« 報道しない自由 | トップページ | マスコミは敵だ »

2006年12月29日 (金)

“たかり”会議

余計なお世話だ。

在日韓国人参政権問題:外交部、日本政府に協力を要請

 韓日両国は28日、東京で「第15回韓日アジア太平洋局長会議」を開き、 在日韓国人の法的地位、地方参政権の付与、社会生活上の処遇改善問題などについて意見を交わした。

 外交通商部はこの日配布した報道資料で、 李赫(イ・ヒョク)アジア太平洋局長と日本外務省の佐々江賢一郎アジア太平洋局長を首席代表とする今回の韓日アジア太平洋局長会議において、このような事項について幅広い論議がなされたと発表した。

 外交通商部は今回の会議で「“在日韓国人の法的地位”について、歴史的特殊性に照らして一般の外国人とは異なる待遇を要請し、在日韓国人への地方参政権付与の問題に対する日本政府の積極的な関心と協力を求めた」と伝えた。

 外交通商部によると、これについて「日本は可能な範囲内で改善努力を行うと答えた」という。

 特に外交通商部は、今回議論された事項のうち「援護法」などの在日韓国人適用問題と関連し、「韓国側は、軍人、軍属として動員された在日韓国人が今まで援護法や恩給法などの適用対象から除外されていることを遺憾に思っている、と伝え、日本政府の前向きな措置を要請した」と語った。

 外交通商部はこれについて、「日本側は、援護法上、国籍条項の撤廃が難しい状況であり、これに対する補完措置として、2001年から3年間の一時的な“平和条約国籍離脱者等である戦没者遺族等に対する弔慰金等の支給に関する法律”を施行し、弔慰金を支給したと説明した」と発表した。

 一方韓日両国は、次回は2007年中にソウルで会談を行うことで合意、具体的な日程は外交経路を通じて協議することにした。

2006/12/28 18:31 NEWSIS/朝鮮日報JNS

 こんな馬鹿な主張をあきもせず繰り返してくることに驚きなのですが、この方たちは、こちらがハッキリ拒否しなければいつまでもたかってくるハエと同じです。

 “歴史的特殊性”などとハッキリ言わないまでも、明らかに過去論破された“いわゆる従軍慰安婦問題”や朝鮮では密航の代名詞である“強制連行”を意識したお決まりの脅し文句を吐き、その代償として“一般の外国人とは異なる待遇を要請”をし、“地方参政権付与の問題”を要求するなど、そのやり方はヤクザと変わりません。

 日本政府としては“歴史的特殊性”を考慮すれば、在日朝鮮人に対しては“原状復帰”が妥当であり、皆さんまとめて日本から“強制退去”していただくのが筋でございます。戦勝国と言い張り、ことあるごとに朝鮮人の優位性を基地外のごとく主張し、日本に対しては異常なまでの敵意を見せながら、日本人と同じ権利を求めようとする姿にはまったくもってあきれ果てる限りです。日本人とは違うといいながら日本人のフリをし、差別を要求して差別されたと主張するような真似はやめろ。

 そして“韓国側は、軍人、軍属として動員された在日韓国人が今まで援護法や恩給法などの適用対象から除外されていることを遺憾”だと抜かしていますが、日本が負ける直前に宣戦布告して“戦勝国”と主張し、日本の在韓資産の放棄と日韓基本条約における8億ドルの資金供与を受けたくせに、かつての日本人として、援護法や恩給法などの適用対象に入れろというのはあまりにも某弱無人な要求です。

 この点については平和条約国籍離脱者等である戦没者遺族等に対する弔慰金等の支給に関する法律の趣旨を説明した国会議事録にもきちんと明記されているように、在日韓国人を戦没者等の遺族を対象として一時金を支給する立法から在日韓国人を除外したのはあくまでも韓国政府であり、その責任は韓国政府にあります。

 そして、日本国としては、昭和40年の日韓請求権・経済協力協定により、法的には日韓両国間で完全かつ最終的に解決済みとされているのいもかかわらず、あくまでも韓国政府に棄民として放置された在日韓国人に対し、“人道的精神に基づき”その棄民すら見捨てない心優しき日本人が温情あふれる決定をして見舞金を支給したわけで、その責任から支給を決めたわけではないのです。

 結局のところ“「第15回韓日アジア太平洋局長会議」”なるものは、南朝鮮が日本に“たかる”為の会議でしかないようです。このような無駄な会議は即刻廃止するべきです。会議を続けたところで南朝鮮人が限りなく冗長するだけであり、彼らの要求が止む事はないでしょう。

無駄な会議は廃止しろ!と思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

参考サイト

平和条約国籍離脱者等である戦没者遺族等に対する弔慰金等の支給に関する法律制度の概要

|

« 報道しない自由 | トップページ | マスコミは敵だ »

韓国(その他)」カテゴリの記事

朝鮮日報」カテゴリの記事

コメント

偏向した朝日の購読を止めて久しいですが、未だ読んでいる人が大勢なんでしょうね。
不買運動が起きれば良いのですが。
この会社は潰すに値する。

投稿: Hatumagodekita | 2006年12月29日 (金) 11時07分

한국 분들에의 메세지

최근 나의 BLOG에 한국이나 중국으로부터도 액세스가 오게 되었습니다.
나는 이 일본이라고 하는 제국주의적인 나라를 개혁하기 위해 한국이나 중국의 여러분의 력을 필요로 하고 있습니다.

그 전쟁으로부터 60년, 우리 일본은 바뀌었는지요?
대답은 NO입니다. 자민당 정부는 미국 세력에 굴해, 아시아의 나라들을 공격해, 역사를 날조 하고 있습니다.
특히 한국이나 중국은 일본의 형(오빠)인데, 일본은 무례를 다하고 있습니다.

금방, 일본 제국주의 정권을 타도해, 아시아 중시의 정권을 수립합시다!
그 때문에도 이 BLOG를 한국에서도 여러분에게 선전해 주세요!
일본에도 반제 쿠니시도리의 사람이 있는 것을 알아 주셨으면 합니다.

최근 나의 BLOG에 한국이나 중국으로부터도 액세스가 오게 되었습니다.
나는 이 일본이라고 하는 제국주의적인 나라를 개혁하기 위해 한국이나 중국의 여러분의 력을 필요로 하고 있습니다.

그 전쟁으로부터 60년, 우리 일본은 바뀌었는지요?
대답은 NO입니다. 자민당 정부는 미국 세력에 굴해, 아시아의 나라들을 공격해, 역사를 날조 하고 있습니다.
특히 한국이나 중국은 일본의 형(오빠)인데, 일본은 무례를 다하고 있습니다.

금방, 일본 제국주의 정권을 타도해, 아시아 중시의 정권을 수립합시다!
그 때문에도 이 BLOG를 한국에서도 여러분에게 선전해 주세요!
일본에도 반제 쿠니시도리의 사람이 있는 것을 알아 주셨으면 합니다.

投稿: zainiti | 2006年12月29日 (金) 23時40分

 韓国も北朝鮮と同じ穴の狢ですね、国家の外交代表にして国際常識が全く無い、と言うことは、少なくとも政権内及び官僚には、世界に伍して行けるダケの国際常識を備えた人は居ないと言う証明ですが、其れでは、国家自体が似非めいてくると感じるのは私だけでしょうか。

 国家を真に自ら建国したと言うので有れば、国家の芯に成るべき人物ナリ、理念なりが存在する筈ですが、其れがない。

 例えば、李承晩初代大統領こそ韓国建国の父でなくてはならない筈だが、彼は酷い反日家で、反日を遣りすぎて、却って米国の反感を買い、結果、北朝鮮の南進を誘発、朝鮮戦争を引き起こした一端の責任があります、その後、親戚のスキャンダルに巻き込まれ、大統領職を追われ、米国に亡命、ハワイで客死しています。

 では、その後を継いだ朴正煕はドウでしょうか、剛直無私な人柄、清廉潔白な生活態度、何れも建国の父足るに相応しい人物でした、唯、軍人でしたし、朝鮮戦争の余韻から、厳しい軍政を敷いた事は、韓国民の支持を下げる働きをしているでしょう、しかし、彼が、日本から5億ドルの資金援助を引出、韓国のインフラを整備して、現在の世界大10位の工業国に躍進する基礎を造ったのは、間違いないですから、彼こそが近代韓国建国の父とされて当然だと思います。

 処が、彼は日本の陸軍士官学校出で、大変に親日家であった、亦、旧満州国軍の将校で、日本の裏側に携わった人でもある事から、朝鮮族が終戦時に如何なる行動をしたか総て知っている人でもあった、その所為か、彼を建国の父とはしたくない勢力が韓国内にも大勢いる様です、それは、彼は結局暗殺されたのですが、その暗殺を実行した勢力と、朴大統領の功績を貶め、現在の政権を陰で操っている勢力に通底したモノを感じます。

投稿: | 2006年12月31日 (日) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “たかり”会議:

» 韓国のたわけた要求!? [☆独断雑記 XYZ]
もうすぐ今年も終わります・・・ ふと去年の今日、何を書いたかと思いみてみると、   謝罪の必要なし! >ヨルリンウリ党・鄭長善(チョン・ジャンソン)議員らは27日、 明成皇后(閔妃;1851~1895)殺害事件に対し日本政府の公開謝罪を要求した。 といった記事に対... [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 11時45分

» 遠近法と神話の構造主義 [Empire of the Sun太陽の帝国]
 構造主義・特にレヴィ=ストロースを語るには神話学と遠近法を無視できない。  遠 [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 15時37分

« 報道しない自由 | トップページ | マスコミは敵だ »