« 喧嘩の上手い外務大臣 | トップページ | 内閣支持率暴落 »

2006年12月 1日 (金)

寿司の国際認証制度

日本のお墨付き制度に対して、何故か韓国が打撃憂慮だってさ。

日本「寿司」国際認証へ…韓国人運営食堂打撃憂慮

 日本政府が海外の寿司食堂を相手に「監察組(shshi police)」の運営に出た。

  外国の寿司食堂のうち品質やサービスがまともにできた所を選び「認証」するというのだ。寿司監察組は今夏フランスに初めて登場した。日本貿易振興機構(JETRO)パリ支部が「真の日本の味とサービスが何かが分からなければならない」と料理専門家12人で構成された「日本食堂価値向上委員会」を作ったのだ。彼らは客を装って、大きくて有名だという寿司店80カ所を訪問した。

  そして▽日本産の材料を使っているのか▽食べ物の質はどうか▽食べ物を盛るスタイルやサービスが日本的なのか--などを採点した。評価結果3分の1は基準を満たすことができなかった。

  JETROは合格した食堂には箸を手に持ったデザインの「真の日本料理」マークを店につけることにした。日本政府は合格した食堂のみ政府運営サイトなどに勧める日本食堂名簿に入れる方針だ。

  海外の寿司店の中には韓国人の運営する所が多いが、この基準をパスできない場合、営業に打撃を被るものとみられる。日本政府は監察組の活動領域を米国などほかの国にも広げる計画だ。

  この記事を扱った米国のワシントンポストはしかし「いくら全世界的に寿司ブームが起こっているとはいうが、このような日本の動きは『食べ物の国粋主義』に映る」と指摘した。

  この指摘に対して日本政府側は「何の問題もない」という立場だ。和食ブームに便乗し、全世界に「類似の日本食堂」が雨後の竹の子のようにでき、日本固有の飲食文化に歪曲現象が起こっているという主張だ。

  日本政府のある関係者は「もし間違って作った寿司を食べて腹痛でも起こせば『和食は危ない』というイメージが広がることがありえる」とし「イタリアとタイも類似の制度を運営している」と強調した。

東京=金玄基(キム・ヒョンギ)特派員 

2006.12.01 09:04:18 中央日報

 元はと言えば日本文化を端から尊重しない君たち韓国人が、自国の適当な料理を日本食と偽って提供した所為で苦情が多発して日本食のイメージが失墜し、さらにフィガロ紙が寿司に含まれる雑菌を調査報道するに至って、さすがに見過ごすにはあまりにも酷い状態になった為に、“日本貿易振興機構(JETRO)パリ支部が「真の日本の味とサービスが何かが分からなければならない」と料理専門家12人で構成された「日本食堂価値向上委員会」を作った”訳で。

 それを米国のワシントンポスト紙を引用して“「いくら全世界的に寿司ブームが起こっているとはいうが、このような日本の動きは『食べ物の国粋主義』に映る」”と批判するのはいかがなものか。

 堂々と“海外の寿司店の中には韓国人の運営する所が多い”と認めたうえで、“基準をパスできない場合、営業に打撃を被る”と主張するのはさすがとしかいいようがありません。自分たちの同胞が似非日本食を出して隣国に迷惑をかけて恥ずかしいという意識は欠片も無いようです。正にジャイアニズム、小中華思想というべきか。

 日本政府が“「もし間違って作った寿司を食べて腹痛でも起こせば『和食は危ない』というイメージが広がることがありえる」”と主張しているように、元々は衛生観念の欠如した君たちが適当に作った寿司が原因で取らざるを得ない処置であり、審査の結果、日本食にふさわしくないと判断されたのであれば、その偽りの看板を下ろすのは当たり前だ。

 韓国人の辞書には自業自得という言葉は無いようです。ウダウダ文句言う前に審査員をうならせる料理を作って見せろ。

海外に正しい日本食を!と思った方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 喧嘩の上手い外務大臣 | トップページ | 内閣支持率暴落 »

中央日報」カテゴリの記事

韓国(その他)」カテゴリの記事

コメント

半島居住者及び出身者の非常識というか無知は止まるところを知らないという感がします。

なんでも半島に源泉があるというわりに、握りだけはそうではないということか。あるいは生ものを喰うのは下賤のすることだと愛国心に訴えて、非愛国的な「倭」的商売を辞めさせるのが君達の常套手段だろ。

投稿: weirdo31 | 2006年12月 2日 (土) 09時24分

この制度は何も寿司食堂だけを対象にしたものでは無かったと思いますが、とにかく、海外滞在時に怪しげな日本食レストランを何度となく経験した自分としては大賛成です。
韓国人が経営していようが日本人が経営していようが、何人が経営していようが関係ありません。
しかし、あえてこのような記事を読むと、韓国人が外国で日本食レストランを開くのは、単にそれが韓国料理レストランよりもうかりそうだからという理由で、そもそも日本食に対する愛着や誇りといったものは皆無でしょうから、日本人からすると許せないような日本食レストランになりはてる可能性が、日本人が経営する場合よりも高くなるのは必然なのかも知れません。
アメリカの新聞の記事の「食べ物の国粋主義」という一部分だけを抜粋していますが、「食べ物の国粋主義」、結構じゃないですか。
シャンパンはシャンパーニュ地方から、パルメザン・チーズはパルマ地方から。
伝統文化の無いアメリカ人にはそうしたものに対する誇り、あるいはそれを他者に汚される事に対する怒りというものが理解できないのでしょう。
日本文化の何たるかも知らずに金になるからと海外で怪しげな日本食レストランを開く韓国人を弁護する理由なんてあるはずもない。

投稿: 杉本 | 2006年12月 2日 (土) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/12895517

この記事へのトラックバック一覧です: 寿司の国際認証制度:

« 喧嘩の上手い外務大臣 | トップページ | 内閣支持率暴落 »