« 選別される人たち | トップページ | 水産庁と海保の連携 »

2007年3月13日 (火)

売国法案成立を阻止せよ

少なくとも中川(酒)政調会長が健在である限り、絶対に成立はしない。

外国人参政権付与法案、冬柴氏「一日も早く成立を」

 冬柴鉄三国土交通相は13日の参院予算委員会で、公明党が提出し、継続審議となっている永住外国人参政権付与法案について、「相当程度に採決に熟した状況にある。1日も早く成立させるべきだ」と述べた。民主党の白真勲氏への答弁。法案は平成17年秋の特別国会に提出されたが、自民党側に抵抗感があり、現在も審議の見通しは立っていない

(2007/03/13 19:06) 産経新聞

 何が“「相当程度に採決に熟した状況にある。1日も早く成立させるべきだ」”だ。つい10日前にその“永住外国人”が日本政府の北朝鮮制裁に反対し、東京で大規模な反政府デモを起こしたことを忘れたというのか。

 冬柴氏がこれを“相当程度に採決に熟した状況”というのならば、それは北朝鮮のテロに組する売国行為だといわねばならない。

 安倍首相-麻生外務大臣-中川(酒)政調会長のラインが健在である限り、このような売国法案は人権擁護法案と同様に成立することはないだろう。

 テロ国家北朝鮮の工作員が、大手を振って日本の政治に参政するなどという悪夢は絶対にあってはならない。

連立解消に熟した状況だ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 選別される人たち | トップページ | 水産庁と海保の連携 »

産経新聞」カテゴリの記事

コメント

ゴーリキーさん、こんばんは。
様々なイシューで意見の割れる保守層ですが、この問題に関しては全員反対と言っても良いくらいの悪法案ですね。
安倍首相に就任当初からちらつく「噂」を払拭するためにも、公明党との連立解消、統一教会のカルト指定は最優先の課題だと思います。
政治部記者連中の話だと、都知事候補の浅野は知事になるつもりはなく、どうも政界再編の臭いをかぎとって、その際にキーマンになろうとしているらしいです。
小沢民主党党首が健康状態がよろしくなく、再編やってトップに立つのは難しい。かといって菅、鳩山はイメージが古すぎるということで、再編後の民主党のトップの座を狙っているとの噂もあります。
前原全代表あたりは不明ながら自民党に合流説もあり、今回の慰安婦問題で結成された民主党保守派のグループは、ひとつの方向性を示しているとも言われております。
公明党はゴーリキーさんの言われるとおり切るべきです。新YKKを追い出して、本当の保守派で政党を再構築するべきときに来たと思います。

投稿: ナルト | 2007年3月13日 (火) 23時33分

まったくとんでもない法案です。テロ国家の工作員にも選挙権を付与するなんて、そんなバカな国がどこにあるというのだ!
それにしても、朝鮮カルト党を早くなんとかしないと、本当に日本は危うい!

投稿: saratoma | 2007年3月14日 (水) 00時56分

とても不安になります。参政権を得て何をしたいのでしょう?無防備都市宣言でしょうか、人権擁護法案でしょうか、反米決議でしょうか、対馬はどうなってしまうのでしょう。沖縄はどうなるでしょう。日本人の財産と安全はは守られるのでしょうか。ここ極東は北欧のような似通った仲良し国家とは対極にある憎悪に満ちた地域であり中国韓国の野心は明らかです。
そんなことより、ビザなし渡航を見直す必要があるでしょう。
高齢化社会を迎えて資産を持った無防備なこの国に必要なのは金よりも安全です。

投稿: 正直者が最後に勝つために | 2007年3月14日 (水) 02時22分

在日に選挙権があるとマイク・ホンダみたいな政治家が日本にもでてくる。賛成目的の政治家の本音は得票による所属議員の増加と現在禁止されている外国人による献金を解禁にすること。外国人参政権絶対反対!

投稿: おじさん | 2007年3月15日 (木) 16時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 売国法案成立を阻止せよ:

» 外国人参政権に反対する [白雲]
外国人参政権付与法案、冬柴氏「1日も早く成立を」  冬柴鉄三国土交通相は13日の参院予算委員会で、公明党が提出し、継続審議となっている永住外国人参政権付与法案について、「相当程度に採決に熟した状況にある。1日も早く成立させるべきだ」と述べた。民主党の白真勲氏への答弁。法案は平成17年秋の特別国会に提出されたが、自民党側に抵抗感があり、現在も審議の見通しは立っていない。 2007/03/13 19:06 (以上、産経新聞より引用) 私は外国人参政権に絶対に反対します。 日本国の政治は日本国民... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 22時49分

« 選別される人たち | トップページ | 水産庁と海保の連携 »