« あさはかなる主張 | トップページ | 奴隷の自由 »

2006年11月 4日 (土)

わかりやすい偏向報道⑧

だから修正などしてないと何回言ったら…

自民・中川政調会長、「核保有議論」発言を事実上修正

 自民党の中川昭一政調会長は3日、佐賀市内で講演し、「私は核保有の議論をしろと言っているのではない」と述べた。そのうえで、北朝鮮が日本の原子力発電所を核ミサイルで攻撃する場合などを例示して「撃たれないようにするにはどうしたらいいのかという議論をなぜしないのか」と語り、核攻撃に対する防衛論の必要性を強調した。

 中川氏はこれまで、日本の核保有について「議論はあっていい」と発言。自民党内からも批判が相次ぎ、従来の発言を修正した形だ。

2006年11月03日21時07分 朝日新聞

中川政調会長、核保有議論の必要性また強調

 自民党の中川政調会長は3日、佐賀市で講演し、北朝鮮の核実験に関連し、「(北朝鮮の軍事)能力も日々充実しているとするならば、平和と安全をどう守っていけばいいのか、核も含めて、なぜ議論しないのかと述べ、改めて核保有をめぐる議論の必要性を強調した。

 日米同盟については、「同盟は互いの国益を判断しながら成り立っているもので、絶対ではない。日米安全保障と国連決議があればあとは安心だ、まかせておけばいいというのは世界の非常識」とも語った。

(2006年11月3日20時21分  読売新聞)

 朝日新聞が“「議論はあっていい」⇒修正”としたように、戦後日本を陥れてきたサヨク勢力ははどうしても日本が「普通の国」になることを阻止しようとし、その議論すら封じようと躍起になっています。

 中川(酒)政調会長は、一貫して「核保有を含めたタブーなき日本防衛の議論」をすべきだとしているであって、「日本が核保有をすべきだ」と結論付けた議論をすべきだとは、発言した当初から一度も言及したことはありません。

 今回の朝日新聞の報道は明らかに偏向、いや、これはもう捏造といっていいでしょう。さすがは“朝日新聞”と新Googleツールバーに入力すれば候補に“捏造”と出るだけはあります。年季が違いますね。

さすがは朝日新聞年季が違うな!と思ったらクリック!(人気blogランキングへ)

 そして、今回中川(酒)政調会長は“「同盟は互いの国益を判断しながら成り立っているもので、絶対ではない。日米安全保障と国連決議があればあとは安心だ、まかせておけばいいというのは世界の非常識」”とも発言しました。朝日は当然のようにスルーしたようですが、ある意味、こちらの方が核保有議論よりも、日本にとって重要な議論ではないかとおもいます。

 エントリー「戦後レジーム」からの脱却にて、安倍首相の観覧式での訓示で「フランス敗れたり」を引用したのは「戦後レジーム」からの脱却を意図したものだと記事を書きました。そのことは、今回の中川(酒)政調会長の発言ともピタリと符合しています。

 フランスは、ビスマルク率いるプロシアに敗れたことで戦前を全否定して過剰な「平和至上主義」と化し、国際連盟に過度の期待をかけ、国際連盟さえあれば戦争がなくなるという幻想に取り付かれて国防を怠り、ナチスドイツにわずか6週間で国土を蹂躙されてしまいました。

 日本は大東亜戦争に敗戦した後、このフランスのおかれた状況と非常によく似た境遇におかれています。世間には似非平和主義者が跋扈し、人権屋がはびこり、教育は破壊され、マスメディアはサヨクの支配下にあって国士を陥れ、米国から奴隷憲法を与えられ、その境遇にとどめようとする圧力が内外を問わず継続してかけられています。

 このような事情を考慮すれば、日本の早急の課題はこの「戦後レジーム」からの脱却であり、この障害となりうる日本の敵は①「国連至上主義」②「日米同盟至上主義」③「平和憲法第9条至上主義」の三つに分類できます。中川(酒)政調会長は、核保有議論で①と②からの脱却を意図し、安倍首相は憲法第9条を改正を政策目標に挙げて③からの脱却を目指しているわけです。

 そして、現在、北朝鮮の核実験強行によってややもすれば右寄りに振れようとする世論を、国内の売国サヨク勢力が一致団結力を合わせ必死でで阻止しようとしています。それどころかこの売国サヨク勢力は、外患を引き入れ日本を売り渡そうとさえしているのです。

「憲法9条はアジアの安定剤」 韓国の市民運動家報告

 憲法公布60年を迎えた3日、憲法改正の動きに反対する市民集会が東京・神宮前であった。「とめよう戦争をする国づくり」を合言葉に、平和活動を続けるNGOや護憲団体、労働組合などが企画。高齢者から若者まで約360人が参加し、原宿や表参道をデモ行進した。

 集会では、韓国から招かれた市民団体「アジアの平和と歴史教育連帯」の姜恵●(カン・ヘジョン)さんが、教育基本法や憲法の改正の動きに触れて「戦後民主主義が根本から揺らいでいる」と指摘。憲法9条について「軍事大国化の歯止めとして、過去に植民地支配されたアジア諸国にとっては『安定剤』となっている」と歴史的な意義を改めて強調した。

※●は「きへん」に「貞」

2006年11月03日21時06分 朝日新聞

 何が「憲法第9条はアジアの安定剤」だ。このようなたわごとを北朝鮮に闇雲に援助して日本の安全保障を危機に陥れている韓国人には絶対に言われたくない。お前らは「アジアの起爆剤」だ。いつの時代も主体性を持たず、あっちぶれこっちぶれしてクルクル回り、周辺国に騒乱を撒き散らし戦乱を加速する。

 もうこれ以上、こんな奴らにだまされる必要はない。今こそ「戦後レジーム」から脱却し、心の枷を解き放ち、売国勢力を駆逐して日本の未来を切り開いていかねばなりません。

人気blogランキングへ

|

« あさはかなる主張 | トップページ | 奴隷の自由 »

サヨクマスコミ」カテゴリの記事

中川(酒)」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

読売新聞」カテゴリの記事

コメント

いや、ほんと
朝鮮民族は地球上から、いや宇宙から滅びるべき民族ですねぇ。
最近の毎日新聞の火病記者の件を見ても、朝鮮関係の何を見ても、切実にそう感じる今日この頃です。

投稿: ワ | 2006年11月 4日 (土) 01時16分

 アメリカでさえ日本との戦争をしたらどうなるかの研究をやっています。もちろん誰もそれを非難などしません。
 それに
 雨のことを考えなければ絶対に晴れるのでしょうか?
 良純さんでもこんな簡単なことは分かります(笑)。
 
 分からない連中には頭に雷でも落ちなければ分からないのでしょう?
 頭がノーテンキな人でも雨の日はカサぐらいさすでしょうに・・・(笑)

投稿: 柳生すばる | 2006年11月 4日 (土) 01時27分

先月まで朝日を取っていたわたしは今回のクリックボタンの「さすがは朝日新聞年季が違うな!」を その通り!と思っていたので朝日新聞だけが「6者協議」と書いていたということにどうもしっくりしませんでした。北の核実験後、朝鮮籍から韓国籍に帰る在日が増えたがあまり意味はないとのことはなんとなく理解していましたが、それ以前の過程で在日が韓国籍に進んで変えることをしなかったとの管理人さんの説明で疑問が解けました。朝日新聞は北を国家として認めない各国に対し自らも諸外国を自分の国と同様に扱うことで誇りを保っているつもりなのですね。ちょっと違っているかもしれませんけどそう思わないと朝日新聞が正しい訳がないと納得できなくて。 お忙しいのにわかりやすく一からご説明頂いてほんとうにありがとうございました。 

投稿: kame | 2006年11月 4日 (土) 03時31分

正しい新聞の見方↓産経&読売VS朝日&毎日
中核派と市民団体の異なる現し方

http://image.blog.livedoor.jp/asapykadan/imgs/4/0/4059c746.jpg

投稿: 朴リリリィ | 2006年11月 4日 (土) 07時15分

こんにちは。まじめな質問なのですが、ご存知な方教えてください。

“核”はダメなんですよね。しかしそれに相当するもしくはそれ以上のまだ世界的に認識されていないような原理を使った兵器というのは存在しているのでしょうか(理論上でも構いません)。

投稿: roeded | 2006年11月 4日 (土) 08時17分

新聞が、「事実上~」とか「~した形だ」とかの言い回しを使った場合は、読者をある方向へ誘導したい意思を表していて、注意したほうがいいのですね。

投稿: るな | 2006年11月 4日 (土) 09時02分

普段は「議論すべきだ」と言っているのに、核保有に関して「議論すべきだ」という発言に対しては「ケシカラン、発言すべきではない」と普段の主張とは違う奇妙なことを言っている勢力がいる。
これは要するに、言論の自由を否定した、サヨクの決め付けでしかない。
そもそも「言論の自由」とは、民主主義の多数決原則を実践する際に、多数決をする前に様々な意見を開陳する機会を保証し、多くの意見を知った上で投票することを原則とする考え方である。
当然の様に各種意見を聞いた後の多数決の決定後は、多数決原則にのっとり決定内容に不満などがあっても、決定に従うのが多数決原則である。
「言論の自由」と「多数決原則」は各々が民主主義の基本的要素として深い関連があり、言論の自由なき状態では、判断に必要な情報が不足し、まともな決定ができない状態となるのである。
北朝鮮が核兵器を保持していることが明確になったが、こういう状況での確実な自衛のために、我が国国民の生命・財産を守るために、どんな対策を採るのかという議論をもっともすべき情勢にある。議論の選択肢には核兵器を持ち対抗する案を議論する前から排除するのは思考停止・脳死状態でしかない。核兵器を持ち対抗するのか、イスラエルの様に自衛的空爆を行うのか、あるいはBMDを早急に導入するのか、そういう議論を今すべき時期にきている。
そんな状況下でさえ「核保有の議論をすることが許されない」と言うのは、我が国に「日本人の生命など近隣特定アジアに比して二の次、三の次と考える日本人がキライなサヨク」がいまだにいることの証明である。まともな防衛論議さえ出来ないバカな風潮を繰り返すべきではない。
サヨクの言う「言論の自由」とは、自分が好きなサヨクインチキ言説を言いふらす自由のことであり、自分が嫌いな言説には言論以外の方法を用いてでも封殺するものであり、本当の意味の「言論の自由」からは一番遠い最悪の行為をしているのである。

投稿: 匿名希望のオッサン | 2006年11月 4日 (土) 09時29分

 北朝鮮を含む核論議の問題は日本国内問題です。日本民族以外のことは考えないで議論したほうがいいでしょうね。
ガス抜きになっちゃいます。

 安倍政権が戦後レジームに鉈を打ち込むやいなや、戦後レジームに安穏として生息して日本を売り渡すことによって繁栄を謳歌してきた敗戦利得者たちがいっせいに反撃を開始しているのが現状。
 朝日新聞はその尖兵。

 戦後レジーム解体に向けて、ガンガン大鉈を振り下ろしましょう~~~中川(酒)政調会長、GJ!!!(^o^)

投稿: 民草あおい | 2006年11月 4日 (土) 09時33分

初めてコメント書かせていただきます。安倍総理含め自民党は現行憲法改正を目指していますが、これは実は非常に危険だと思います。ただ勘違いしないでほしいのは私は左翼ではありません。つまり現行憲法改正派ではなく現行憲法無効派の人間ということです。現行憲法を改正など一度してしまったらこの米国製の占領憲法を日本が認めてしまうことになりもう取り返しがつかなくなります。よって現行憲法改正は現行憲法固持の左翼の考えよりも危険だと思います。北朝鮮問題で切羽詰ってると言うのなら、苦渋の選択ですが今はこれまでと同じようになんとか解釈で乗り切るべきです。十分できると思います。改正は今されると非常にまずい・・・。さて、悲しいことに保守の大多数が現行憲法無効論に関しては実は知らないか一種のタブーにしている感じがします。はたしてこれはほんとの保守と言えるのでしょうか?私はいつも疑問に思います。
最後に。安倍総理は本当に改正論者なのでしょうか?正直信じたくないのですが・・・。私は安倍総理は改正決議ではなく現行憲法無効決議を国会でやるべきだと思います。ゴーリキーさんの言う戦後レジームからの脱却を本当にする気ならば現行憲法を認めてはいけないと思います。明治憲法に戻して現代に合わない部分があるならばそれを改正すべきだと思うのですが・・・。

投稿: 震電 | 2006年11月 4日 (土) 11時36分

毎日・朝日新聞は反日・捏造新聞に改名した方が正しいですよ。
平和がどうたらと屁理屈こねる在日は見苦しい。
国を守るため、核の防衛策を立てるのは当たり前。「日本人は死ね」って思ってるから妨害してくるんですね。

こっちだって朝鮮が馬鹿な核武装しなければ、苦労しないのに。

投稿: MK | 2006年11月 4日 (土) 11時45分

>>現行憲法無効派
そういった考え方があることは知っていましたが、頭からすっぽり抜け落ちていました。確かに押し付けられた憲法は無効にするのが正しい。しかし、現状では非常に難しいですね。
>>諸外国を自分の国と同様に扱うことで誇り
なるほど、そういう考えもアリですね。そう考えるとどっちもどっちです。正しい表現をするならば、5カ国+金正日団協議とするべきなのか。しかし、朝鮮人は常にわれわれの斜め上をいく民族です。この場合は北朝鮮=国家、日本=米国の植民地として国家とは認めず、5カ国協議を要求してくるでしょう(現に要求していますが)

投稿: takayuu@管理人 | 2006年11月 4日 (土) 12時36分

>確かに押し付けられた憲法は無効にするのが正しい。しかし、現状では非常に難しいですね。

みなさんが「知らない」だけで立派な理論はあります。
自己流の脳内無効論に閉じこもらずに理解して広げれ
ばできます。「新無効論」といいます。
http://blogs.yahoo.co.jp/inosisi650

投稿: inosisi80 | 2007年5月 9日 (水) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/12543956

この記事へのトラックバック一覧です: わかりやすい偏向報道⑧:

» ★どうやら朝日新聞は・・・ [Flight to Freedom/神の国へ…]
≪「修正」しやがったと洗脳したい垢ピー新聞≫ 不要な電波を放出し、障害を引き起こす我らがアカピー新聞。 何が何でも中川政調会長は従来の核議論発言を「修正」したとしたい意図はなんなのか? 自民・中川政調会長、「核保有議論」発言を事実上修正 「核論....... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 11時33分

« あさはかなる主張 | トップページ | 奴隷の自由 »