« マッチポンプ屋 | トップページ | 台湾は日本の生命線 »

2007年2月26日 (月)

小賢しい新聞

“記者団”じゃなくて“朝日新聞記者”だろ。

「単一民族なんていっていない」 伊吹文化相が「釈明」

 伊吹文部科学相は、日本について「極めて同質的な国」などと発言したことについて26日、記者団単一民族なんて言っていない。日本国民が、大和民族がずっと統治してきた国で、そういう意味で極めて同質性があるということを言った」と述べ、問題がないとの認識を示した。

 また、中曽根元首相が86年に「日本は単一民族」と発言して批判されたことについては「中曽根さんの失敗は十分わきまえている。国会でもアイヌの方とか在日の方で日本国籍を持っていない方もおられるが、これだけ一つの民族が多くの国民を占めているという国は極めて世界の中の例外だ(と言っている)」と語った。

 伊吹氏は25日の長崎県内での講演で「大和民族が日本の国を統治してきたことは歴史的に間違いない事実。極めて同質的な国」などと述べた。

2007年02月26日18時58分 朝日新聞

 言うに事欠いてこれを「釈明」とする朝日新聞には反吐が出ますね。

 マッチポンプ屋の本領発揮と言ってしまえばそれまでですが、これはあまりにもひどすぎる。この程度のことで「釈明」を求められるとれば、それはまさに「人権メタボリック症候群」と呼ぶにふさわしい症状だ。

 この伊吹文科相の発言に対する他紙の反応は、朝日新聞が昨日の記事に続いて、安倍首相に“記者団”が質問した記事、そして今回のまたまた“記者団”が伊吹文科相に質問した今回の記事としつこく追求しているのに対して、読売新聞が朝日の第一報と同じ配信記事を載せているくらいだ。

 この経緯を見れば、この“記者団”というのは、実は“朝日新聞記者だけ”を指していることは容易に想像がつきます。使い古されたいつものマッチポンプの手口、まさに自作自演とはこのことです。

 そのことは伊吹文科相の答弁を見れば一目瞭然です。文科相は“単一民族なんて言っていない。日本国民が、大和民族がずっと統治してきた国で、そういう意味で極めて同質性があるということを言った」”と答えているが、この“単一民族なんて言っていない”と言う発言は、まさに朝日新聞記者による誘導的な質問がされたことの証拠だ。

 おそらく、記者は“同質的”を“単一民族”にわざと置き換えて質問を行い、その答弁において、文科相の口から“単一民族”という単語を引き出し、その“「釈明」”として“同質的”と述べたことに対する説明を加えさせたに違いない。

 朝日新聞がその見出しにおいて“釈明”を“「釈明」”とわざわざ括弧つきで記述したのはこういった経緯を考慮してのことなのでしょう。“釈明=誤解や非難を受けたとき、自分の立場や事情などを理解してもらう為に説明すること”だとすれば、朝日新聞の故意の誤解に対する文科相の説明もまた、“「釈明」”には違いないからです。

 この小賢しいやり方はいかにも朝日らしさがあふれ出た記事ですが、さすがにこれは逆効果です。朝日は小賢しく立ち回っているつもりかもしれませんが、このようになりふり構わず詐欺まがいの行為を続けるようならば、部数を1000部単位で失うことになるのは間違いありません。

 そして今、このような新聞を購読しているだけで、その購読者の人格まで疑われかねないことは、もはや間違いのない事実だ。

小賢しい新聞だな!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« マッチポンプ屋 | トップページ | 台湾は日本の生命線 »

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

コメント

 アサピが云う「民族」の括りとはナニカを示すべきだ、朝鮮族を古代から連綿と続く一民族と捉えているのなら、不見識と言うしかない、半島は陸続きの分だけ、海の中世界でも一二を争う海流の中に浮かぶ日本列島より、大陸の影響力を受け易い状況にあったのは間違いがない。

 大和民族とは聞き慣れない呼称だが、どういう定義なのだろう、奈良の大和に住む集団なのか、山門のヤマトなのか、倭のヤマトなのか、ハッキリして欲しい、ナンとなれば、同じ関西でも、言葉も風習も、東北と薩摩くらい違うのだから。

投稿: | 2007年2月26日 (月) 23時02分

日本の新聞は、朝日を筆頭として、
日本人を『井の中の蛙(カワズ)』のままにしておく為の媒体でしかない。
それが記者の不見識からくるものなのか、わざと誘導しているのかはわからないが・・・
例えば、イラク占領にしても『なぜうまくいかないのか?』という深層は報じず、
「テロ頻発」とか、「アメリカのイラク政策は失敗」という結果しか報じない。
これでは国民は分析力を持つことができずに、マスゴミの思惑通り「結果批判」だけをやるしかない。
政治家の行動についてもまた、マスゴミ連中のイデオロギーや感情に基づいた『結果批判』ばかり・・・
これでは、選挙民は『政治離れ』をおこすだけで、投票に行くモチベーションも生まれてこない。
私は今のところ、現状分析については『政治ブログ』の方が、はるかに良質な素材を提供していると感じている。

投稿: お笑いお花畑 | 2007年2月27日 (火) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小賢しい新聞:

» 新聞各紙の実売部数,調べてみました [D.D.のたわごと]
右派・反「反日」系のブログや2ちゃんで叩かれている 売国系メディア・朝日,毎日。ネットでは不買運動が声高に訴えられておりますが 実売部数はいったいどれくらいなんでしょう? [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 03時57分

» ▼【捏造データ?】aサロンの怪エントリー [フテキセツなブログ]
朝日新聞アスパラクラブaサロン【世論調査の怪ファクター(要会員ID)】より [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 16時31分

« マッチポンプ屋 | トップページ | 台湾は日本の生命線 »