« 国民も怒りが足りない | トップページ | 誰が見ても異常な事態 »

2006年11月11日 (土)

否定から始まる議論

朝日新聞が議論に応じたようです

核を持つ日本を危うくするだけだ

 北朝鮮の核実験後、麻生外相や自民党の中川政調会長らが、核について議論する必要性を繰り返し説いている。

 議論するだけならよいではないか。そんな声もあるようだが、要職にある政治家が議論しようと言う以上、それだけではすむまい。まず自分の意見を言うべきだ

 さて、私たちは次のように考える。

 もし日本が核保有に踏み切ったとしよう。自らの手で核不拡散条約(NPT)を破壊することになる。これまで世界の先頭に立ってNPTの重要性を訴えてきた日本が核保有へと急変すれば、国際社会での信用は地に落ちる。経済制裁などで、際限なく孤立が深まる恐れがある。

 米国には日米安保条約への不信の表明と受け止められる。周辺国からは自主武装への傾斜だと身構えられるだろう。

 仮に米国の支持を得たうえでの核保有であっても、アジアでは新たな不安定要因となる。そもそも、狭い国土に人口や産業地帯が密集する日本は核攻撃に弱い。核で核を抑止するには限界がある。

 核保有をめぐる危険や不利益は、非公式なものとはいえ内閣や防衛庁が過去に行った核問題の検討報告書にも記されている。核武装によって日本の安全が高まることはないと結論を出している。

 核保有は、日本経済の生命線であるエネルギー問題にも深刻な影響を与える。

 日本は日米原子力協定に基づいてウランなどの核物質や設備を米国から輸入し、原子力発電所を動かしてきた。協定によって平和利用に限定する義務を負い、これに違反すれば核物質や設備などの返還を求められる可能性が高い。電力の約3割を原子力に頼っている日本は、たちまちエネルギー危機に直面することになる。

 米国の「核の傘」に頼らず独自に核武装した方が安全ではないかという考えは、あまりに視野が狭い

 いま日本にとって大事なのは、6者協議を生かし、できるだけ早く北朝鮮に核を放棄させることだ。

 中国は日本が核を持つことを警戒している。日本が核カードをちらつかせれば、中国が本気で北朝鮮に核放棄を迫る。そうした効果への期待もあるようだが、危険なゲームと言わざるを得ない

 核保有の議論が長引けば、中国だけでなく韓国からも疑いの目を向けられ、北朝鮮を取り巻く国々の結束が揺らぐ。それこそ北朝鮮の思うつぼではないか。

 日本が核武装に動けばNPT体制は崩壊し、他の国々も核を持とうとするだろう。中東一帯での拡散も誘発する。核が増えればテロリストの手に渡る危険もまた高まるのだ

 被爆体験を持つ国がそんな引き金を引いてはなるまい。この地球上に核を増やすのではなく、なくす方向で世界と自分自身の安全を考える。それが日本の役割であることを忘れてはならない。

 外相も政調会長も、もし異論があるのなら、ぜひ語ってほしい。

【社説】2006年11月11日(土曜日)付 朝日新聞

 結局、“核武装によって日本の安全が高まることはないと結論”でどうすんの?という議論が無いのが問題なわけで。

 MD(ミサイル防衛)に言及していないことはある特定国への配慮を感じさせます。現在の集団的自衛権の行使の解釈ではMDは造れども、日米の同盟関係の強化にはいたりません。なぜなら、米国は飛んでくるミサイルを無差別に迎撃できますが、日本側は日本列島を通過するミサイルといえども着弾点が予測できないうちは打ち落とすことは出来ないからです。

 それでも現在の集団的自衛権を頑なに守り続け、日本の専守防衛、憲法第9条を守り続けるならば、核保有で抑制するしかありません。報復のためにしか使わないことを宣言してもなお日本の核保有という事実は周辺国に対して十分な抑止力となりえるからです。

 そう考えると、”狭い国土に人口や産業地帯が密集する日本は核攻撃に弱い。核で核を抑止するには限界”というのはただの詭弁に過ぎません。日本の核兵器は先制攻撃されることを想定して保有されるものです。日本に核攻撃したものは必ず核報復される。その覚悟が核ミサイルの発射ボタンを押す側にあるのと無いのとでは天と地の差があるのではないか。その日本が核兵器に強いか弱いかなど関係の無いことです。それとも朝日新聞は、先に打たれれば日本は壊滅し、日本人はほとんど死滅するから“無抵抗のまま死ね”とでもいいたいのか。

 “米国には日米安保条約への不信の表明と受け止められる。周辺国からは自主武装への傾斜だと身構え”とありますが、米国の共和党敗北で民主党の対話路線への圧力が強まることが予想されます。北朝鮮の金正日は狂喜乱舞してこれを喜び、日本の頭越しで直接対話が実現することを切望しているでしょう。

 この頭越しの直接対話は日本の日米安保条約を根底から揺るがすことであり、日本としては絶対に阻止しなければなりません。日米安保条約への不信の表明?結構なことです。日本の核保有は議論だけで十分直接対話への抑制につながり、6者協議優先という日本の方針にも合致します。“周辺国から自主武装への傾斜だと身構え”とありますが、それがどうしたっていうの。中韓が“自主武装への傾斜と身構え”て、東シナ海ガス田の開発や竹島問題により慎重になるだけです。朝日新聞も真性なのか?

 “中国は日本が核を持つことを警戒している。日本が核カードをちらつかせれば、中国が本気で北朝鮮に核放棄を迫る。そうした効果への期待もあるようだが、危険なゲームと言わざるを得ない

 中国や韓国が北朝鮮に対して本気で制裁を望んでいないことなどということは、すでに国際的な常識です。今後は実質的に北朝鮮の延命を図っている中国に対して、如何にして圧力をかけるかが焦点となっています。何が“危険なゲーム”だ。危険なゲームをしているのは北朝鮮であり、狂犬をけしかけて日本の安全保障を脅かしている中国だ。この危険なゲームは、北朝鮮を延命させることによるデメリットが、延命させることのメリットを超えたときにのみ終結する。それまで日本は持てるカードをすべて利用し、絶対に降りてはならない。

 北朝鮮が核を持った時点でNPTはすでに有名無実化しています。今、何が問題かといえば、現在の国際ルールが中国、ロシアが勢力を拡大するのに有利な状況となっていることです。中露のゴリ押しによって国連は機能不全を起こし、ルールを平気で破るものだけが得をしている。

 そのような国際社会においては力の均衡こそが地域の安定を保証する唯一無二のものであり、日本の安全保障は現在の延長線上では必ず近い将来破綻をきたします。日本は現在ある枠組みにとらわれず、日米同盟の強固な関係を維持しながら東アジアに新秩序を打ち立てる努力をしなければなりません。北朝鮮の核施設を空爆するくらいで核否定と丁度釣りあうのではないでしょうか。狂犬に遠慮はいらない。

 核保有議論は核保有の否定で終わるのではなく、否定から始まるものなのです。

応援クリックお願いします!⇒人気blogランキングへ

|

« 国民も怒りが足りない | トップページ | 誰が見ても異常な事態 »

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

コメント

チョウニチ新聞の神学者に疑義を呈することは、政教分離の原則に引っかかるような気もするが、あえて一言。

社説はまさに核武装論議以外の何物でもないのでは?神学論争でも反対派に反論する権利はあるはずだが、それも許さないというのは?

反論を許さないというのは、チョウニチ紙が常に排撃してきたたファシズム、全体主義、反民主主義が社の体質に他ならないことを露呈した。

おつむの少々足りない政治家が言うのはまだ愛嬌があるが、我が国最高の知性を自認するチョウニチ新聞の社説としてはちとお粗末だ。

投稿: weirdo31 | 2006年11月11日 (土) 11時52分

朝日の社説に思わず笑ってしまいました。
つっこみどころ満載ですね。
外相、政調会長の前に私が論破いたしましょう。

>まず自分の意見を言うべきだ
言論封殺していたのは朝日だろ

>もし日本が核保有に踏み切ったとしよう
誰もそんなこと言っていないよ、馬鹿!
核論議するなと政治家にいっておいて自分から話を切り出すなよ。

>核不拡散条約(NPT)を破壊
じゃあなんで脱退条項があるの?

>米国には日米安保条約への不信の表明と受け止められる
その方がうれしいくせに

>核武装によって日本の安全が高まることはないと結論を出している
勝手に結論だすな!

>米国の「核の傘」に頼らず独自に核武装した方が安全ではないかという考えは、あまりに視野が狭い。
朝日さん。それだと非核三原則を事実上否認することになるよ。そのあたりのつじつまはどうなるの?

>日本が核武装に動けばNPT体制は崩壊し、他の国々も核を持とうとするだろう
日本一国の行動で世界秩序が崩壊する?
そんなこといっているからユートピアンっていわれるんだよ。

>被爆体験を持つ国がそんな引き金を引いてはなるまい
理由になってないよ

>外相も政調会長も、もし異論があるのなら、ぜひ語ってほしい。
たいした論述でもないのにえらそうだな。
こんな社説馬鹿でも論破できるよ!

投稿: horrible | 2006年11月11日 (土) 14時05分

●2006年5月、安倍総理が霊感商法で知られる統一教会の合同結婚式へ祝電を送った件が報じられた。保岡興治・憲法調査特別委員会筆頭理事など、複数の議員の名前があがっている。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-13/2006061314_01_0.html

マスコミの取材を受けた、安倍晋三官房長官は、「私人としての立場で地元事務所から『官房長官』の肩書で祝電を送付したと報告を受けた。誤解を招きかねない対応で、担当者に注意した」と、コメント。

●統一教会がらみの最大の事件はこれである。
『「合同結婚式、6500人の行方を捜して」被害者家族が訴え』 2006年01月23日
http://www.christiantoday.co.jp/news.htm?id=393&code=sn
日本側は、韓国で統一協会の合同結婚式に参加した後、行方不明になった日本人女性6500人の捜索を要請。
日本側からは、統一教会問題の連絡会の日本カトリック教会、日本基督教団、日本聖公会、日本バプテスト同盟、日本福音ルーテル教会、在日大韓基督教会など6個教団と、全国霊感商法被害対策弁護士連絡会、統一協会被害者家族の会などが参加。

●安倍家とカルト詐欺団体・統一教会との関わりは、今に始まったものではない。
戦後間もなく、祖父・岸信介の時代から親子三代に渡り、笹川良一、ロッキード事件の児玉、アメリカ~欧州の軍産複合体と共に非常に深い関わりを持ってきた。

写真:「統一教会本部で握手をする岸信介と文鮮明」
写真:「文鮮明主催の世界言論人会議(第7回)でスピーチする岸信介」
http://www.chojin.com/history/kishi.htm

統一教会と岸信介元内閣総理大臣
http://www.chojin.com/person/kishi_uc.html
「(前略)教祖は、20年以上も前から岸先生のことを「岸は必ず総理大臣になる」と予言して、、、(中略)統一教会の本部は渋谷区南平台にあって、実は岸先生のお宅の隣でした。(中略)岸先生は、しばしば統一教会の本部や勝共連合の本部に足を運んで、、、(中略)岸先生に懇意にしていただいたことが、勝共運動を飛躍させる大きなきっかけになったことは間違いありません。」

『統一教会宣伝のHPに賛同者として名前を連ねる岸信介元首相』
http://www.chojin.com/person/jp.htm
「統一教会と私の奇しき因縁は、(東京・渋谷区の)南平台で隣り合わせで住んでおりました若い青年たち、、、(中略)そうしたら、笹川(良一)君が統一教会に共鳴してこの運動の強化を念願して、、(中略)あれは私が蔭ながら発展を期待している純真な青年の諸君で、、、(中略)そういう話を聞き、お隣りでもありましたので、聖日の礼拝の後に参りまして、、、(中略)きわめて情熱のこもったお話を聞きまして、非常に頼もしく私は考えたのです。」

●安倍総理の父・安倍晋太郎氏の時代には、数百人の統一教会信者を自民党秘書として『無償』で永田町に送り込んだ。気が付けば、秘書給与流用の弱みを握られるかたちとなった。
議員達は、統一教会の言いなりになるしか無くなっていた。逆らえば秘書給与流用のスキャンダルでつぶされるからだ。

●『2006年5月統一教会の合同結婚式に祝電を送った議員のリスト』;合同結婚式撮影ビデオより書き起こし

選挙区順まとめ:
松木謙公(民主、小沢G、北海道12区)
田名部匡省(民主、加藤六月G→新生党→新進党→無所属の会→?、青森旧1区→参院青森)
中野正志(自民、森派、宮城2区→東北B)※本人出席
佐藤剛男(自民、山崎派、福島1区→東北B)
船田元(自民、船田G→田中派→新生党→新進党→無派閥→山崎派→津島派、栃木1区)
西川公也(自民、中曽根派→伊吹派、栃木2区→北関東B)※元ムネムネ会
国井正幸(自民、山崎派、参院栃木)
中曽根康弘(自民、河野一郎派→中曽根派→江藤・亀井派、群馬旧3区→北関東B)
中曽根弘文(自民、伊吹派、参院群馬)
上田清司(新生党→フロムファイブ→民主党、埼玉4区→埼玉県知事)
神風英男(民主、一新会?、埼玉4区)
牧原秀樹(自民、八三会、埼玉5区)
小宮山泰子(民主、小沢G、埼玉7区)
中山義活(民主、鳩山G、東京2区)※本人夫人両出席
松本文明(自民、森派、東京7区)
平沢勝栄(自民、小渕派→無派閥→山崎派、東京17区)
清水清一朗(自民、八三会、東京20区→東京B)
小此木八郎(自民、渡辺派→村上・亀井派→無派閥、神奈川3区)
笠浩史(民主、一新会?、神奈川9区)
中本太衛(自民、橋本派、神奈川14区)※公選法違反連座※本人出席
山際大志郎(自民、山崎派、神奈川18区)
小林温(自民、森派、参院神奈川)
小林正(社会党→新生党→新進党→無所属→自由、参院比例)※本人出席
鈴木康友(民主、民社協会、静岡8区)※本人出席
小坂憲次(自民、渡辺派→新生党→太陽党→民政党→津島派、長野1区)
篠原孝(民主、小さな政府研究会?、長野1区)
若林正俊(自民、森派、長野旧1区→参院長野)
下条みつ(民主、羽田G、長野2区)
羽田孜(民主、羽田派→新進党→太陽党→羽田G、長野3区)
高鳥修一(自民、森派、新潟6区)
田中直紀(自民、田中派→二階堂G→丹羽・古賀派、福島旧3区→参院新潟)
長勢甚遠(自民、森派、富山1区)
野上浩太郎(自民、森派、参院富山)
馳浩(自民、森派、参院石川→石川1区)
高木毅(自民、森派、福井3区)
木村隆秀(自民、津島派、愛知5区)※元ムネムネ会
丹羽秀樹(自民、高村派、愛知6区)
青山丘(国民新党、民社党→新進党→保守党→亀井派、愛知7区→衆東海B→参院比予定)※市議時代に自民党※本人出席
大谷忠雄(新生党、小沢派、愛知6区)※所得税法違反と政治資金規正法違反で94年2月在宅起訴※本人出席
江﨑鐵磨(自民、新生党→二階グループ、愛知10区)
大村秀章(自民、津島派、愛知13区)※元ムネムネ会
鈴木政二(自民、森派、参院愛知)
宇野治(自民、伊吹派、滋賀3区)※夫人出席
関芳弘(自民、八三会、兵庫3区)
阪上善秀 (自民、江藤・亀井派、兵庫6区→宝塚市長)※夫人出席
大前繁雄(自民、山崎派、兵庫7区)※県議時代に民社党会派
山口壯(民主、政権戦略研究会?、兵庫12区)
鴻池祥肇(自民、河本派→無派閥、衆→参院兵庫)
末松信介(自民、森派、参院兵庫)
平沼赳夫(自民→無、中川派→福田派→亀井派、岡山3区)
増原義剛(自民、伊吹派、広島3区)
中川秀直(自民、森派、広島4区)
安倍晋三(自民、森派、山口4区)
木村義雄(自民、山崎派、香川2区)
大野功統(自民、山崎派、香川3区)
山内俊夫(自民、山崎派、参院香川)
福井照(自民、丹羽・古賀派。高知1区)
山崎拓(自民、中曽根派→山崎派、福岡2区) ※元青嵐会
宮島大典(民主、宮澤派→加藤派→?、長崎4区)※本人出席
岩下栄一(自民、宮澤派→河野G、熊本1区)※本人出席
保岡興治(自民、小渕派→新進党→山崎派、鹿児島1区) ※夫人出席
 
mms://222.122.15.167/vod/20060513j_300k.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060514j_300k.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060515j_300k.wmv
mms://222.122.72.150/vod3/2006/q2/20060516166201.wmv
mms://222.122.72.150/vod3/2006/q2/20060517166201.wmv
mms://222.122.72.150/vod3/2006/q2/20060518166201.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060519j_300k.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060520j_300k.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060521j_300k.wmv
mms://222.122.72.150/vod3/2006/q2/20060522166201.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060523j_300k.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060524j_300k.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060513j_300k.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060514j_300k.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060515j_300k.wmv
mms://222.122.72.150/vod3/2006/q2/20060518166201.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060519j_300k.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060520j_300k.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060521j_300k.wmv
mms://222.122.72.150/vod3/2006/q2/20060522166201.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060523j_300k.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060524j_300k.wmv
mms://222.122.15.167/vod/20060513j_300k.wmv

投稿: 岸信介~安倍総理=統一教会・詐欺 | 2006年11月11日 (土) 15時37分

思い起こせば6月22日にブログをはじめたきっかけは統一教会の祝電事件でしたネェ。
政治家からの電報なんて自治会の会長やらやっていた関係で家のオヤジの葬式にも来たよ。
自民党からも民主党からもね。
家のオヤジはアンチ巨人で自民嫌いの共産支持でしたが。

投稿: takayuu | 2006年11月12日 (日) 00時03分

後、無償で送り込んだという秘書達の名簿を見ました。
安倍首相の名前は無かったようですが、いかにも関係あるように書くのもどうかと思うよ。

投稿: takayuu | 2006年11月12日 (日) 00時05分

アマルティア・センの「人間の安全保障」からの抜粋。

「国連安全保障理事会の5常任理事国は、1996年から2000年にかけての世界の武器輸出のうちの81%に関与し…」「アメリカだけでも、世界の武器総売上の50%近くのシェアがあり…」「小火器の不正取引を共同で取り締まることにたいして、アメリカが合意すら拒んだ事実は…」

少なくとも、これ以上アメリカを肥やす方向へはもっていきたくないですね。核を保有したって平和は実現しません。今頃アメリカがほくそえんでいます。
http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/

投稿: ひろ | 2006年11月15日 (水) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 否定から始まる議論:

» 核武装について直球で考えてみる [しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」]
皆さんこんにちは! 日曜ですよ!。 富山は今、雨が降ってます。この時期の50%は雨か雪なんですよ。困りましたね!。 最近、どこぞの政治家がきっかけで世間は「核武装議論」が巻き起こっています。 テレビのスペシャル番組でも少々議論してるくらいですから、日本人の核... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 14時36分

« 国民も怒りが足りない | トップページ | 誰が見ても異常な事態 »