« 村山内閣の遺産 | トップページ | 斜陽の国 »

2006年12月15日 (金)

図星をつかれて取り乱す

図星か。

「植民地化などしていない」 中国、南ア大統領に反発

 「アフリカを植民地化などしていない」――。中国外務省の秦剛副報道局長は14日の定例会見で、南アフリカのムベキ大統領が中国のアフリカ進出に懸念を示したとされる報道に猛然と反発。約5分にわたって熱弁を振るう一幕があった。

 会見で米メディアの記者が報道について聞くと、秦副局長は「長期にわたり植民地主義の苦しさを味わった南アフリカの人々は、植民地主義がどんなものかを最も理解している」と皮肉ともとれる言葉で切り返した。

 さらに「中国と協力することでアフリカはその資源を発展に生かせる」「ムベキ大統領は対中協力の強化を望むとも述べた」などと続けた。

 石油などアフリカの資源獲得を狙い、スーダンなどに接近する中国に対しては欧米を中心に「植民地化」との批判が根強い。秦副局長の反論は、こうした批判に中国が神経をとがらせていることを露呈した形だ。

2006年12月15日13時14分 朝日新聞

 図星を突かれて取り乱しちゃったようですね。

 人権問題などで経済封鎖を受けている独裁国を堂々と囲い込んで独占的に資源提供を受け、かわりに入植者と劣化中国製品を送り込むやり方は植民地そのものです。国際ルールをまったく無視し、独裁政権に軍事援助を無制限に行って虐殺を助長しているからたちが悪い。

 まぁ、しかし、欧米に「植民地化」といわれて取り乱した気持ちもわからないでもないですね。お前が言うなと。まさに五十歩百歩。先生そりゃ無いぜといったところでしょうか。

取り乱すなんてみっともないと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 村山内閣の遺産 | トップページ | 斜陽の国 »

朝日新聞」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 図星をつかれて取り乱す:

» 日本防衛省昇格へ! [ネトウヨのブログ]
 ついに、防衛庁が省への昇格を果たす見込みとなりました。  与党と、なぜか民主党の賛成多数により成立しました。  民主党は、防衛問題に関して、当面、人気を回復するための策に出てきたようです。しかし、野党と連合して共闘している以上、人気が回復したらまた日本の安全保障を揺るがす政策をとることは間違いないでしょう。 (2ちゃんねるスレッド) http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166172840/l50 (読売新聞) http://www.yom... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 01時30分

« 村山内閣の遺産 | トップページ | 斜陽の国 »