« 造反議員復党の功労者 | トップページ | お前が言うな »

2006年11月23日 (木)

「盾」と「矛」

「不当な支配の排除」に政府が本腰を入れてきたようです。

教育行政、「不当支配にあたらず」 国会審議で文科相

 伊吹文部科学相は22日の参院教育基本法特別委員会で、政府の教育基本法改正案が、教育は「不当な支配」に服することはないと規定していることについて「国会で決められた法律と違うことを、特定のグループ、団体が行う場合を『不当な支配』と言っている」と語った。一方、法律や政令、大臣告示などは「国民の意思として決められた」ことから、「不当な支配」にあたることはないとの考えを強調した。

 現行の教育基本法は「教育は、不当な支配に服することなく」と規定政府の改正案も、この表現を踏襲しつつ、「法律の定めるところにより、行われるべきだ」との規定が追加された。

 これまで教職員組合などは「不当な支配」の規定を、教育行政による教育現場への「介入」を阻止する「盾」と位置づけてきた。また、9月の東京地裁判決では、国の学習指導要領に基づき国旗掲揚・国歌斉唱などを強要する都教委の通達や処分が「不当な支配」にあたると判断された。

 しかし、伊吹氏は、政府案の規定は、教育に対する「政治結社、イズム(主義)を持っている団体の介入を排除する」目的だと説明。むしろ、一部の政党や組合などによる「介入」を念頭に置いていることを示唆した。

 一方、安倍首相は、国旗・国歌について「学校のセレモニーを通じて敬意・尊重の気持ちを育てることは極めて重要だ」と強調。「政治的闘争の一環として国旗掲揚や国歌斉唱が行われないのは問題だ」と批判した。

2006年11月23日00時07分 朝日新聞

 “一部の政党”とは言うまでも無く、日教組を支持団体にもち、日教組出身議員が5人もいらっしゃる民主党のことを指すことは間違いないですね。

 知っての通り、日教組とそれと結託する“一部の政党”は現行教育基本法の、“「教育は、不当な支配に服することなく」”を自分たちの言いように曲解し、政府や教育委員会の干渉を排除し、長年好き勝手に自虐史観や自らの左翼思想をを子供たちに刷り込み、日本の弱体化に励んできました。

 しかし、今回、教育基本法の改正により、“「教育は、不当な支配に服することなく」”という文言を削ることはできませんでしたが、その代わりに“「法律の定めるところにより、行われるべきだ」”という文言を付け加えることにより、あ~ら不思議。今まで自分たちを守ってくれる「盾」であった教育基本法が、逆に自分たちを排除する「矛」に早がわりです。一休さん並の鮮やかさですね。

 この伊吹文科相の答弁を見れば、日教組が基地外のように反対していた理由がよく分かります。そして、民主党が教育基本法改正で見せた徹底抗戦の意義も遠く霞んでしまいました。こういった当たり前のことが、法律を改正しなければ語れないほどまでに日本の学校教育は病んでいたのです。

 これで全てが変わる訳ではありませんが、少なくともこの教育基本法改正によって、私たちはこの“学校教育の癌”を排除する「矛」を手に入れることが出来ました。私もこの教育という身近な問題に対して、日教組のサヨク組織と徹底抗戦する決意を強く固める次第でございます。

教育現場から日教組を排除せよと思う方はクリック!(人気blogランキングへ)

|

« 造反議員復党の功労者 | トップページ | お前が言うな »

教育問題」カテゴリの記事

朝日新聞」カテゴリの記事

コメント

現行教育基本法第10条第1項は、教育行政にあたるものが遵守しなければならない基本理念を定めたものであり、教員など実際に教育に携わるものが恣意的に「不法な支配である」と自己判断して、教育に当たっていいことを保障したものではない。

同条第2項には「教育行政は、この自覚のもとに、教育の目的を遂行するために必要な諸条件の整備確立を目標として行われなければならない。」とある。

文部官僚をはじめ各級の教育行政に携わるものの怠慢と無気力、事なかれ主義が教育の荒廃を生み出した元凶である。このことについて関係の向きに従前から意見具申をしてきたが、「罰則がない」などという逃げ口上で社会党系、今は民主党系となったらしいが、日教組の好き勝手を許してきたのだ。

投稿: weirdo31 | 2006年11月23日 (木) 10時56分

 盾が矛になる!
 とは痛快な表現ですネ!
 
 もともと社会契約説でも ”国家権力が無いと無秩序になるから権力は認めるが行き過ぎは制限しよう” というのが趣旨なのですから
 「最初から国家権力は認めない」
 では国家はおろか社会契約説さえ成立しません。

投稿: 柳生すばる | 2006年11月23日 (木) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191898/12789576

この記事へのトラックバック一覧です: 「盾」と「矛」:

» 朝日は誰のためにクラスター爆弾廃絶を訴えるか [ネトウヨのブログ]
朝日新聞が、クラスター爆弾に反対していました。 とはいえ、その根拠に疑問を感じないではいられません。 http://www.asahi.com/paper/editorial.html 本日の朝刊の社説より引用します。 クラスター爆弾 日本も廃絶の旗を振れ  「第2の地雷」といわれるクラスター爆弾を全面禁止しよう。そのための条約づくりをノルウェー政府が提案した。賛同する国々や非政府組織(NGO)を集めた国際会議が来年2月にも開かれる。  クラスター爆弾は数個から数百個の子爆弾を持ち、空中で... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 16時57分

« 造反議員復党の功労者 | トップページ | お前が言うな »