« 水づくり | トップページ | さすがは朝日新聞 »

2007年1月15日 (月)

年功序列を破棄せよ

 先日上げたエントリー“いわゆる残業代ゼロ制”について、コメントと共に、こういった資料をいただきました。

ちなみに小泉「改革」で日本はこうなった。

http://www.nmt.ne.jp/~sengoku/041018.html

近年の年収推移
        大企業  中堅企業 中小企業 零細企業
1997年   748万  558万   416万   329万
2003年   744万  521万   379万   281万

↓↓↓↓↓↓その結果↓↓↓↓↓↓

GDP確報値、05年度2.4%成長に下方改定

 これを例にとりながら、WCEを導入すれば、一説には11兆円の残業代が減少するといわれ、内需縮小が起こり、再びデフレスパイラルの悪夢が来る可能性があると指摘され、最後に実態経済というものが何なのか一から勉強しなおすべきですねと助言いただきました。

 このブログの表題にあるように、私は新米熱湯欲です。つまり、6月22日のブログ開始以前は政治・経済に全く興味なくすごし、ニュースサイトなどはスポーツ欄を見る程度にすぎなかった。

 それが、マスコミの偏向報道をきっかけにブログを書き起こすこととなり、まず最初に偏向を排除する為にテレビと新聞(中日新聞)と言う媒体を排除しました。そして特定の書籍を読むことなく、ニュースサイトのみを見ながら疑問に思ったことをインターネットを利用して調査し、情報を比較検討しながら私なりの結論を出してきたのです。一度私のブログを最初から読んでいただければわかると思いますが、これは一素人がインターネットという限られた世界で何処までやれるかという一種の実験といいかえることも出来、そのためにエントリーの中にはちょっと無茶しすぎではないか?と自分でも思うものも多数あったことも事実です。そしてその中で、その素人っぽさが受けたのかちょっとした失敗も交えながらランキング最高3位、アクセス数57万ヒットという結果を出してきました。

 さて、この方は資料を見て、小泉改革が原因で賃金が下がり、下がったことによってデフレが進行したと見ているようですが、このデータの一番不自然なところは1997年と2003年を比較して、大企業の年収がほとんど据え置きなのに対して、中堅・中小・零細はすべてにおいて等しく年収が減っているという点ではないでしょうか。

 これは日本の構造上の問題を意味しています。それはすなわち大・中堅・中小・零細に序列が存在するという事実であり、その根本的な原因が日本の年功序列という制度とそのものにあるということです。つまりは、長期的なデフレ下において、日本の年功序列は労働者を搾取する構造に過ぎないことの証明なのです。

 コメントの中でもう一つ、あなたは学生ですかという質問もありました。これは、エントリーのあまりの青臭さに閉口して思わず出た疑問だと思いますが、私は学生ではありません。バブル崩壊の真っ只中で就職活動を行い、デフレスパイラルの中で給与のベースアップもなされないままでサービス残業に明け暮れる、年功序列という制度の中では一番割り食っている世代です。世間一般からは“団塊ジュニア”と呼ばれています。

 この“団塊ジュニア”世代は、年功序列で能力の無いままに時間の経過とともに役職を得て高給を食み、バブル崩壊後のデフレスパイラルの中で一部はリストラされたものの、その他多数は、新卒の就職難と派遣社員やフリーターという非正規雇用者の激増という大量の犠牲の上に、序列で得た給与を据え置かれたままでぬくぬくと過ごし、今、恵まれた状態のまま引退していく“団塊の世代”に対して強烈な不満を持っています。

 現在の会社組織は、団塊の世代という退職間近の高給取りが大量に存在する一方で、30代の働き盛りでこれからの日本を支えていく団塊ジュニアが報われないままで非常に割りを食っている状態だといえます。そして、団塊の世代の大量退職という問題は、この割を食ってきた団塊ジュニアに報うことが出来るチャンスでもあり、ここに安倍首相の掲げる再チャレンジの意義があるのです。

 しかし、そこには年功序列という時代遅れの異物が障害になっています。現在の30代の団塊ジュニアと呼ばれる人たちが時代の変化に対応し、その個別の知識と専門性を生かして仕事をしながら、判断が要求される年齢にに移行していく上での評価制度が存在しないのです。

 ホワイトカラーエグゼンプションに否定的な意見が多いのは当然です。現在、会社を率いる経営陣は、年功序列の中で過ごしてきた団塊の世代がその多くを占めています。年齢は経営手腕の良し悪しとは全く関係ありません。そして、めぐり合わせによっては無能な上司を抱くことも往々にしてあることは、今まで皆さんが経験してきたとおりです。

 一昔前であれば、こういった年齢によって昇進を決め、役職を決めたとしても、日本には常に1~2歩先に米国という明確な目標があり、米国企業が残していった足跡を必死でなぞって行きさえすれば間違いなく成功を勝ち取ることが出来ました。つまり、目標がはっきりしている為に、上司がいくら無能であっても回りがカバーしてまがいなりにも目標を達成することが可能だったのです。

 しかし、技術的に米国に追いついてしまった今、日本は次の目標を見失っています。安定成長を続けていた過去には護送船団と表現されたように、官民一体で国の目標に従い、波風立てずに根回ししながら戦略決定をしていく調整型のエリートがもてはやされました。そして安定した高度成長期を背景に、仕事はマニュアル化されてルーティンワークがそのほとんどを占め、みんなで改善提案を出してそれを改善していくことで結果を出し、安定した収入を得ることができたのです。

 そういった社会体制の中では年功序列は格好の制度であり、日本は戦後最も完成した社会主義といわれるように、一億総中流と呼ばれるような社会体制に大きな役割を果たし、一見誰もが等しく豊かになるという成功を勝ち取りました。

 しかしながら、かつてないほどの長期のデフレスパイラルを経験するなかで、新たな問題が出てきました。デフレスパイラル、つまり新しい価値が創造していかねばならない世の中において、米国という目標に変わる新しい何かを創造する必要に迫られてきたのです。今まで安定性を求められていたものが、いきなり創造性を求められても会社組織としては機能せず、大企業ほど出口の見えないマイナス成長に陥ってしまいました。不況下で日本人の誰もが自信を失う中、時代の要請として出てきたのが小泉首相による構造改革なのです。

 資料では小泉「改革」にてすべてが悪くなったといいたいようですが、これは明らかな間違いです。大企業の賃金だけが維持され、中~零細企業の年収が下がるという構図は、10年間というデフレスパイラルを経験しながらも、未だに年功序列をという創造を阻害し、序列をもって搾取する仕組みが大企業に温存されたままだということを意味しています。つまりは「改革」はまだその途についたばかりなのです。

 かつて護送船団がもてはやされた時代には、官民一体となって国策の元に経営戦略を立て、販路を切り開いて下請けと呼ばれる中~零細を率いていました。しかしながら、低成長時代に入った現在、政府の規制緩和政策によって、官からの指導から離れた大企業は、新しい価値の創造ができないという構造的な欠陥を抱えたまま、自らの改革を先送りして古い体質を温存し、その護送船団という制度を悪用して自分達の保全のために中~零細を搾取する仕組みに変えてしまったのです。

 自らはなんら新しいものを創造せず、コストを削って利益を上げるようなやり方ではやがてジリ貧になって日本という国は潰れてしまいます。そんなことは馬鹿でもわかる理屈です。その理屈をわかっていながら、大企業は団塊の世代という大量に存在する年功序列によって作られた既得権者を保護する為に、まず、コスト削減の名の下に仕入コストを削減して下請けを疲弊させ、新規採用を極度に抑制して大量の就職難民を作り出しました。そしてそれで人手が足りなくなれば今度は就職難民を吸収して急成長を遂げた派遣を低コストで大量に雇い、デフレの悪化によって割高になった社員にはサービス残業を強要してこれをしのいだのです。

 それもこれも年功序列によって作り出された大量の無能な経営陣と管理者が作り出したものです。彼らは会社経営を判断する立場にありながら、その多くが高度成長期のままの前例主義の固まりで会社組織の中で常に上の意向を窺いながら仕事をするという官僚主義にとらわれていた為に、売れる仕組みと売れるものを作り出す。つまり、“今までに無い価値を創造する”というデフレ経済時に一番必要な能力と決断力を得る機会を、何一つ持つことができなかったのです。

 富士通の成果主義が失敗した理由もここにあります。年功序列によって大量に作り出された無能な経営陣と管理職を温存したままで、成果主義を導入しても使いこなせるわけがありません。富士通は成果主義を導入した為に3年連続の赤字に追い込まれ、社員の給与カットに追い込まれました。人々はこれを「成果主義」の失敗として、日本式経営である「年功上列」を褒め称えましたが、何のことはなく、これはまさに「年功序列」の失敗を意味しているのです。

 本来ならば、役職は能力によって与えられ、そこで上げた成果によって評価されるべきだ。しかしながらその評価制度の大前提になる役職が能力ではなく、年齢で与えられていたとなればどうしようもない。このことは全産業界におきていることです。上層部である大企業で年収が維持され、中~零細で年収が下がっているという現象は、この富士通でおきた無能な管理者によって、中堅以下が搾取された構図とよく似ています。

 そのことは金融業界に一番良く現れています。現在の既成観念にとらわれ、前例主義に凝り固まった団塊の世代である経営陣は、近年の急速な銀行業務の高度化・専門化についていけず、デリバティブ・国際業務・債権流動化・マーケット業務等の新分野という専門化・高度化する銀行業務の第一線で活躍してきた柔軟性のある若手とのギャップが急速に広がっています。つまり、年功序列という制度不良によって、管理職と平社員の能力の逆転現象が起こっている。そしてそれが収益構造の転換を妨げとなり、金融における日米格差がますます広がっています。その結果、組織が硬直化した日本の金融機関を嫌い、本当に能力のある人材がどんどん外資系に流れ、日本の利益が外資に垂れ流されている。

 WCEはつまるところ規制緩和です。労働から時間という観念を取り除き、実力のあるものが実力のまま評価され、新しい価値を創造できる社会になる為の一つの出発点なのです。そのためはまず、時間による評価がはびこる元凶である年功序列制度を改革する必要があります。そして、この構造改革の抵抗勢力とはいったいどういったものであるかしっかりと見極めなければならない。

 年功序列もその反動として生み出された非正規雇用者から見れば既得権でしかなく、年功序列によって生み出され、かつて日本式経営成功の原動力としてもてはやされた安定雇用も、今や創造を阻害する障害でしかない。この改革の抵抗勢力とはすなわち団塊の世代なのです。

 自民党をはじめ多くの保守論者は、この論点を意図的に避けているように見えます。戦後日本を形作る原動力となってきた年功序列制度を改革すると言えば、大きな反感を受けることは目に見えています。特に、世代間の投票率を見れば一目瞭然です。団塊の世代ほど高く、若年層ほど低い。

 しかし、小さな政府を目指し、日本の競争力を回復するために構造改革を進め、更なる成長を願うのであれば、この問題は絶対に避けては通れない問題です。2007年の団塊の世代大量退職を前に、安倍首相が再チャレンジを提唱しながらWCEを提案し、その導入に関して国民の理解が得られていないと語った理由はつまりはこういうことなのです。

 既得権者を保護するために大量の非正規雇用を生み出し、今また日本成長の妨げとなっている年功序列を団塊の世代の退職とともに一掃し、WCEによって評価基準を時間重視から能力に重視に切り替え、あのつらいバブル崩壊後に実務経験を積み重ねてきた非正規雇用者の再チャレンジを促進して日本の競争力を再生することが必要なのです。

 かつての大東亜戦争を語るとき、右も左も多くの方々がその原因のひとつに当時の官僚主義を上げます。明治維新によって革新された組織が、藩閥による役職の持ち回りや経験や実績を無視した昇格によって疲弊し、昭和にいたる頃には制度不良を起こし、大東亜戦争での敗北に結びつきました。

 今、日本では江戸末期、昭和初期と同じことを繰り返そうとしています。会社を動かすべき経営陣や管理者は年功序列によって昇進した官僚主義者で占められ、創造力を持った若い力は、その固定された仕組みの中で力を発揮することができず、鬱々として不満を抱えている。そしてその結果、日本そのものが沈没しようとしている。

 かつて吉田松陰は成果についてこのように語っています。

  夢なき者に理想なし

  理想なき者に計画なし

  計画なき者に実行なし

  実行なき者に成功なし

  故に夢なき者に成功なし

 経営者は、自らの夢に基づいて事業計画(理想)を立て、それに基づいて予算(計画)を立て、そして会社組織としてそれを実行し、結果として成功を収めるものです。これができる会社ほど将来の事業計画を市場で評価され、株価が上がり、資金調達が容易となり、より大きな事業を市場からまかされることになる。

 今、給与が上がらないのは経営者に夢が無く、管理者に計画を実行する力が無いからです。そしてその原因を求めるならば官僚主義にあり、その官僚主義を作り出した年功序列という制度不良にあると断言します。日本は今まさに平成維新を経験しようとしているのです。

人気blogランキングへ

参考サイト

年齢序列主義から人材評価主義へ 漆山 治 オンライン

メガバンクは本当に立ち直ったのか 企業ドクターいわい

 ここまで書いて何なんですが、引越しなどなどで1週間ほど更新をお休みします。生活環境もすべて変わるので、以前のような更新頻度ではなくなりますが、細々と続ける予定ではありますのでよろしくお願いします。ひとまず、新米熱湯欲の実験はこれにて終了ということで。

-第一部 完-

|

« 水づくり | トップページ | さすがは朝日新聞 »

年功序列を破棄せよ」カテゴリの記事

コメント

ゴーリキーさんと同じく団塊ジュニア世代の者です。
労働評価システムの改革が必要という点については全く同感ですが、いわゆる「ホワイトカラー・エグゼンプション」については危惧する点が多いと言わざるを得ません。

作家の村上龍氏の主催するJMMというメールマガジンがあります。
執筆陣には団塊左翼的傾向の見受けられる方々が多いように思いますが、多様な視点からの意見を知っておこうという意味で読んでいます。

アメリカ在住の冷泉彰彦氏という、なかでも団塊左翼的傾向が特に顕著に見られる執筆者が最近「雇用システムへの信頼」というタイトルで、いわゆる「ホワイトカラー・エグゼンプション」について書いているのですが、この制度のモデルとなるアメリカでは、その前提としての雇用システムが非常にクリアに明文化され、厳守されているのに対し、日本ではあいまいな状態であるのに、そこにいわゆる「ホワイトカラー・エグゼンプション」だけを導入してしまうと、労働者が割りを食う分が甚大になる可能性が高いという話で、これは多分その通りだろうと思いました。

つまり、アメリカでは雇用に際し、仕事の範囲が「ジョブ・ディスクリプション」によって非常に明確に示され、「書いてあることはしなくてはならない」が「書いていないことはしてはならない」。
「書いていないことは」「しなくてもよい」ではなく「してはならない」である点が、いかにもアメリカという印象を受けます。

曰く、アメリカ人には「自分の職務範囲の以外のことを行うというのは、他人の職務を侵すことになる」という考え方が幼少のころより培われている。
上司は部下に対して「ジョブ・ディスクリプション」に書いていないことは「約束していない成果は評価のしようがない」から命令できない。

日本の労働環境では上司に「ちょっとこれもやっといて」と言われて「それは自分の仕事ではありませんから」と躊躇なく否定できない場合が一般的ではないでしょうか。
冒頭に書いた通り、労働評価システムの改革が必要という点については全く同感ですが、そもそも上司が「ちょっとこれもやっといて」と言う事態があり得ないというアメリカの労働環境だからこそ適用される「ホワイトカラー・エグゼンプション」を、こんな日本の労働環境で適用されたらどうなるか、心配になるのも当然と言えましょう。

投稿: 杉本 | 2007年1月15日 (月) 14時45分

私は団塊の世代より下ですが、団塊の世代以上で会社の経営者をやっているものにはまともな人間はいないと思っています。大局的にものを見ることなどまず無理だし、社会貢献なんてこれっぽっちもありません。
金をもうけることがすべてだし(経団連の首脳陣をみればわかる)日本が滅びてもかまわないらしいです。
(特にトヨタ)いくところまで行ってもらって、破滅してもらいたいです。

投稿: Nyan | 2007年1月15日 (月) 16時37分

 貴方、凄いですね。「熱湯欲」なんて2ちゃんねるの一部と言うか、最近では多数を占めているように見えるアホウヨと同じような文字使いをしているので、ここはほとんどスルーしていましたが、それはどうやら私の完全なる誤認識だったようです。
 私も貴方と同じように、日本版WCEは21世紀に日本が生き残り、勝ち抜いていこうと思えば、避けては通れない道だと考えます。また、日本再生の為の一大命題である構造改革も当然、さらに推し進めなければいけないとも考えております。日本には、まだまだ無駄が多すぎると思います。徹底して無駄を省き(もちろん、きちんとしたセイフティネットは必要ですが)、かつ同時に旧態とは異なる新たなるパラダイムを構築しなければ、日本は本当に沈んでしまうのではないか?そういう危惧を常々感じております。
 どうやら、貴方(申し訳ございません。まだ、ここのエントリーをほとんど読んでいないので管理人様を何と呼んでいいものやら分からないのですw)は、世代的にも私と近いようです。これまでの日本社会に対する苛立ちや不満、また、そうした思い以外のところでも共有できる部分がかなりありそうですね。
 ですから、唐突かつ僭越なのを承知であえていいます。ゴーリキーさん。ともにがんばりましょう!私も貴方と志を同じくするものです!手前味噌ですが、21世紀の日本が少しでも良くなるよう、非力ではあっても日々努力するものです!日本の負の遺産を清算し、停滞している何かをポジティヴなものに変えたいと、心の底より願っております。
 本日のエントリーに感動し、考えもそこそこに思わずコメントを書いてしまいました。まずは、ご挨拶まで。これから、よろしくお願いします。

投稿: YEAH!2 | 2007年1月15日 (月) 18時42分

熱湯欲さん、毎日エントリーを楽しみにしていたのですが、しばらくお休みだそうで・・・
ところで一般的に右翼の弱点は、純粋すぎるがゆえに、マクロの視点が不足していることだと思っていましたが、
熱湯欲さんの論には、常に物事を俯瞰で眺める、戦略的発想があると思います。
例えば、右翼の中には、小泉元首相が万難を排して靖国参拝をなしたのに、「参拝の仕方がなってない!」というだけで全否定する者がいる。
安倍政権内にスキャンダルを起こした政治家がいると、せっかく日本の政治が戦後レジームからの脱却をはかろうと頑張っているのに、足を引っ張ろうとする。
これでは、「なんでも反対」の愚かなサヨク連中と変わりがありません。
熱湯欲さんの発想は、それらの『純粋まっすぐクン』とは一味違うと思います。
生活が落ち着いたら、これからも是非頑張ってエントリーをお願いします。

投稿: アサピー嫌い | 2007年1月15日 (月) 22時15分

年功序列=官僚主義=悪
 見事な論理です。
 私が零細企業でサービス残業をさんざんやって来たことから得た結論と同じです。
 実は
 その会社が残業代を払わなくなったのは1番のお得意さんである
 NHK出版が
 「納入代金の10%カットをお願いしたい。それが出来ないなら取引停止もあり得る」
 と言って来たからです。
 下請け企業の私の勤める会社は応じざるを得ませんでした。結局それが我々従業員に帰って来るのです。
 世論調査などで、WCEに80%の国民が反対しているにもかかわらず勇気ある正論を展開するtakayuuさまには改めて感服いたしました。
 遅ればせながら私もそれに関連した記事を今日投稿いたしました。

 御引越しのこと・お察しいたします。私も去年の6月に埼玉県から東京都に引越しをいたしました。
 近くであればお手伝いいたしたいのですが残念です。
 takayuuさまの記事を毎日読めなくなるのは寂しくなりますが、どうか頑張ってblogを根気良く続けていただくことを切望いたします。
 今後ともよろしく・・・

投稿: 柳生すばる | 2007年1月16日 (火) 12時00分

ご都合があるのでしょうが、あなたのような論客がブログをお休みするのは勿体無いような気がします。これからも期待しています

投稿: Cosine | 2007年1月17日 (水) 18時44分

>ちなみに小泉「改革」で日本はこうなった。

はっきり言ってあほですね。小泉政権の時に年収が
下がっているのは確かですが、それは小泉の改革の
せいでさがった証明にはまったくなっていません。

改革しなければその年収を維持できたと本気で思って
いるのならおめでたいとしか言いようがないですね。

巨額の不良債権をはじめさまざまな問題がひしめいて
いたわけですが、これらをどのように処理すべきだった
と考えているんでしょうか。

小泉改革により年収はさがったが景気は上向いた。
景気も年収も維持できる方法があったというのなら、
それを提示すべきであり、そうでなければ話にも
なりません。

投稿: なおひさ | 2007年1月17日 (水) 20時59分

最近面白い話を聞きました。相手は零細企業の社長さんです。
そこの商品は全国的にも有名で、結構な大手小売業から引き合いがあるそうです。しかし、その社長は一度目は追い返し、二度目は会うが一言も発せず、三度目に初めて商談の話をして、しかも注文は一部しか受けないそうです。
系列の作り方は簡単です。まず、技術のある零細に目をつける。次に、受注を徐々に増やしていく。そして、零細が無理な設備投資をしたところを見計らって初めて価格交渉を行い、独占契約を強要するのです。
そして後は活かさず殺さずで徐々に持ち株比率を増やし、ポストの無い本社社員を役員ポストを用意させて天下りさせれば完了です。
そしてめでたく大企業の年功序列は維持され、平和は保たれるわけです。
今の時代に必要なのは量より質です。特に零細が独立独歩を守るにはそれしか無いでしょう。

投稿: takayyuu@管理人 | 2007年1月17日 (水) 22時56分

http://pachinkokouryaku.fc2web.com/mil46082-s2.jpg
ここのコメントを全部見てください 保存、 広めましょう
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2006/02/post_bf43.html#comments#comments

投稿: go | 2007年1月18日 (木) 06時38分

西尾幹ニさんの専門はドイツ文学であって、経済に関して
専門外でした。しかし政治と経済は切り離せない関係で
現在日本が危機に直面している事に気が付き勉強を重ね、
経済に関して語ることが出来るまでに努力なされました。
齢70を超えているにもかかわらずこの向学心は本当に
頭が下がります。

それにひきかえ、思いつきでエントリを立てて何かを
語ったつもりになれるとは・・・ネット右翼は本当に
気楽で良いですね。

投稿: 伊藤彰紀 | 2007年1月19日 (金) 00時16分

伊藤氏>
実名を出しているところは認めますが、あなたの考え方もどうなんですかね?

賃金を安易に上げても、企業は安い労働力を求めて国を出て行くだけだと思われます。払う賃金にも限りがあるのですから、企業がこれから生き残るためには、本当にその企業に貢献している人に高い賃金を払うシステムを構築する必要があると思います。

あなたは、ソニーや富士通の失敗の例を挙げましたが、それを成果主義の弊害と言うのは正しくないと思います。成果が上がる人にも上がらない人にも同様に高い賃金を払っていたら、今以上に会社が成功していたと言いたいのでしょうか?成果主義を導入した側が有能では無かったという事はあると思いますが。

>支那・韓国に対する売国は許さないが、アメリカに対する
>売国はOKとは大笑いですね。

これも、あたなたは極論しているとしか思えないのですが、少なくとも、戦後日本はアメリカを手本にする事により、先進国の仲間入りは果たすことが出来ました。これからの時代にも対米追従が正しいかどうかは分かりませんが、アメリカが成功している部分を見習って、同様な仕組みを日本でも導入しようとするのは間違いでは無いと思われます。

投稿: Sine | 2007年1月21日 (日) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年功序列を破棄せよ:

» 日本人としての姿勢として [手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ]
昨夜、何気なくテレビのチャンネルを切り替えたら、日本テレビの『ジェネチャン』と言う、若い連中や社会的なものを討論すると言う番組がやっていた。 この番組は、以前、在日朝鮮人の若者のわがままを堂々と正当化して編集して放送していたが、昨夜の番組もひどいものであったと思う。 内容は、10代の性を扱った討論と言うか、若い連中の意見ともに、ペドロ何とかなどの連中が発言をしていたのだが、若い連中の性に関する感覚がわれわれの世代とあまりに違っているのにはあきれ返るしかない・・・ 中で、ケンジ・・・だと言う名だ... [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 14時54分

» 三輪氏よ・順序がアベコベだ! [Empire of the Sun太陽の帝国]
 「復活!三輪のレッド・アラート!」の三輪耀山(みわ・ようぜん)氏が拙者のエント [続きを読む]

受信: 2007年1月16日 (火) 12時10分

» 盧大統領が欠席 [勝手なニュース]
盧大統領、欠席の原因は「安倍首相との“拉致”攻防」!? >>盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が14日、フィリピン・セブ島で行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)+3 (韓中日)首脳会談終了後の公式夕食会を欠席したのは、夕... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 23時19分

» 失業率低くホームレス少ない日本:景気刺激策より構造改革を! [Empire of the Sun太陽の帝国]
 最初に断っておきたいが、拙者は基本的に自由派経済学(古典派経済学)の立場を取る [続きを読む]

受信: 2007年2月 3日 (土) 17時46分

« 水づくり | トップページ | さすがは朝日新聞 »