« 笛吹けど踊らず | トップページ | 健全と発言して何が悪い »

2007年2月 6日 (火)

無能さもここに極めり

これを本気で言っているとなればかなりの重傷です。

つんく・「モー娘。」呼んでも…与党敗北、北九州市長選

 「ここまで追い込まれるとは……。柳沢氏の問題ともろに関係づけられた」。自民党執行部の一人は4日夜、愛知知事選で接戦に持ち込まれたことに驚きを隠さなかった。公明党幹部も「一時はダメかもしれないと思った。結果はよく分析しないといけない」と語った。

 北九州市長選の与党陣営も事情は同じだった。候補者は元官僚。「そのまんま東ショック」も意識して、「なりふりかまわぬ無党派対策」(選対幹部)に打って出た。候補者は雪の残る市街地を半そでシャツにはちまき姿で走り、3日には音楽プロデューサーのつんくさんと「モーニング娘。」の元メンバーらを応援に呼んだ。

 それでも北九州で負け、愛知で苦戦したことで、与党側は、統一地方選、参院選に向け、大きな不安材料を抱えた。その不満は「選挙の顔」を期待された首相に向けられ始めている

 「小泉前首相は胸にグサリとくることを言った。だから若者もしびれた。安倍首相には、それがない」。自民党幹部は4日夜、北九州で敗れ、愛知で追い込まれた責任は首相にある、との見方を示した。公明党幹部も「宮崎に続いて北九州でも届かない。全国的だ。小泉政治を見せられた国民にとって、安倍首相は少し物足りないのかもしれない」と語った。

2007年02月05日06時52分 朝日新聞

 自民党の選対幹部による“「なりふりかまわぬ無党派対策」”が“元官僚”の候補者が“半そでシャツにはちまき姿”で街を練り歩き、盛りの過ぎた“つんくさんと「モーニング娘。」の元メンバー”を呼ぶこととは、自民党幹部の無能さもここに極めりというしかありませんね。

 それで当然のことのように選挙に負ければ、今度は“北九州で敗れ、愛知で追い込まれた責任は首相にある”と自らの無能さを棚に上げて、平然と自分たちの大将に責任転嫁するようではもはや救いようがない。まずお前らが腹を切って侘びろ。

 謂わば死に体の自民党を強引に方向転換させ、構造改革を牽引して先の衆議院選挙で大勝を収めたのは、小泉首相の力によるところは非常に大きいでしょう。しかしながら、その大勝を引き継いだ自民党に構造改革をやり遂げるという意思が見られないのはいったいどういうことなのか。これはトップだけの問題ではない。自民党全体の問題だ。

 そもそも、序列による官僚主義で凝り固まった役人のトップを決める選挙に元官僚を送り込み、それで改革をやりますといっても住民が納得するわけがありません。こんな話は冗談にもならない。

 “「小泉前首相は胸にグサリとくることを言った。だから若者もしびれた。安倍首相には、それがない」”“小泉政治を見せられた国民にとって、安倍首相は少し物足りない”とはどういうことだ?馬鹿にするのもいい加減にしろ!

 何でもかんでも他人の所為にして、自己批判できないこういった無能な自民党幹部どもに、いい加減ウンザリきてるから選挙で追い込まれていることに気付いたらどうなんだ?“結果はよく分析しないといけない”といいながら、この程度の分析しか出来ないからダメなのだ。

 そういった連中は数合わせで“そこにいるだけの存在”なのに、“そこにいるだけ”で偉くなって幹部になるから始末に終えない。安倍首相という戦後最年少の総理大臣の敵は、こういった政党内の序列にあることも認識しなければならない。

 自民党幹部の無能さとはすなわち当選回数という序列の結果なのです。

無能さもここに極まったと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 笛吹けど踊らず | トップページ | 健全と発言して何が悪い »

国内政治」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

コメント

takayuuさん、新装開店お目出度うございます。みばえはずいぶんよくなりましたが、字が…。

無能さはもともと極まっているのですが、代わりがない。パンが食べられなきゃケーキを…。ケーキは不二家じゃないが、賞味期限切れ、いや消費期限切れ!

苦虫を噛みつぶしながら、砂利混じりのパンを食べざるを得ません。そのうちに我慢仕切れなくなった連中はケーキに手を出すでしょう。気がつけばチベットにいたなんてことに。

投稿: weirdo31 | 2007年2月 6日 (火) 09時08分

北九州市は在日朝鮮人の街ですから、もともと野党が優勢でした。
朝日新聞はそんなバカみたいな当たり前のことは分析できないんだ~(笑)

投稿: m | 2007年2月 6日 (火) 10時53分

地元で埒もない山拓が、北朝鮮に遊びに往ったりしても、くびにもしないで、ほっとらかしにしたのに、選挙だけ協力せいとは、ソリャないよなあ。

投稿: takasktt | 2007年2月 6日 (火) 10時59分

>候補者は雪の残る市街地を半そでシャツにはちまき姿で走り
風邪ひかない部類の方でしょうか

>プロデューサーのつんくさんと「モーニング娘。」の元メンバーらを応援に呼んだ
芸能人呼べば勝てると思ってるような、衆愚万歳っぽい部類の方でしょうか


ゆんゆんですね

投稿: meet | 2007年2月 6日 (火) 11時34分

 愛知県民の感覚としては、「国政は国政」「県政は県政」で、一連の柳沢報道と実際の投票行動には全く関わり有りません。
 候補者自身が争点としてあげていたのならまだしも、実際、石田候補本人も選挙戦終盤に「この問題と県政とは関係がない」旨の発言を繰り返されています。
 自らが書いた「県政についてのマニフェスト」を元に、候補者は正々堂々と政策論争を行い、有権者はそれを選択したのであって、マスコミ各社の曲解は、両候補者と愛知県民をバカにした物以外の何者でもありません!

TBを送らさせていただきます。

投稿: 山本大成 | 2007年2月 6日 (火) 14時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無能さもここに極めり:

» 投票率が下げ止まった!(愛知県知事選挙:マニフェスト) 2/6追記 [山本大成 「かわら屋の雑記帳」]
 昨日、『愛知県知事選挙』が無事終わりました。  選挙の結果については、TV・新聞等でも盛んに報じられており特にコメントしませんが、「投票率が28年ぶりの水準である52.11%の高率(?)」と言う結果を、非常に嬉しく思いました! (特に我が高浜市では、平均値を上回る56.49%。誇らしく思えた今日この頃です) 愛知県選挙管理委員会へようこそ! 愛知県知事選挙選挙速報http://www.pref.aichi.jp/senkyo/sokuho/index.shtml  今回は、有力な候補... [続きを読む]

受信: 2007年2月 6日 (火) 14時31分

« 笛吹けど踊らず | トップページ | 健全と発言して何が悪い »