« 迷惑なプレゼント | トップページ | 毎日新聞の良識 »

2007年2月15日 (木)

TBSは何度死ぬのか

また捏造か。

TBSまた不適切報道 厚労相、「健全」発言も謝罪?

 TBSは14日、情報バラエティー番組「サンデー・ジャポン」で、柳沢伯夫厚生労働大臣の「(女性は)子供を産む機械」「(若い人は)子供を2人以上持ちたいという健全な状況にある」などの発言をめぐる国会答弁を放送した際、実際には問題なしと答えた「2人以上-」についても謝罪したように編集していたと発表した。番組のプロデューサーが柳沢氏の答弁を誤解したのが原因としている。TBSは同日、柳沢氏に直接謝罪したという。

 TBSによると、問題となったのは11日放送分の番組。7日の衆院予算委員会で民主党の小宮山洋子議員から「2人以上持つことがなぜ極めて健全なのか」と質問され、柳沢氏は「若者の全体の意識の状況をそう受け止めた」と述べ、問題はないとの認識を示した。

 しかし、放送では柳沢氏が「子供を産む機械」発言について謝罪している場面を質問の後に編集したため、「2人-」について謝罪したと誤解させる内容になったという。

 視聴者からのメールで発覚。担当者に確認したところ、プロデューサーが柳沢氏は「2人-」発言にも謝罪したと誤解したまま編集していたことが分かった。同局は捏造(ねつぞう)はなかったと考えているが、不適切な編集による放送は大変遺憾で、関係者におわびしたい」としている。

 謝罪を受けた柳沢氏は「放送の公正性のために適切な処理をしてください」と述べたという。

(2007/02/14 21:20) 産経新聞

 とりあえず“視聴者からのメールで発覚”はグッジョブです。テレビがこういった視聴者のメールを無視できなくなったことは、昨今のインターネットの発達と無縁ではないでしょう。ネットの既存メディアへのチェック機能として果たす役割はかなり大きくなっている。

 しかしながら、TBSの“捏造(ねつぞう)はなかった”“番組のプロデューサーが柳沢氏の答弁を誤解したのが原因”という言い訳は聞き飽きました。報道の自由を主張する割にはその責任については回避し続けるマスコミにはほとほとウンザリします。

 “「子供を産む機械」発言について謝罪している場面を質問の後に編集したため、「2人-」について謝罪したと誤解させる内容”なんてことは、これまでにもマスコミが散々繰り返してきたことです。編集権、独自性とことあるごとに主張しますが、このように低レベルなマスコミに情報を支配されている限り、国民の知る権利が保障されることは無いでしょう。

TBSはもう見ないって方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 迷惑なプレゼント | トップページ | 毎日新聞の良識 »

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

産経新聞」カテゴリの記事

コメント

昨日のNHKクローズアップヒュンダイでは堂々と民主党の近藤昭一が愛知知事選の件で顔を出してました。まるで総連からの資金援助を受けていた事実がなかったように。

柳沢氏の発言より重大な問題なのに、マスコミはほとんど民主党と総連の癒着を意図的にスルー。NHKに電話して抗議したけど、是正されないでしょう。マスコミの主観に基づいた情報だけが報道されてる現実はTBSだけではない。
落ちるとこまで行かないと、自力で更正はできないと思います。

投稿: Mei | 2007年2月15日 (木) 09時10分

ビデオテープの編集でしょう?
どのように誤解すれば、
小宮山議員の質問に対して、そのすぐ後に続く柳沢大臣の回答が、
全く別のテープに保存されている(であろう)別の回答につながっていけるのか?
物理的には誤解のしようがないと思うのですが?

TBSの七不思議、、、やはり読唱(?)が足りんのかな。

投稿: siksanto | 2007年2月15日 (木) 09時54分

これって、視聴者からのメールがなければスルーだったんでしょう?
すると、我々の知らないところで数限りなくバレないで済んだ『トンデモ捏造』があるかもしれない。
TBSは嫌いだけど、「監視小屋」だけは立てなきゃいけないな!
で、TBSの視聴率上げるのも悔しいから、多くの人が交代で監視して、結果をネット上で報告っていうのはどうだろうか?
一週間に一回位だったら協力してもいい。
◎「本日の監視結果」当番より報告します・・・みたいな(笑)

投稿: アサピー嫌い | 2007年2月15日 (木) 10時10分

最近テレビ見るのホントにイヤになりました。バラエティーがやたらに多くてバカ騒ぎばっかり。なんにもおもしろくない。報道は捏造の繰り返しでウソだらけ。なのに局員どもの給料はバカ高い。格差社会だのを叫びながら、自分らは格差社会の上の方から見下している。アホらしくてテレビなんか見てられるかってんだ。うちの家では最近テレビが消されたままです。ネットやってたらテレビなんか見なくても平気ですし。

投稿: あ~あ | 2007年2月15日 (木) 13時01分

初めまして!
テレビは信用しません。特にTBSは偏向、捏造報道が多すぎます。キャスターもコメンテーターも何か感じるものは無いのでしょうか?うーんそうか!格差ね。あの人達の年間所得は莫大(ちょっと大げさかな)な金額らしいので局の方針に逆らえないのでしょうかね。格差、格差ってその世界の人にいわれてもねぇ。ピンときません。今の日本で食べていけない人っているのでしょうか?それなりに、生活していると思います。上をみたらきりがないですよね。

投稿: 花伝書 | 2007年2月15日 (木) 16時28分

サンジャポは、出演者からして『愉快な仲間』っぽい。
まず、「九条を世界遺産に」とぶち上げた太田光のいる爆笑問題が司会者だし、
「拉致問題なんかより核問題を優先しろ」と発言したテリー伊藤 、
あとは言わずもがなの電波芸者の飯島愛 、デーブ・スペクター 、高橋ジョージ等。
最後になぜか韓国のお笑い芸人、チョ・ヘリョンがレギュラーっていうのも不可解

投稿: | 2007年2月15日 (木) 18時14分

チョ・ヘリョンって韓国のお笑い芸人なんですか。知らない間に変な人がいるから何かと思っていました。
テレビはもう捨てた方がいいのかもしれませんね。
引っ越し先にも早速NHKの取り立て人がきたのですが、料金を聞いてびっくり。以前払っていたときより1万円以上も高い。
聞けばケーブルテレビに衛星放送が入っているから衛星料金も払えということらしいのですが、デジタル放送でもHV放送も見れないのに正規料金を取ろうとする奴らの気が知れません。
そしてこっちが文句いったら、今度は“ゴネる”といいやがりましたのでそこでぶち切れ、衛星料金は拒否しておいかえしましたとさ。
しかし、去り際に”また来る”というような捨て台詞をのこしていきやがりましたので、今度、コールセンターに電話してこの事実関係をはっきりさせ、もし、NHKが引き続き支払を要求し、料金を加算して請求するつもりであることがはっきりすれば、そこでテレビは破棄するか、ケーブルテレビの契約を解除する等の対策を取ることにします。
自分たちはたいした営業努力もなしに他人の尻馬に乗って料金を取り立てようとする姿勢には本当に腹が立ちますね。

投稿: Takayuu@管理人 | 2007年2月15日 (木) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TBSは何度死ぬのか:

» 政府叩きで捏造・偏向を行う悪質なTBS [反日活動から日本を守るblog2]
前記事→何度も同じことを繰り返す反日キー局のTBS 前記事→反日TBSの工作活動を制止できないのか? 前記事→TBSの石原都知事発言捏造報道が和解 前記事→朝日に続き、最近はTBSの捏造が再び表面化 あるある大事典の捏造が問題... [続きを読む]

受信: 2007年2月16日 (金) 00時32分

« 迷惑なプレゼント | トップページ | 毎日新聞の良識 »