« 自民アジア研の妄言 | トップページ | 被害を嬉々として語る国 »

2007年2月16日 (金)

迷惑な国

結局のところ、中国の経済的発展は日本にとってマイナスにしかならないようです。

中国から「もや」、日本列島覆う…NASAが撮影

 中国から流れてきたとみられる薄茶色の濃いもやが日本列島を広く覆っている様子を米航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星「アクア」が撮影した。

 画像は米東部時間今月6日に撮影された。通常の雲とは明らかに状態が違っている。春先に見られる黄砂にも似ているが、日本の気象庁ではこの時期の黄砂を確認していない。NASAは中国で進行する大気汚染との関連性を指摘している。

(2007年2月16日14時57分  読売新聞)

Mm20070216145954667m0_3

 

 

 

 

 

  その昔、中国の自転車通勤の様子を放送した番組内において、枡添要一氏が中国の外務省の役人(?だったかな。ハッキリ覚えていません)に対して、“中国人はずっとこのままでいてください。皆が自動車に乗ったら大変な大気汚染になる”とか何とか言っていたことを思い出しました。

 中国の急速な経済発展は1980年代に入ってからのことですが、私の郷里で夜、天の川が見られなくなったのも丁度その頃だと記憶しています。

 その当時から、強烈な酸性雨が問題となり、中国で進行する深刻な大気汚染が問題となってきましたが、一向に改善する兆しは無いようです。

 我々日本人が経済的繁栄を享受する中で、中国に対しては前時代的な生活を強要する気はありませんが、せめてこの地球に住む住民として、最低限のマナーは身につけてもらいたいものです。

 衛星写真を見る限り、韓国の地理的状況というものは日本にとって重要であることが良くわかります。あんな国でもなかったら大変なことになりますね。日本海と黄海の色の違いを見れば一目瞭然です。

最低限のマナーを身につけろと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 自民アジア研の妄言 | トップページ | 被害を嬉々として語る国 »

中国」カテゴリの記事

読売新聞」カテゴリの記事

コメント

いまさら驚きません。
私は関東在住ですが、もう数年前から、春一番が吹きはじめるころから3月ごろにかけて、晴れか曇り(要するに雨天以外)で風のある日には、車のタイヤを燃やしたような臭いがします。
気づいた方は、ほかにいらっしゃいませんか?

投稿: 通りすがりZ | 2007年2月16日 (金) 19時36分

中国に対しては全時代的
    ↓
中国に対しては前時代的

の間違いでは?一応ですけど。

投稿: 一応 | 2007年2月16日 (金) 23時30分

ご指摘ありがとうございます。
修正しました。2/17 21:00

投稿: takayuu@管理人 | 2007年2月17日 (土) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/13932395

この記事へのトラックバック一覧です: 迷惑な国:

« 自民アジア研の妄言 | トップページ | 被害を嬉々として語る国 »