« 朝日の政治的スタンス | トップページ | 慰安婦決議案の根拠 »

2007年2月25日 (日)

ないものは盗め

かの国はないものは盗むのが基本のようです。

文化財盗に「韓国ルート」、逮捕の韓国籍男が接点か

 重要文化財の仏画を強奪しようとして、愛知県警などに逮捕、起訴された韓国籍の男が、別の窃盗団が盗んだ仏画を元の所有者に買い戻すよう持ちかけていたことが、同県警の調べで24日、分かった。

 同県警では、男の背後に盗品を扱う販売ルートがあるとみて調べている。

 逮捕されたのは、韓国籍の住所不定、金在七(キム・ジェチル)被告(48)(公判中)。2005年8月と昨年9月、愛知県御津町と福井県敦賀市の二つの寺で、国指定重要文化財の高麗仏画「絹本著色王宮曼荼羅図(けんぽんちゃくしょくおうきゅうまんだらず)」などを奪おうとしたとして、強盗傷害罪などで起訴された。

 金被告は一昨年5月にも来日し、兵庫県加古川市の鶴林寺を訪問していたことが判明。幹栄盛(みきえいせい)住職(69)をソウル市内のホテルに呼びだし、同寺で02年7月に盗まれた国の重文の高麗仏画「絹本著色弥陀(みだ)三尊像」を買い戻すよう働きかけたが、金額が折り合わなかった。

 金被告は愛知県警の調べに対し、「ソウル市内のカジノで出会った、自称会社社長の『朴』と名乗る人物から『3000万円で買い戻させれば、600万円の報酬を払う』と持ちかけられた」と供述した。

 ◆不明の重文、韓国国宝指定も◆

 韓国国内では1995年、骨董(こっとう)品の鑑定番組が人気となるのと時を同じくして、古美術品の盗難事件が急増。ソウル警察庁は昨年、韓国各地で仏像や仏画2358点、80億ウォン(約10億5000万円)相当を盗んだ男を逮捕した。一方、日本国内で盗難で所在不明となっている美術工芸関係の国指定重文は、文化庁の昨年10月の調べで52点(国宝8点)

 長崎県・壱岐の安国寺から94年に盗まれた仏教経典「大般若経」は、韓国で95年、国宝に指定された。日本政府は、韓国政府に調査協力を依頼したが、ソウル中央地検は、最終的な購入者が盗品とは知らずに買ったもので、民法上の「善意の取得」と判断。経典は日本に戻っていない。

 文化庁によると、国内の文化財の警備状況は、博物館を除き手薄。「盗まれないよう自衛を呼びかけるしかない」のが実情だ。(ソウル支局・中村勇一郎、中部社会部・半田真由子)

(2007年2月25日3時7分  読売新聞)

 韓国の仏教は、李氏朝鮮時代に儒教が国教となったのと同じくして徹底的に破壊され、僧はソウルに入ることを禁止された上に、賎民階級に身分を落とされました。

 当時1万以上もあった寺院のほとんどは破壊され、仏像の多くは首を落とされ野山にその無残な姿をさらしました。そして李氏朝鮮4代目である世宗の時代には、全宗派が禅教2宗に統合され、僅か18寺院を残してすべての寺を廃したのです。

 この過去のおろかな行いによって、韓国には国宝級となる仏教文化財がほとんどありません。あっても長い間管理されることもなく風雨にさらされた保存状態の悪いものばかりです。

 “骨董(こっとう)品の鑑定番組が人気となるのと時を同じくして、古美術品の盗難事件が急増”とありますが、これも1994年4月9日に放送開始されたテレビ東京の“開運!何でも鑑定団”パクリであることは間違いなく、つまりはパクリ番組に影響されたパクリ民族が、日本国内でパクったものをそのパクリ番組で古美術品の人気が出た国内で売りさばいているというわけです。

 これだけでもあきれて物をいえないほどの状況なのですが、さらに韓国政府がその盗品を国宝に指定するというのですから話になりません。

 日本では重要文化財のうち、製作が特に優れたもの、歴史上特に意義の深いものなど、学術的に価値の高いものが国宝に指定されます。

 韓国に似たような法律があるかどうかはわかりませんが、少なくとも、韓国の国宝にこの盗品である「大般若経」が指定されたということは、事前の調査によって歴史上の意義や学術的な価値と照らし合わせて判断されたはずです。

 それを“「善意の取得」と判断”して日本に返還しないばかりか、未だ国宝に指定されたままとはあきれ返るばかりです。これでは略奪と個人的捏造を国家が補償している。つまり、これを盗品と認めながらもその歴史上の意義や学術的な価値を韓国政府が認めていることに他ならないではないか。

 そして、その略奪を正当化する理由が笑わせます。彼らによれば、韓国に仏教のお寺が少ないのは、秀吉軍が朝鮮出兵した際に破壊したからだというのです。そして彼らの多くは日本に存在する高麗系の仏教遺産が秀吉によって略奪されたものだと信じて疑わない。

 彼らにとっては、今回の事件も自らの正義を具現化した行為なのでしょう。日本は略奪者であり、略奪されたものを奪い返した我々に正義があると。

 彼らの根底には徹底した被害者意識と、“ないものは盗め”という長年培われた土壌があるのでしょう。このような韓国人による窃盗事件はこの土壌を改良しないことには収まるものではなく、日本として出来る対策といえば、これ以上犯罪者が入国できないよな措置をとって日本国民を保護する事のみでしょう。

韓国人の入国条件を制限すべきだと思う片はクリック!(人気blogランキングへ)

参考サイト

李氏朝鮮時代の仏教弾圧

|

« 朝日の政治的スタンス | トップページ | 慰安婦決議案の根拠 »

読売新聞」カテゴリの記事

韓国(その他)」カテゴリの記事

コメント

 手っ取り早く金になるモノなら、2万ボルトの高圧線でも盗みに行く連中ですから、骨董品なんてチョロイものでしょう。

 貧民癖と言うか、モラルが育たない民族なんですね、盗人の国の汚名は、当分消えないでしょう。

 貧しい層には、何処の国でもそういう傾向が有りますが、日本は、支配階級の筈の武士階級の大部分が食うや食わずの大貧乏生活をしてましたので、一部の恵まれた武士階級以外は、質素倹約を旨とし、庶民階級とさして変わりがない暮らし向きだったとか、ですから、治安が極めて良かったのです。

 寧ろ、士農工商の最下層の商人階級には、最上位の大名に金を貸す連中まで居て、実質的に身分制度自体、有名無実に近かったと云います、学校で習った「武士が圧制を強いていた様に云う」歴史に如何に多くの嘘が含まれていたのかが判ります。

 日本は、昔から世界でも指折りの平等な国だったのです、ペリー提督は、日本の印象についての記述の中で、特に女性の社会的地位が高いことを口を極めて絶賛しています、その理由は仏教精神が広く普及していたからと言う一事に尽きます。

 日本に仏教を伝えたとされている朝鮮半島の国々を真に滅ぼす遠因を造ったのは、この儒教の国教化だったと言えると思います。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年2月25日 (日) 16時11分

以前、朝鮮日報の記事で、
『かつて日本に盗まれた韓国の国宝を、このたびようやく取り戻すことができた』
とかなんとかいう記事を目にしたことがあります。
私は、日本人がそのような非道なことをしたのかと情けなく思っていましたが、もしかしたら単に韓国人が盗んだものかもしれませんね。
だとしたら、二重にアタマにきます。

投稿: アサピー嫌い | 2007年2月25日 (日) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/14038801

この記事へのトラックバック一覧です: ないものは盗め:

» 風水のインテリア:2007年の金運・恋愛運 [風水のインテリア:2007年の金運・恋愛運]
風水のインテリア:2007年の金運・恋愛運では、風水のノウハウを元に、インテリアの配置、財布などの持ち物で金運・恋愛運がする情報を配信して行きます。 [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 14時17分

« 朝日の政治的スタンス | トップページ | 慰安婦決議案の根拠 »