« 大人の意見 | トップページ | 加藤氏の妄言 »

2007年2月10日 (土)

小沢代表の矛盾

小沢代表の言う通りです。

小沢民主代表、参院選で「野党過半数取り、政界再編を」

 民主党の小沢代表は10日、鳥取市内での党県連パーティーで、夏の参院選について「野党で過半数を取り、できれば政界再編、健全な二大政党制を実現したい」と述べた。さらにその後の記者会見で「野党が過半数を取ったら、自民党も今のままではいられない。主義主張を中心としてグルーピングされるのが本来のあり方だ」と指摘した。参院選で与党を半数割れに追い込んだうえで、自民党を巻き込んだ政界再編を目指す考えを示したものだ。

2007年02月10日20時19分 朝日新聞

 小沢民主党が参院選に勝利し、“主義主張を中心としてグルーピング”するべく自民党を巻き込んだ政界再編を目指す場合、民主党の旧社会党系議員と野党連合は真先に切られることは間違いない。

 選挙対策で主義主張を無視した野党連合を結成し、“健全な二大政党制”を目指すとしながらも、その一方で易々と本音を語ってしまうあたり、民主党のブーメラン効果はまだまだ健在のようです。

 今年のの統一地方選、参院選では、また壮絶な足の引っ張り合いが繰り返されそうな予感がしますね。

主義主張を中心としてのグルーピングに賛成の方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 大人の意見 | トップページ | 加藤氏の妄言 »

朝日新聞」カテゴリの記事

小沢一郎」カテゴリの記事

コメント

 この頃、小沢サンの発言は何処かのお笑い大統領に近くなってきた様に感じます、共通しているのは、主張している事に聞くべき処があったとしても、自分の周囲の現実認識に重大な欠落があって「お前が云うな」の世界になっている、思わず自分の首が締まる様な発言内容になっている処でしょう。

 銘打って「小沢自爆劇場」とか、「民主党ブーメラン大会」とか(大笑)、マスゴミが応援に必死なのが見え見えナンですが、ちっとも応えようとしない、やはりナンですか、小沢さんは伝説通り、最強の組織破壊者だったわけですね、公明党の取り合いで二大政党にも届くかと言うところまできていた国賊民主党を、斯くも無惨な状況にした上、参議院選挙で、トドメを刺そうと迄しているんですから、やっぱり、国士ですね(笑)。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007年2月11日 (日) 07時02分

ナポレオン・ソロさんの鋭い分析に脱帽です。

しかし、民主党の動きを見ていると参議院選挙をまたずに、民主党が分裂する心配(望み?)があります。それを防ぐために参議院選挙で勝利してと空砲をぶっ放したのでしょう。

鳥取県といえば、自民党から「追放」され落選した元衆議院議員が、民主党の公認候補として立候補することになっているので、景気づけも必要だったのでしょう。

投稿: weirdo31 | 2007年2月11日 (日) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小沢代表の矛盾:

« 大人の意見 | トップページ | 加藤氏の妄言 »