪することなど何一つないことをはっきりさせなければならないだろう。

朝鮮人は息を吐くが如く嘘をつく!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 捏造新聞社は腹を切れ | トップページ | 皮肉のうまい外務大臣 »

安倍晋三」カテゴリの記事

朝鮮日報」カテゴリの記事

韓国(その他)」カテゴリの記事

コメント

ともかくこういう国と関係を持つこと自体が危険ですね。
どういう言質を取られて謝罪やら賠償やらを取られるか、わかったもんじゃない。
『日韓交流イベント』とかを喜んでやってる連中の気が知れない。

投稿: ニッチ | 2007年3月22日 (木) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/14340985

この記事へのトラックバック一覧です: キーセン大国:

» 衝撃告発!! あるあるインチキ実験への参加者 [話題の仰天時事ニュース]
 関西テレビは、2月末、『発掘!あるある大事典II』捏造事件に関する再報告書を総務省に提出し、新たに3件の捏造を認めた。だが、実は捏造はこれだけではなかったのだ。  かねてから捏造疑惑が取りざたされていた「あずき」の回(02年3月放送)に関し、本誌は、実験に参加したというA氏に話を聞くことができた。A氏は、この放送でうたわれたあずきの効果のうち、あずきアンコの「血小板凝集抑制効果」と「疲れ目予... [続きを読む]

受信: 2007年3月22日 (木) 16時12分

» 冤罪と自白偏重主義 [アッテンボローの雑記帳]
 周防正行監督の映画で「それでもボクはやっていない」という痴漢冤罪を描いた作品 [続きを読む]

受信: 2007年3月22日 (木) 22時17分

» 「慰安婦問題は決着済み」がアメリカ最高裁の判断 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
 米国議会での「慰安婦」決議をめぐって、産経新聞が素晴らしい記事を連発しています。  特に目をひいたのが、慰安婦決議を推進しているマイク・ホンダ下院議員に対して、中国政府と連携している反日国際ネットワークの中... [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 05時15分

« 捏造新聞社は腹を切れ | トップページ | 皮肉のうまい外務大臣 »