« 日本最高の外交官 | トップページ | 否定から始まる議論 »

2006年11月10日 (金)

国民も怒りが足りない

この工作員はなぜこんなにも必死なのか。

「メディアも怒りが足りない」 NHK命令放送で菅氏

 民主党の菅直人代表代行は9日の記者会見で、NHKへの命令放送について「戦前の大本営発表は全部重要だった。重要だから命令するという論理は報道の自由を全く認識していない暴挙だ」と批判。そのうえで「メディアの皆さんも少し怒り方が足りない。メディア自身がこういう論理のすり替えを許していると、最終的には重要性を政治権力が判断することになる。日本の民主主義に対する挑戦だ」と述べた。

 社民党の又市征治幹事長は談話で「NHKは命令が発せられても安易に受け入れることなく自主編集を徹底して貫き、公正な放送に努めるべきだ」と指摘。共産党の志位委員長も会見で「指示された側も放送の自由、自主性を守る立場で対応すべきだ」と語った。

2006年11月09日21時20分 朝日新聞

 何が“論理のすり替え”だ。菅氏は“「戦前の大本営発表は全部重要だった。重要だから命令するという論理は報道の自由を全く認識していない暴挙だ」”などといっているが、拉致被害者奪還の為に“拉致被害者を日本の家族も国も国民も絶対見捨てない”と活動していることを知ってもらうことを目的とし、北朝鮮が傍受しているNHK短波放送を利用して日本の覚悟を知らしめようとしているだけなのに、それを戦前の大本営発表とすり替えることで、いかにも政府が強権を発動し、報道の自由、自主性を剥奪する暴挙であるがごとく論じるとは何事だ!これこそ国民の生命を軽視した行為であり、国民の利益を阻害する暴挙だ。拉致被害者の前で同じことを言えるものなら言ってみろ!

 社民党の又市工作員も“「NHKは命令が発せられても安易に受け入れることなく自主編集を徹底して貫き、公正な放送に努めるべきだ」”“「指示された側も放送の自由、自主性を守る立場で対応すべきだ」”等とぬかしているようです。

 もともとNHKは放送法第32条(受信契約及び受信料)に定められた受信料徴収を財源とし、その他のいろいろな法律・政策により、国家に守られた特殊法人です。

 サヨクどもは“放送の自由”を盾に今回の“放送命令が違憲”だと騒いでいるようですが、それをいうならば、視聴する視聴しないを問わず一律に受信料を徴収し、あまつさえ強制徴収しようとしているNHKは、国民に対して電波の押し付けを行なっているが、これは明らかに“選択の自由”の侵害する違憲行為だ。

 また、政府によって法律の裏付けを与えられ、いわば政府の庇護の下に受信料の支払を強要=NHKの視聴を強要しているのであれば、国民の利益のためにより公共性の高い放送内容を要求されるのは当たり前のことです。

 そのNHKが“拉致被害者奪還の為”という国民全体の願い=公共の利益を拒否するのであれば、もはやNHKは公共の電波とはいえず、そんなテレビ局の作る番組はもう見るに耐えない。そればかりか視聴そのものを拒否したい。いやするべきだ。それでもまだNHKが支払を強要し、さらに法的手段に訴えるならば、これはNHKによる個人への“思想・良心の自由”の侵害であり、これもまた違憲行為に当たります。

 NHKは放送命令拒否をしたいならすればいい。それによって国民がNHKに対して公共性が無いと判断すれば、受信料の支払拒否はさらに激増し、裁判では今回の放送命令拒否を理由に争うことになるだろう。長年特権階級としてしたい放題やってきたNHK幹部にそんな度胸などあるわけがなく、政府に守られている放送局に放送を拒否する権利はない。それでもまだ拒否したいと言うならば視聴料の強制徴収はあきらめるのが筋というものです。

 NHKは国民の犠牲の上に成り立っており、日本人特有の“お情け”で現在の運営方法が許されていることを忘れない方がいい。NHKが公共の利益を無視して自由・自主性を訴えるのであれば、拉致被害者奪還を願う国民は受信料支払拒否で応じるだろう。

応援クリックお願いします!⇒人気blogランキングへ

|

« 日本最高の外交官 | トップページ | 否定から始まる議論 »

朝日新聞」カテゴリの記事

菅直人」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
おじゃまします。福岡のくぼたと申します。

 仰るとおりです、何を考えているのやら、こくみんをどう思っているのやら、理解に苦しみます。我々の代表と思っている馬鹿さかげんにもう我慢がなりませんね。税金の無駄遣いはこいつらですよ。本当に国民は怒らなくてはなりません。

投稿: くぼた | 2006年11月10日 (金) 22時23分

菅直人はいい発言をしましたね。国会論戦でそれを言ってくれればさらに良し。お返しの必殺パンチを浴びること間違いなし。何しろ彼は拉致犯のシンガンスの釈放嘆願書に署名した人物。北朝鮮支援者。それを何回でもクローズアップすることはよいことです。

投稿: 東京18区 | 2006年11月10日 (金) 23時14分

あれ?売国ミンスはつぶれてしまえ・・・という人は「クリック」・・・だとおもいきや・・・ノーマルやし

投稿: bao | 2006年11月11日 (土) 01時39分

野党の幹部諸君が集団発狂したのか、と一瞬ぞっとしたが、よく読むとチョウニチ新聞が断末魔で足掻いているに過ぎないことがわかった。

野党の幹部諸君、よく考えて発言しないと、諸君のグループの共同機関紙が倒産してしまうよ。

投稿: weirdo31 | 2006年11月11日 (土) 04時54分

日本、国民の財産である電波を許可を得て「借りている」分際で、ふざけるな。
サッカー中継を増やせとか、歌番組が無いとか言ってるんじゃないんだよ。 人命にも関わる事に貢献することを、なぜ嫌がる?

もう電波割り当て分を返せよ、NHK。
無能で使えないなら他にまかせるからさ。

投稿: 民主党くたばれ | 2006年11月11日 (土) 10時08分

この件に関して、私はすごーーーーく腹が立ってます。
マスコミは国民の意識からどんどん遠ざかっていっているように感じます。
なぜ、よろこんで放送ができないのか?その他の報道関係者も批判的な意見ばかり目立ちます。
政府の拉致に関する対応を批判しながら、いざ自分たちが協力することはいやだと言う。横田夫妻がメディアに登場した時等、一刻も早い解決を望んでいる、といっているくせにこういうときは知らん振り。
拉致被害者の前で同じ言葉が言えるのだろうか?
もうメディアは腐っている。野党も同じです。

投稿: こころ | 2006年11月11日 (土) 10時16分

はじめまして。
管さん叫んでますが、衆参の予算委員会でこれを提案したのは、中川正春、森ゆう子議員です。同じ民主党議員の珍しく素晴らしい提案でしたが、なにか。

投稿: らしく | 2006年11月11日 (土) 16時57分

本当に情けないですね。拉致被害者のためにできる事は何でもするべきだと思います。同胞がこんなにも長期間、酷い目ににあっているのに・・・・。
こんなんじゃ、受信料など、ますます払いたくないだけです。

投稿: SESIRIA | 2006年11月11日 (土) 17時52分

管理人様,皆様,初めてお邪魔致します.以後よろしくお願いいたします.

NHKへの放送命令批判や核武装発言非難に象徴される戦後日本の言論・思想の異常さを一言で申し上げれば;

「民主主義とは反対すること」
「自由とは反対・批判を強制すること」

「悪である.日本が,アメリカがやったことだから;自民党が,政権が,企業が,学校がやったことだから」
「悪ではない.北朝鮮が,中国が,韓国がやったことだから;民主党が,市民が,子供がやったことだから」

となりましょうか.

戦前の言論は;
体制に対して賛成・支持するのは許すが,反対・批判をすることは許さない.

しかし戦後の言論を見ると;
体制に対して反対・批判するのは許すが,賛成・支持をすることは許さない.

つまり現状は戦前の状況が裏返しになっただけです.
選択肢が片側しかないことに変わりはないのですから.

そして,反対や批判を強制することが,さも自由を守ることであるかの如く巧妙に摩り替えられ,国民に刷り込まれているのです.
日本人は,学校教育から社会に出た後に至るまで,知らず知らずのうちにこう洗脳され,反日左翼真理教の信徒にされていくのです.

その根底には,「悪の日米対善の中韓朝」「悪の権力対善良な市民」という反日左翼方程式があります.

(現行の教育基本法の「不当な支配に屈することなく」の文言もそれにマッチしているとの指摘をどこかのサイトで読みました)

このような似非民主主義,似非自由が,日本社会のいたるところに深く静かに根を下ろしています.

しかし,北朝鮮による拉致事件および拉致被害者家族の方々の怒りによってこの方程式は市民権を急速に失いました.
市民の側にいながら国家以上に強硬で,国家の尻をたたき続けている方々の怒りは反日左翼らには実に“迷惑”どころか“断じて許せない”ことでしょう.彼らにすれば「国家が国民を守る」などということはあってはならないことでしょうし.

反日左翼真理教の信徒らは反日左翼方程式の市民権を回復しようと躍起になっています.2004年のイラク人質3名の言動などその最たるもの.

日本正常化には,この反日左翼方程式を完全に打ち砕かなければならないと思います.

★方々の保守系Blogを回っておりますのでご挨拶お返事等遅れる場合がございますが何卒ご容赦くださいませ.

投稿: くちべた日本人 | 2006年11月12日 (日) 08時18分

「日本国を廃止しよう運動」を粉砕しよう!

国防問題もかつてそうでしたが,皆様おっしゃるように「国と国民を守る」という国家として本来当たり前のことが特殊政治問題であるかのように扱われる異常さはとりもなおさず日本の言論・思想の異常な現状なんですね.

北朝鮮がミサイル実験に続いて核実験までしたというのに,日ごろ米軍基地に反対している勢力は黙っているか,抗議してもポーズだけです.

人権擁護法案提出には熱心だが,拉致被害者の人権には知らん顔.

社民党・共産党・日教組などの政治勢力だけではありません.
北朝鮮寄り勢力だけではありません.
国民にも多数います.何故なのでしょうか.

答えは1つ.洗脳されているからです.
騙されているのでもありません.
脅されたり,金をもらってやっているのでもありません.
パブロフの犬.脊髄反射.思考停止しているのです.

先日の沖縄のPAC3反対運動にあれだけの人間が集まった光景を見て余計にそう思います.

以前書いたことと一部重複しますが

「悪である.行為者がアメリカや日本だから」
「悪ではない.行為者が北朝鮮や中国だから」
「かばってあげなくては.どんな凶悪犯でも少年は少年なんだから」

こんな奇妙な思想,いや現実から乖離した教条主義がさも常識であるかのごとく装われて蔓延しているのです.

そして,知識層,言論,教育・・・日本のいたるところに深く静かに根を下ろす,そんなオウムならぬ反日左翼真理教の教義は「日本なんかなくなってしまえ!」

彼らに取っては教義が最高いや唯一の善.人間としての道徳も社会ルールも「糞食らえ」.

その教義実現のためならどんな卑劣なこともいとわない.拉致被害者家族の方々までも容赦なくいたぶりつける反日左翼教信徒たち.

洗脳された者たちと戦うのは容易ではありません.ヘッドギアをつけたオウム信者とやりあうのと同じです.
彼らは教義と異なる現実を見ても絶対に認めようとしません.必死で教義にしがみつきます.
むしろオウムの方が反日左翼教のデフォルメと言うべきではないでしょうか?

そしてさらに恐ろしいのは,この異常さをおかしいとも思わない大人たち・子供たちがいて,それを受け継いでいっていることです.

彼ら反日左翼を倒すのは金正日を倒すよりもはるかに難しいと言う気がいたします.

2004年かのイラク人質の家族の「『驚きと怒り』の『怒り』を削除せよ」との妄言からも思うのですが;
おそらく彼らは,北朝鮮軍が日本に上陸しても,北朝鮮軍の銃弾が自分の体を貫いても,驚きはしても怒りはしないのでしょう.
息を引き取るその瞬間でさえも,北朝鮮を悪として認識することはできないのではないか,とさえ思います.

拉致事件以来本性を暴かれてきた彼らの対抗手段は,洗脳によって価値観いや善悪観をゆがめてしまうことです.
これ以上,洗脳され反日左翼化する日本人を増やしてはなりません.

「日本なんかなくなってしまえ!」の教義を断固粉砕しなければなりません.

微力ながら保守Blogを走り回って,ネットから声を上げて生きたいと存じます.

投稿: くちべた日本人 | 2006年11月21日 (火) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民も怒りが足りない:

» テレ朝の”やらせ”とNHK命令放送 [Empire of the Sun太陽の帝国]
 今日の朝刊の1面は朝日も産経も政府主催で開かれたTM(タウン・ミーティング)で [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 00時09分

« 日本最高の外交官 | トップページ | 否定から始まる議論 »