« 使い古しのマッチポンプ | トップページ | ネタの尽きない大統領 »

2007年1月 8日 (月)

バランサーの正体

朝鮮日報は漢だな。

【社説】「自主」うたいながら中国の前では萎縮する韓国政府

 米国在住の華僑が運営するケーブル放送局「NTDテレビ」が予定していた伝統芸能公演「2007年全世界新年スペクタキュラー」の韓国公演が、開催予定日の今月6日を数日後に控え、突然中止された。

 NTD テレビはホームページを通じ、駐韓中国大使館の圧力を受け、会場に予定されていた国立劇場が、一方的に会場契約の取り消しを通知してきた」と伝えた。これについて国立劇場側は当初、「中国側から(韓国の)外交部にNTDテレビは中国の利敵団体であるとの強い抗議があり、文化部から公演の中止を要請する公文書が送られてきた」としていたが、後になって「文化部から公文書を受け取った事実はない」と言葉を変えた。

 NTDテレビは、中国の人権問題を集中的に扱ってきたことにより、中国政府から利敵団体に指定されているという。

 NTD テレビの「2007年スペクタキュラー」は年初から4月にかけ、ソウルをはじめとする世界28都市で中国や公演先の国の伝統芸術をテーマに行われる文化公演だ。すでに米国とオーストラリアでの日程を終え、今後日本やフランス、ドイツなどでの公演が予定されている。

 公演は太鼓、器楽舞踊、合唱、創作舞踊劇などからなり、特に政治色は見あたらない。それにもかかわらず、韓国でだけ公演が中止に追い込まれたのだ。

 中国政府の意向で韓国政府の決定が左右されるのは、今回が初めてではない。昨年6月にもソウルで開かれた「世界宗教指導者大会」と光州で開かれた「ノーベル平和賞受賞者首脳会議」でチベット仏教の指導者ダライ・ラマが訪韓を予定していたが、韓国政府がビザ発給を拒否したため、参加できなかったことがあった。

 ダライ・ラマは昨年1年間だけで13カ国を訪問し、特に日本への訪問は13回目を数えた。また1982年にはダライ・ラマがオーストラリアを訪問する際、中国が経済制裁に言及してこれを阻止しようとしたが、オーストラリアはこれを突き放している。この後、オーストラリアが実際に中国から経済制裁を受けたという話は出ていない

 中国との関係において韓国政府がどんな小さなことについても原則を曲げない態度で臨んできたなら、中国がいちいち「この人物を入国させるな」、「この行事は行うな」といった内政干渉を行うこともなかっただろう。

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は「自主」のスローガンだけで成り立っている政権だ。そんな「自主政府」が、なぜ中国に対してだけは事大主義を信奉する蛮夷(ばんい)国の役割を買って出るのか、謎は深まるばかりだ

2007/01/08 07:57 朝鮮日報/朝鮮日報JNS

 私の記憶が確かならば、朝鮮日報は盧武鉉大統領から敵視され、あらゆる場面で圧力を受けているはずですが、その政権批判は衰えるどころか、ますます過激さを増してきているようです。

 特に“中国に対してだけは事大主義を信奉する蛮夷(ばんい)国の役割を買って出るのか、謎は深まるばかりだ”は現政権に対する強烈な皮肉といえます。このことは、現在の盧武鉉大統領の反米主義が、実のところは新米が中国に対する事大主義に摩り替わっただけに過ぎないという“自称アジアのバランサー”の正体を正確に言い当てています。

 中共のこの節操のない圧力に対抗するためには、かつて小泉首相が靖国参拝で実践したような“どんな小さなことについても原則を曲げない態度”で対応するしかありません。この原則が守られなければ、今回韓国が証明して見せたように、いちいち「この人物を入国させるな」「この行事は行うな」という内政干渉が繰り返されることになるでしょう。

中共の圧力によって原則を曲げるな!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 使い古しのマッチポンプ | トップページ | ネタの尽きない大統領 »

韓国(その他)」カテゴリの記事

朝鮮日報」カテゴリの記事

コメント

ま、しかし、あまり半島南部の諸君の悪口は言えませんな。

ついこの間までは、いや今でもか、列島政府も同じような気兼ねをしていますし、与党の有力者も総理大臣の親書を携えて朝貢してますもんね。

同病相憐れむというところでしょうか。しかし、我々列島の住人のほうが、徳川幕府の鎖国政策で骨の髄までは半島の諸君よりはChino

投稿: weirdo31 | 2007年1月 9日 (火) 11時03分

訪問者があったので、中座したら送信されていました。続きは

ーphobiaにならずに済んだと言うことですね。半島の諸君もインドシナ半島の諸君並みに自主独立の精神を持ってもらいたいものです。

投稿: weirdo31 | 2007年1月 9日 (火) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バランサーの正体:

« 使い古しのマッチポンプ | トップページ | ネタの尽きない大統領 »