« サヨク教師の断末魔 | トップページ | 真性と呼ぶべき新聞 »

2007年2月28日 (水)

ご注進!ご注進!

おいおい中国様には相手にしてもらえないのかい?

「中国の何番目かの州に」と中川政調会長 首相は静観

 安倍首相は27日、自民党の中川昭一政調会長が講演で、中国の軍事力の増大を指摘して「ここ(日本)は中国の中の何番目かの省になるかもしれない」などと発言したことについて「昔よく日本は米国の何番目かの州、51番目の州になるんじゃないかと言われた。講演の一部の言葉をとって議論してもあまり意味がないんじゃないか」と述べ、問題視しない考えを示した。首相官邸で記者団に語った。

 中川政調会長は26日の名古屋市での講演で「一衣帯水の目の前の巨大な国家が年率10%で(経済)成長し、軍事費にいたっては15%、18%で成長している。15年で台湾がおかしくなっちゃったら、20年くらいの間に、ここは中国の中の何番目かの省になるかもしれない」と述べていた。

2007年02月27日22時07分 朝日新聞

 朝日新聞も中国様に相手にされないものだから、最近は安倍首相にご注進するのが“流行り”のようです。

 しかしながら、安倍首相もこの朝日のくだらないご注進に対し、“講演の一部の言葉をとって議論してもあまり意味がない”と切り返すなど、就任から四半期以上が経過した今、こういったマスゴミへの対応もだいぶ上達してきたように思えます。

 それもこれも、朝日新聞の中枢が思考停止の売国サヨクによって構成され、“ご注進”をもって、自らの妄想記事に箔を付けないことには、その権威を維持できないことにそもそもの原因があります。

 でかすぎる会社に高すぎる賃金構造。そして序列によって無能が蓄積される組織にこれを打破すべき力はもはや残されていないのでしょう。

 そして、今日もまた朝日新聞による“ご注進”が繰り返されます。残り少ない部数を撒き散らしながら朝日はいったい何処へ向かっていくのでしょうか。

言いたい事があるならハッキリ言って見ろ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« サヨク教師の断末魔 | トップページ | 真性と呼ぶべき新聞 »

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

コメント

吉岡健著 「中国人に絶対負けない交渉術」
対中ビジネス50年の著者が明かす実践テクニック。
何をおいてもカネ儲け。ルールを守らず、非を認めない。こんなひとたちを相手に神経をすり減らしていませんか? でもこれさえあれば安心です。政治・外交・ビジネス……あらゆる対中交渉に必携の本!

・中国側の意見を先に言わせるべし。
・美辞麗句は馬耳東風と聞き流せ。
・軽い気持ちで「すみません」と言ってはダメ!
・譲歩できないことは絶対譲歩しない。
・無理に結論出さずその場は逃げることも…などなど

媚中政治屋のみなさまぜひご一読後、自らを振り返ってもらいたい。(できないので媚中、屈中なんでしょうが(><)

投稿: 茨鷹 | 2007年2月28日 (水) 11時46分

この件に関してはマスゴミはあまり大きくしないのではないでしょうか。
マスゴミが騒ぎ、国民がその内容を議論すれば当然真実が明白になります。
つまりは中共の不利になるからです。
文句は言いたいし潰したいけど下手に騒ぐわけにもいかず、マスゴミのジレンマがとっても心地よいです。

投稿: 名無し | 2007年2月28日 (水) 14時01分

朝日の取材に対し、もしもここで安倍首相が、
「やはり発言は慎重にしていただきたかったですね」
などと、うっかり乗せられて相槌を打とうものなら、
次は、朝日の記事で大々的に、「安倍首相、中川政調会長に苦言!」とか、
「政権内にきしみ」とか、「閣内不一致」とか、
好き放題に書かれるんだろうね(笑)
朝日の質問には陰湿なワナが仕掛けてあるから、こわいこわい!

投稿: お笑いお花畑 | 2007年2月28日 (水) 14時15分

マスゴミには政府機関の検閲が必要だと思ってきた。最近は新聞、テレビは一切見ません。
それにしても安倍首相、中川政調会長は良いですね。
小生も団塊世代ですが、団塊世代がいなくならない限り、日本国は駄目なのでしょうか?日教組に左翼思想を刷り込まれた人がやたら多い。かく言う小生も最近になってやっと目覚めました。

投稿: Hatumagodekita | 2007年3月 1日 (木) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご注進!ご注進!:

» 武装闘争継続 [社会]
糖尿病と妊娠 の場所 は観光客など計 今年 [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 22時35分

« サヨク教師の断末魔 | トップページ | 真性と呼ぶべき新聞 »