« 日印関係を深めよ | トップページ | 日本は日本の主張をしろ »

2006年12月26日 (火)

コンビニ弁当の危険性

悪いことは言わないからやめておけ。

弁当、売れ残ったら飼料に 農水・環境両省が認定制度へ

 コンビニエンスストアや外食チェーンの食品廃棄物のリサイクルを促すため、農林水産・環境両省は、売れ残った弁当を飼料にしてブタを生産し、その肉を再び弁当の材料にするといった「リサイクルループ(食の循環利用)」の認定制度を創設する方針を決めた。コンビニと外食チェーンでのリサイクルが最大で計50万~60万トン増える可能性があるとみられる。

 廃棄物の収集・運搬をする業者は市町村ごとに許可をとる必要があり、広域展開するコンビニや外食チェーンは食品リサイクルがしにくい。このため両省は食品リサイクル法を改正して「ループ」の認定制度を設け、その認定業者には廃棄物処理法の特例措置を適用し、市町村だけでなく都道府県境を越えて広域に食品廃棄物を収集・運搬できるようにする考え。

 「ループ」は、コンビニや外食チェーンが賞味期限切れ弁当や食べ残しなどをリサイクル業者に渡して飼・肥料をつくってもらい、契約農・畜産家で用いてブタや野菜を育て、それを調理した弁当や総菜を再び販売するなどの仕組みコンビニ大手も一部地域で始めている。認定制度創設で、こうした「ループ」の広域利用を促す。

 農水省の調べでは、04年度に発生した食品関連事業者の食品廃棄物は約1100万トン。うち、食品小売業は約260万トンでコンビニはその1割弱を占める。外食産業は約310万トンで、牛丼などファストフード店からはその1割強が排出されているとみられる。

 認定制度の創設は、26日の両省の諮問機関の合同会合で承認を得られれば、来年の通常国会に食品リサイクル法改正案として提出する方針だ。

2006年12月26日11時00分 朝日新聞

 リサイクルといえば聞こえは良いが、西日本新聞社発行のブックレット「食卓の向こう側」によれば、福岡県内の養豚農家で、あるコンビニの弁当やおにぎりを母豚に毎日3キロずつ与えたところ、奇形や死産が相次いでいたことが分かったそうです。そして、透明なはずの羊水もコーヒー色ににごっていたとか…。

また、こういった話もある。

【ファンキー通信】コンビニ弁当ってどうなの!?

 安くて種類も豊富に揃えられているコンビニ弁当。でも販売されているお弁当の食材には添加物が多く含まれ、体に悪いと言われている。そんな食材はどのような工程を経てお弁当となっているのだろうか? 食の安全性や危険性を分析する農民連食品分析センターの所長である石黒さんに話を伺ってみた。

 「コンビニ弁当に入っているシイタケ、レンコン、にんじん、サトイモなどの野菜は中国から輸入されています。こういった野菜には多くの農薬や添加物が使われているのですが、収穫されてもしっかりと洗われてはいません。というのも中国は日本に比べて水資源が少ないため、野菜の洗浄に何度も同じ水を使っているのです」(石黒さん)

 確かに水不足と水質汚染に悩む中国で、野菜を洗うだけの水がきれいかどうかは疑わしい。また、お弁当やサンドイッチなどでもよく用いられている食材「卵」についてもこんな話をしてくれた。

 「そのままの形で輸入される卵は少なく、ほとんどは殻が割られ中身だけが冷凍されて日本に送られてきます。だから卵の良し悪しを判断できないので、ちょっと危ない気がしますね」(同)

 お弁当に必ずと言っていいほど入っている生姜やキュウリなどの漬物類に関しても、驚くべき話を聞かせてくれた。

 「輸入された塩蔵野菜は横浜港などに何年も置かれています。実際にその現場に行ったことがありますが、大量に置かれていることもあってか臭くて近づけませんでしたね。中にはカビが生えたものもありますが、漬物工場で漂白、着色、脱塩などをすれば食べられる漬物に生まれ変わるのです・・・」(同)

 コンビニ弁当は安いけれど、それで病気になれば、もともこもないという石黒さん。とは言っても便利なので、ついコンビニ弁当を買ってしまう、というのが大多数の方ではないだろうか。体に悪いと分かりつつもすぐに手に入るお弁当を買いに行くのか。少し遠いお店だけど安心して食べられるというお弁当を買いに行くのか。さて、本日のお昼はどっち? (清水憲一/verb)

2006年12月10日21時09分

 コンビニ弁当はその陳列量の半分が売れれば元が取れるといいます。600円に満たない弁当がそうならば、その中身は推して知るべしです。

 コンビニ各社は苛烈な競争状態にあります。その競争状態の中では安全性より低価格、そして収益性を重視する傾向が出てくることは当たり前のことです。しかしながら食の安全性を犠牲にした競争は、他の安全な食品を売る業者を淘汰し、ますます過熱する競争はさらに食品の質の低下とそれを補う為の添加物の増加を招くという悪循環を生んでいます。こういったところにこそ、政府が介入して基準を設け、厳格に運営することにより、食の安全性と国民の健康を守る必要があるのではないでしょうか。

 もちろん、消費者としての立場から、こういった食品を選別していくことも重要です。近年、食育ということが喚起されておりますが、規模の拡大や便利さよりも、その質を重視する時代が来ているのかもしれません。

生産国が明記されていない食品は食べない方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 日印関係を深めよ | トップページ | 日本は日本の主張をしろ »

国内政治」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

コメント

コンビニの簡便さが、若者からまともな思考を奪いつつあるいると思う。
あの秋田児童連続殺人事件の容疑者の畠山静香も、食生活のほとんどはコンビニ弁当で賄っていたという。
料理をしなくてもすんでしまうしまうから、ガスも止めてしまったということだ。
「手塩にかけない」子育ては、母親をとうとう『子殺し』にまで到らせてしまった。

投稿: アサピー嫌い | 2006年12月26日 (火) 17時45分

コンビニ弁当の残飯を与えた豚の話はショックでした・・・
独身で深夜まで残業が続くと、コンビニ弁当についつい頼りがちになる・・・・・おいら、早死にするのかな。

投稿: sdi | 2006年12月26日 (火) 20時28分

良くも悪くも消費者と情報提供するマスコミ次第ですねぇ。
安さばっかり追求しないで地元の野菜を食べるとか、ちょっと食らい高くても安全を追求したチェーンで食事するとかすれば、世の中のトレンドが変わっていい方に向いてくると思います。
健康と安全が商売になれば、市場原理に従ってそういった“健康と安全”を追求した商品が開発されるわけで。

投稿: takayuu | 2006年12月26日 (火) 22時25分

嫌な話ですね。  ウソかほんとか、こんなことも聞きました。
一人暮らしの老人がいつもコンビニ弁当を食べていたそうです。  ある日、孤独死してしまい、しばらくの間わからなかったそうです。  ずいぶん日時が立っているにもかかわらず
弁当の防腐剤が利いてか腐っていなかった。 気色悪い話です。


投稿: moku | 2006年12月26日 (火) 22時48分

食品の「安心・安全」や「食育」に強い関心を持っています。
12月8日に「食の安全通信簿」というブログを立ち上げました。
こちらです。
↓↓↓↓
http://fsr.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_8387.html

で、こちらのページにリンクを張らせて頂きたいのですが、
いかがでしょうか?

投稿: skywork | 2006年12月26日 (火) 23時43分

コンビニ店員として申せば、在庫量の半分が売れて元が取れるのは本部の利益です。
フランチャイズの各店舗は廃棄費用を負担しているので完売してやっとトントンといったところです。
それでも本部の人間は売上げを伸ばせと言い寄ってきます。
まあ、そこがコンビニのフランチャイズ契約が「奴隷商法」と云われる所以ですかね・・・
どう言うがコンビニ店員は後ろ暗い仕事に変わりありませんね。

投稿: minase | 2006年12月27日 (水) 04時22分

残飯の豚の話ですが、これ、既に人間でも起こっているの聞いた事がおります。(2~3年前ですが)
それは環境ホルモンや食品添加物によっての話ですが、まあ同じ事でしょう。
産婦人科の関係医者の話、ここ何年か母体の羊水が濁っていて匂いが酷くなった。何らかのアレルギーを持って生まれる子供が増えた。と。
胎児は羊水を飲んでいます。毒水飲んでたら、そりゃおかしくなりますよね。親の責任は大きい。

投稿: ねこぱんち | 2006年12月27日 (水) 14時49分

>>「奴隷商法」
いやな言葉ですね。
廃棄ロスチャージで利益を吸い上げる構造は、搾取と変わらないですね。
規模の拡大が全体の幸せに繋がっていないいい例です。

投稿: takayuu@管理人 | 2006年12月28日 (木) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンビニ弁当の危険性:

» 中国の対日農産物輸出分析報告 [某赤い国Life]
中国の対日農産物輸出分析報告 ↑クリックでジャンプ 転載禁止らしいのでリンクから飛んでください。 ↓クリックでランキングチェック [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 16時22分

» 浄化槽はこんなもの [浄化槽のあれこれサイト]
浄化槽についてまとめました。浄化槽の法律、資格、仕組み、種類、メーカーなどについて調べました。浄化槽の情報をお求めの方にお役に立てたらうれしいです。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 01時05分

« 日印関係を深めよ | トップページ | 日本は日本の主張をしろ »